【Windows10】復元ポイントの確認とない時に自動作成する設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windowsを正しい使っていてもWindowsUpdateやソフトウェアのインストールなどが原因で突然パソコンの調子が悪くなってしまうことがあります。

そんな時、事前に復元ポイントが作成されていればシステムの復元機能を使ってパソコンを元の状態に戻せる場合があります。

本記事ではWindows10で作成済みの復元ポイントの確認方法と、復元ポイントが定期的に自動で作成されるようにするための設定手順を解説します。

作成済みの復元ポイントを確認するには


まず、Windowsに作成済みの復元ポイントがあるかどうか確認してみましょう。Windowsの設定を特に変更していなければ、WindowsUpdateなどのシステムの変更時に復元ポイントが作成されているはずです。

復元ポイントの確認手順

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックし、メニューから「システム」を選択します。
  2. 「関連設定」の項目にある「システム情報」をクリックします。
  3. 別のウィンドウが開き、パソコンのシステム情報が表示されます。左のリストにある「システムの保護」をクリックします。
  4. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。「システムの復元」ボタンをクリックします。
  5. 「システムの復元」ウィンドウが開きます。もし復元ポイントが作成されていない場合は「復元ポイントが作成されていません」と画面に表示されます。
  6. 復元ポイントが作成されている場合は「別の復元ポイントを選択する」のチェックボックスを選択し、「次へ」をクリックします。
  7. これまでに作成済み復元ポイントのリストが表示されます。

リストから復元ポイントを選択し、画面の指示に従って操作を続けると実際に復元操作を行うことができます。

「システムの復元」ボタンが押せない場合はシステムの保護機能が無効になっています。下の「復元ポイントの自動作成設定」の手順で操作を行い、システムの保護機能を有効化してからもう1度試してみてください。

復元ポイントの自動作成設定

症状や原因にもよりますがこれだけであっさりトラブルが解決することもあるので、万が一の場合に備えて復元ポイントが自動で作成されるよう設定を行っておくのがおすすめです。

復元ポイントを自動作成するには、Windowsのシステムの保護機能を有効にする必要があります。

システムの保護機能を有効にする手順

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「システム」を選択します。
  2. 画面の下の方にある「システム情報」をクリックします。
  3. 左のリストにある「システムの保護」をクリックします。
  4. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。「保護設定」のリストから「Windows (C:)(システム)」の項目をクリックで選択し、リストの下にある「構成」ボタンをクリックします。もしそのような項目がない場合は「C:」の表記のある項目、または「システム」の表記のある項目を選択します。
  5. 「システム保護対象」ウィンドウが開きます。「システムの保護を有効にする」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

これで復元ポイントが自動作成されるようになります。この時点ではまだ復元ポイントは作成されていないため、必要であれば「システムのプロパティ」ウィンドウにある「作成」ボタンをクリックし、手動で復元ポイントを作成してください。

復元ポイントが自動作成されない時の対処法

システムの保護が有効になっているにもかかわらず復元ポイントが作成されない場合は以下を確認してみてください。

ディスクスペースに十分な容量があるか


パソコンのハードディスクに十分な容量がないと復元ポイントが作成できないことがあります。最低でも300MB以上の空き容量を確保するようにしてください。

また「復元ポイントの自動作成設定」の手順で復元ポイントの設定画面を表示し、「ディスク領域の使用量」のスライダー値を変更することも試してみてください。

「最大使用量」の設定値が小さすぎると復元ポイントが正しく作成されないことがあります。

前回の復元ポイント作成から7日以上経過しているか


システムファイルに変更がない場合、復元ポイントは7日間隔で作成されます。

もしシステムの保護設定を有効化してから7日経過していない場合は、しばらく待ってからもう1度復元ポイントが作成されていないか確認してみてください。

復元ポイントはWindows Updateやアプリ・ソフトウェアのインストールを行う直前にも自動作成されます。

システムファイルチェッカーを使う


設定に異常が無いにもかかわらず復元ポイントが作成されない場合は、システムファイルの破損などが原因である可能性があります。システムファイルチェッカーを使用し、修復を試みてください。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows PowerShell (管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を選択します。
  3. Windows PowerShellウィンドウが表示されます。既にテキスト入力待機状態になっているので、このまま以下の文字列を入力します。
    sfc /scannow
  4. システムスキャンが開始されます。処理の完了まで時間がかかるためしばらく待ちます。
  5. システムスキャンが完了したらWindows PowerShellウィンドウを閉じます。もし問題が発見された場合、問題は自動で修復されます。

復元ポイントでシステムを復元をする方法

上記の手順で復元ポイントを作成できれば、「システムの復元」から復元ポイントを選択してWindowsのシステムを以前の状態に戻すことができます。

Windowsの「システムの復元」機能を使ってシステムをリカバリする詳しい方法については上記のページを参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)