Windows7 – Windows Updateができない・失敗する原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Windows7の延長サポートは2020年1月14日となっており、現在でもアップデートのリリースがあります。

しかし、Windows7でWindows Updateを使ってアップデートしようとしても、アップデートに失敗してしまいできないケースがあります。

本記事では、Windows7のWindows Updateでアップデートできないトラブルの対処法を紹介します。

『Windows10のWindows Updateができない』場合はこちらを参考にして下さい。

基本的なトラブルシューティング

Windows Updateができない場合、まず以下の簡単な対処をお試しください。

  • パソコンを再起動する
  • インターネットに正常に接続されていることを確認する
  • ハードディスクに十分な空き容量を確保する
  • 管理者権限を持つアカウントでログインする
  • セーフモードで起動し、常駐アプリやセキュリティソフトが動作していない状態でアップデートを行う
    • セーフモードの起動方法は、パソコン起動時のBIOS画面で「F8キー」を押して「セーフモード」を選択します。(*パソコン機種によって起動のキーが異なるため、メーカーページを確認して下さい。)
  • 時間を置いてから改めて試す
    • WindowsUpdateのサーバーに障害が発生していてアップデートできないケースがあります。

上記の方法を行ってもWindows7をアップデートできない場合は、この後に紹介する対処方法をお試しください。

対処1: Microsoftサポートの対処方法を試す

Windows7のアップデートが失敗してしまう場合、Microsoftの公式サポートページでは以下の対処法が紹介されています。

  • ネットワーク問題の診断と解決
  • トラブルシューティングツールの利用
  • ソフトウェア配布バックアップフォルダのリネーム

以下のページの手順を参考にして対処方法を行い、正常にアップデートできないか試してみてください。

Microsoft公式のサポートサイトでは、ウォークスルー形式でアップデートに関するエラーの対処法を確認することができます。

対処2: 手動で更新を行う

自動更新を行おうとするとエラーになってしまう場合でも、Microsoft Updateカタログから手動でインストールをすることでアップデートできる場合があります。

手動でWindows7のアップデートを行うには、次の手順で操作します。

  1. ブラウザを開き、更新プログラムをダウンロードします。現在リリースされている最新の更新プログラムを探すため、『セキュリティ更新プログラムガイド』のページにアクセスします。
  2. ページが表示されたら、「日付範囲、製品、深刻度、影響度ごともしくは、KBもしくはCVE番号ごとに検索」の下にある絞り込みオプションを設定して、自分のパソコンに適用できる更新プログラムのみを表示するようにします。「すべての製品カテゴリ」で「Windows」にチェックを入れ、その右のドロップダウンリストでお使いのWindows7のシステムを指定します。必要であればその他の項目も設定します。
    • システムの種類がわからない場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの種類」で確認することができます。
  3. 適用できる更新プログラムがあれば「セキュリティ更新プログラム」の下のリストに表示されます。日付・製品名・記事(リンク先でアップデートに関する情報が確認できます)を確認し、インストールするプログラムに間違いがなければ「ダウンロード」列にあるリンク先をクリックします。
    • Monthly RollupとSecurity Updateの2種類がある場合、特に理由がなければMonthly Rollupを選択します。
  4. カタログページに移動します。該当更新プログラムをリストから探し、リストの右にある「Download」ボタンをクリックします。
    • 「Title」の「for x86/64-based Systems」の部分が使用しているシステムと同じもので、「Product」の列に「Windows 7」が指定されているものを選びます。
  5. 次のウィンドウで.msuファイルのダウンロードリンクをクリックし、ダウンロードを開始します。
  6. インストーラーのダウンロードが完了したら、インストーラーを起動してアップデートを開始します。
  7. 処理が完了したら「今すぐ再起動」ボタンをクリックして再起動を行います。
  8. 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「更新プログラムの確認」から最新の更新プログラムが適用できたことを確認します。

上記の手順でインストールに成功しない場合は、次の手順で「Windowsの自動更新サービス」を一時的に停止させてみてください。

「Windowsの自動更新サービス」を停止する手順

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→ファイル名を指定して実行」とクリックして進みます。
  2. テキストボックスに「services.msc」と入力し、エンターを押します。
  3. 新しいウィンドウが開き、サービス一覧が表示されます。リストを下へスクロールし、「Windows Update」の項目を探します。
  4. 「Windows Update」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  5. 「Windows Updateのプロパティ」ウィンドウにて、「スタートアップの種類」を「無効」に、「サービスの状態」を「停止」に変更します。
  6. 「適用」をクリックします。

「Windowsの自動更新サービス」を停止できたら、再度アップデート用のインストーラーを起動してアップデートができないか確認します。

対処3: Windows Updateクライアント情報をクリアする

過去のアップデートの不具合が原因で、更新プログラムの取得に失敗してしまうエラーが発生することがあります。

エラーを解消するには、Windows Updateのクライアント情報をクリアする必要がります。

バッチファイルでクライアント情報をクリアする手順

次の手順でMicrosoft公式より公開されているバッチファイルを使う方法が簡単です。

  1. 『Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する – Microsoft』のページへアクセスし、記事の最後の方にある「こちら」と書かれた文字部分を探します。
  2. 「こちら」の文字を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択します。
  3. ファイル名「WU-Clear.bat」、ファイルの種類「すべてのファイル」を指定します。「WU-Clear」までは最初から入力されていますが、その後に「.bat」と付けること、またファイルの種類を変更することを忘れないようにしてください。
  4. 保存したファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  5. 処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  6. 「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「更新プログラムの確認」を開きます。更新プログラムのインストールボタンが表示されたら、ボタンをクリックしてインストールを行います。

バッチファイルの実行に失敗してしまう場合は、手動での方法も試してみてください。

手動でクライアント情報をクリアする手順

  1. コマンドプロンプトを起動します。「スタート」をクリックし、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を選択します。
  2. コマンドプロンプトが起動したら、以下2つのコマンドを入力し、エンターキーを押します。コマンド入力の際は1つ目のコマンドを入力したらエンターキーを押し、その後2つ目のコマンドを入力してエンターキーを押す、というように、1つずつ実行してください。
    net stop wuauserv
    net stop bits
  3. 次にSoftwareDistributionフォルダをリネームします。そのままコマンドプロンプトに次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
  4. 次に以下のコマンドを入力します。このコマンドによりトラブルの原因となっている可能性のあるファイルを削除します。今回のコマンド入力も手順2と同様、1つ目のコマンドを入力したらエンターキーを押し、2つ目のコマンドを入力したらもう1度エンターキーを押すというように実行します。
    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat
    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat
  5. 次に以下のコマンドを入力します。これは手順2で停止させたサービスを元に戻す操作です。
    net start bits
    net start wuauserv
  6. 最後に以下のコマンドを入力して更新プログラムの検出を行います。
    wuauclt /detectnow
  7. コマンドを入力したら10分ほど待ちます。
  8. 新しいコマンドラインが出たら完了です。コマンドプロンプトを閉じます。

クライアント情報のクリアが完了したら、「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「更新プログラムの確認」を開き、「更新プログラムのインストール」ボタンを押してアップデートを開始します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)