Microsoftアカウントの問題が何度も出る時の対処法【共有エクスペリエンス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCにサインインした際などに、「Microsoftアカウントの問題:Microsoftアカウントを修正する必要があります。」というポップアップが表示されることがあります。

毎回のように発生する場合もあるため、非表示にしたいと思っている人もいるかもしれません。

この記事では、Windows10で「Microsoftアカウントの問題」が何度も出る場合の原因と対処法について詳しく紹介します。Microsoftアカウントの問題が頻繁に表示されて困っている場合は、参考にしてください。

「Microsoftアカウントの問題」が出る原因

Microsoftアカウントの問題が出る場合は、基本的に「Microsoftアカウントに正常にログインできていないこと」が原因になっています。

単純なパスワードの入力ミスの場合もあれば、パスワードを変更したことによって認証エラーが起きている場合もあります。

放置しても大丈夫?

「Microsoftアカウントの問題」の通知メッセージは、不正ログインや緊急事態を示すものではありません。

対策しないからといってセキュリティリスクになることもないため、放置しておいても問題ありません。

ただし、放置していると頻繁に通知が表示されるため目障りに感じる方も多いと思います。

メッセージをの表示を消したい場合は、紹介する対処法を試してください。

「Microsoftアカウントの問題」が出る時の対処法

Microsoftアカウントの問題が何度も出る場合は、次の対処法を順に試して通知メッセージが消えないか確認して下さい。

対処1: アカウント設定を修正する

最も簡単に対処する方法は、エラーが出ているMicrosoftアカウントに正常にサインインするというものです。

Microsoftアカウントでサインインする方法は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「システム」をクリックします。
  3. 左ペインから「共有エクスペリエンス」を選択します。
  4. アカウント欄に表示されている「今すぐ修正する」をクリックします。
  5. 「Microsoftアカウントの正しいパスワード」を入力してサインインします。
    • 問題のあるアカウントは、「パスワードを再度入力してください」という画面に表示されます。複数アカウントを利用している場合は、正確にパスワードを入力してください。

正常にMicrosoftアカウントにサインインできれば、アカウントの問題が解消します。

Microsoftアカウントの問題の通知が消えたか確認して下さい。

対処2: 共有エクスペリエンスをオフにする

Microsoftアカウントの問題は、共有エクスペリエンスをオフにすることによっても非表示にすることができます。

共有エクスペリエンスをオフにする方法は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「共有エクスペリエンス」を選択します。
  4. デバイス間の共有内にあるスイッチを「オフ」に切り替えます。

スイッチをオフにするとMicrosoftアカウントの表示が消えます。アクションセンターを確認してみてください。

対処3: PINによるサインインを解除する

WindowsのサインインにPINを設定している場合は、解除して通常のアカウントパスワードを使用することで、「Microsoftアカウントの問題」の表示が解決する場合があります。

Windows10のPIN設定を解除するには次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「サインインオプション」を選択します。
  4. PINの「削除」をクリックします。

対処4: MicrosoftアカウントでPCにサインインする

普段のログインにローカルアカウントを使用していてMicrosoftアカウントの問題が出る場合、サインインに使うアカウントをMicrosoftアカウントに切り替えることによってもこの問題を解決できます。

ローカルアカウントでのサインインからMicrosoftアカウントでのサインインに切り替える方法は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「ユーザの情報」を選択します。
  4. ユーザー情報の下に表示されている「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。
    • ユーザ名の下にメールアドレスが表示されている場合は、すでにMicrosoftアカウントでサインインできています。
    • Microsoftアカウントでのサインインを利用している場合は、「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」という表示はありません。
  5. 画面の指示に従って操作すると、Microsoftアカウントでのサインインに変更されます。

Microsoftアカウントで正常にサインインできれば、サインインエラーによるMicrosoftアカウントの問題は表示されなくなります。

対処5: セキュリティの確認を行う

使用しているMicrosoftアカウントの本人確認が済んでいないと、「Microsoftアカウントの問題」が表示されます。

次の手順でMicrosoftアカウントの本人確認が完了していないか確認して下さい。

  1. 『Microsoftアカウントのサインインページ』にアクセスして、ID・パスワードを入力してサインインします。
  2. 「本人確認のお願い」が表示されたら、「メールを送信」か「SMSを送信」を選択します。
    • サインインが正常にできる場合は、セキュリティの確認は完了しているため以降の手順は必要ありません。
  3. 通知された「セキュリティコード」を入力して「確認」をクリックします。

本人確認が完了したら、メッセージが出ないようになったか確認して下さい。

対処6: メールアカウントを確認する

Outlookやメールアプリにメールアカウントを設定している場合は、メールアカウントに問題があり、「Microsoftアカウントの問題」が表示されているケースがあります。

また、Windowsアプリで使用しているMicrosoftアカウントの設定に問題がある場合も同様にメッセージが表示されるケースがあります。

次の手順で、アカウント情報を確認して誤りがある場合は、変更・削除を行って下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「メールとアカウント」を選択します。
  4. 「メール、カレンダー、連絡先で使用するアカウント」にアカウントがある場合は、選択して「管理」をクリックし、アカウント情報が正しいか確認します。
    • 表示される全てのアカウントを確認して下さい。
  5. 「他のアプリで使われるアカウント」に「Microsoftアカウント」がある場合は、選択して「削除」をクリックします。

対処7: アカウントのサインインを切り替える

Microsoftアカウントでサインインしている場合は、一度ローカルアカウントのサインインに切り替えてから、再度Microsoftアカウントでサインインすることで問題が解決する可能性があります。

Microsoftアカウント、ローカルアカウントのサインインを切り替える方法については、次のページを参考にして下さい。

Microsoftアカウントで再度サインインできたら、メッセージが出なくなっていることを確認します。

対処8: アクションセンターの通知を非表示にする

根本的な解決にはなりませんが、アクションセンターの通知自体を非表示にする方法もあります。

アクションセンターの通知を非表示にするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 「通知とアクション」をクリックします。
  4. 通知の項目の「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」のスイッチをオフにします。
  5. 「Windowsを使用するためのヒントやおすすめの方法を取得」のチェックを外します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)