Windows10のPCでiOSのHEICファイルが開けない時の対処【JPGに変換も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneやiPadで写真やスクリーンショットを撮影すると、設定内容によってはHEICファイル(.heic)で保存されます。

HEICはiPhoneでは問題なく開けるものの、Windows10では開けないことがあるので注意が必要です。

この記事では、iOSで撮影したHEIC形式の写真ファイルをWindows10のPCで開く方法を紹介します。HEICが開けなくて困っている人は、参考にしてください。

HEICファイルとは

HEICとは、従来のJPG/PNG/GIFよりも高い圧縮率を誇り、画質の劣化も少ない新しい画像の圧縮形式です。

iPhone/iPadでは、iOS11以降を搭載したデバイスで採用されており、写真やスクリーンショットを撮影した時にHEIC形式で保存されます。

普段、撮影した写真をiOSデバイス上でのみ閲覧している場合は普通に表示されるので、HEICで保存されていることに気づかないかもしれません。

HEICにはデータサイズを小さくできるというメリットがある反面、汎用性が低くWindows10のPCなどで閲覧できないというデメリットがあります。

もし、PCでHEICが閲覧できなくて困っている場合は、これから紹介する対処法を順番に試してみてください。

対処1: HEIF画像拡張機能を利用する

Windows 10を搭載したPC上でHEICを扱いたい場合、最も簡単なのがHEIF 画像拡張機能というプラグインを導入する方法です。

HEIF画像拡張機能は、Microsoftの公式プラグインなので、安心して利用できるでしょう。具体的な導入方法は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、一覧から「Microsoft Store」をクリックして起動します。
  2. 右上の検索ボタンをクリックし、検索ウィンドウに「HEIF」と入力します。
  3. 表示されたリストから、次のアプリの「インストール」ボタンをクリックしてインストールを行います。
    • HEIF画像拡張機能
    • HEVCビデオ拡張機能
      • 必須ではありませんが一部のHEICが開けない場合があるため、念の為インストールしておいてください。
  4. インストールが完了したらMicrosoft Storeを閉じます。

プラグインを導入するとWindows10で通常の画像と同じようにHEICを開けるようになります。

Windows10でHEICを開けるようにしたい場合は、基本的にHEIF画像拡張機能のインストールを行うことをおすすめします。

対処2: HEIF画像拡張機能をリセットする

すでにPCにHEIF拡張機能をインストールしているのにHEICの画像ファイルが開けない場合は、HEIF画像拡張機能に問題が起きていることが考えられます。

そのため、HEIF画像拡張機能のリセットを試して下さい。HEIF拡張機能のリセットは次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「HEIF画像拡張機能」→「詳細オプション」の順にクリックします。
  4. 「リセット」→「リセット」の順にクリックします。
  5. チェックマークが表示されたらHEIF拡張機能のリセットは完了です。

HEIF画像拡張機能のリセットができたら、再度写真ファイルを開けないか試して下さい。

対処3: iOS側の保存形式の設定を変更する

iOSデバイス側の設定を変更すると、「.heic」ではなく「.jpg」で写真を保存できるようになります。

iOSの画像を従来のようにHEICを使わず、JPG形式で管理したい場合は設定変更を行って下さい。設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. iOSデバイスで「設定」アプリを開きます。
  2. リストのなかから「カメラ」を探してタップします。
  3. 「フォーマット」をタップします。
  4. 「互換性優先」にチェックを入れます。

上記の設定を行っておけば、iOSデバイスで撮影した写真やスクリーンショットがJPGで撮影されるので、HEICに悩まされずに済みます。

対処4: iOSデバイスの転送設定を変更する

HEICは画質と圧縮率がパフォーマンスが高いため、iOSデバイスではHEICで保存する設定を変更したくない場合もあると思います。

上記の場合はiOSの転送設定を変更することで、iOSからPCに転送するタイミングで自動でJPGに変換できるようになります。

転送設定の変更方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. リストから「写真」を選択してタップします。
  3. MACまたはPCに転送という項目で「自動」にチェックを入れます。

設定が変更できたら、iOSデバイスとPCをUSBケーブルでつなぎ、HEICをPCに転送してみてください。

転送できたファイルを確認するとJPG形式になっているので、問題なく写真ファイルを開けるはずです。

対処3: HEICをツールでJPG/PNGに変換する

サードパーティーのツールを利用して、HEICで保存されている画像をJPGなどに変換することができます。

一時的に変換機能を使いたい場合は、オンライン変換ツールを利用するのが最も簡単です。利用方法は次の通りです。

  1. オンラインの変換ツールページにアクセスします。
  2. 変換したいHEICを選択して「ファイルをここにドラッグ&ドロップしてください」と書かれているエリアにドラッグします。
  3. アップロードと変換が完了したら「ダウンロード」をクリックします。
  4. JPG/PNGに変換したファイルがダウンロードできます。

問題なくPNGダウンロードされればOKです。変換した画像はPCで問題なく開けるはずなので、一度開いて確認してみましょう。

ただし、上記の方法は一度オンライン上にあるサードパーティツールに画像をアップロードしなければならないため、流出すると困る画像などの場合は利用しないほうがいいかもしれません。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)