「iPhoneを探す」 がオフにできない時の対処法【エラーが出る場合など】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

譲渡の際など、iPhoneを完全に初期化をするには「iPhoneを探す」の機能をオフにする必要があります。

しかし状況によっては「スイッチがグレーアウトしていてオフにできない」「時間がかかって進まない」「エラーが出る」といった症状が表れ、オフにできない状態に陥ってしまうことがあります。

本記事では、「iPhoneを探す」 がオフにできない時の対処法を紹介します。

対処1: 位置情報の機能制限を解除する

スイッチがグレーアウトしているケースでは、「コンテンツとプライバシーの制限」機能によって設定の変更がロックされていることが考えられます。

次の手順で設定の確認をし、もし制限が有効になっていれば無効に切り替えてみてください。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを起動します。
  2. 「スクリーンタイム」をタップします。
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
  4. 1番上の項目「コンテンツとプライバシーの制限」の設定を確認し、もしオンになっていればスイッチをタップしてオフに切り替えます。

設定変更後、もう1度「iPhoneを探す」の設定変更を試してみてください。

対処2: Appleのサービス稼働状態を確認する

設定変更に時間がかかって進まない場合や、「サーバへの接続時にエラーが発生しました」というようなメッセージが表示される場合、Appleのサーバへの接続に問題が発生していると考えられます。

複数の要因が考えられますが、こちら側には問題はなくAppleのサーバに障害が発生しているということもあるため、原因に心当たりがなければまずAppleのサービス稼働状況を確認してみてください。

Appleの各サービスの稼働状況は次のページで確認できます。

もし不具合が発生している場合はしばらく待ち、サービスが復旧してから再度設定変更を試してください。

サービスが正常に稼働しているにも関わらず問題が解決しない場合は他の対処法をお試しください。

対処3: iPhoneの設定時刻を確認する

iPhoneに設定されている時間が不正確だと認証エラーが起きることがあります。もし時刻の自動設定が無効になっていれば有効にし、時刻を調整してみてください。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「日付と時刻」をタップします。
  4. 「自動設定」の項目を確認し、スイッチがオフになっていればオンに切り替えます。

対処4: インターネット設定をリセットする

「iPhoneを探す」をオフにするにはiPhoneがインターネットに接続されている必要があります。

次の項目についてまず確認して下さい。

  • 必ずiPhoneをモバイル回線またはWi-Fiのどちらかに接続している
  • 圏外や回線が不安定な環境でないか
  • SIMカードが正しくセットされているか
  • 機内モードがオンになっていないか

上記を確認して問題ない場合は、iPhoneのネットワーク設定を一度リセットして下さい。

ネットワーク設定は次の手順でリセットできます。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」→「リセット」の順にタップします。
  3. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  4. iPhoneのパスコードを入力します。
  5. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  6. ネットワーク設定がリセットされてiOSが再起動します。

Wi-Fiなどの設定をやり直してから改めて「iPhoneを探す」の機能オフを行ってみてください。

別のネットワークが使える場合は切り替える

また回線によっては、次のように別のインターネット接続方法が利用できる場合は接続先の変更もお試しください。

  • モバイル回線を使用している場合は、Wi-Fiに接続する
  • 複数のWi-Fi接続先が利用できる場合は別の接続先に切り替える

対処5: Apple IDのパスワードをリセットする

iCloudへのサインインに問題が発生している可能性があります。

パスワードを正しく覚えている場合でもパスワードを別のものにリセットすることで問題が解消するケースがあるので、認証エラーなどの問題が発生する場合は試してみてください。

Apple IDのパスワード変更手順については次のリンク先をご参照ください。

変更後、新しいパスワードを使って再度Apple IDにサインインします。

対処6: 別のデバイスを使って解除する

パソコンなど、iPhone以外にインターネットブラウザが利用できるデバイスが手元にある場合は、『icloud.com』にアクセスすることでデバイスのリセットができ、また「iPhoneを探す」機能もオフにできます。

本体のiPhoneからではエラーが出て解除できない場合でも、別のデバイスからならばうまくいくケースもあるため、可能であれば試してみてください。

ただし、この方法で解除を行うとiPhoneが初期化され、データも消去されます。

必ずiCloudまたはiTunesでデータのバックアップを取ってから操作を行い、また一部のデータやアプリは復元できないことがあるのでご注意ください。

icloud.comから「iPhoneを探す」をオフにする手順

icloud.comからiPhoneを初期化し、「iPhoneを探す」をオフにするには次の手順で操作します。

  1. 初期化の前にiCloudやiTunesでiPhoneのデータのバックアップを作成します。
  2. バックアップの作成が完了したら、パソコンなどのデバイスから『icloud.com』にアクセスします。
  3. iPhoneと同じApple IDでサインインします。
  4. 「iPhoneを探す」をクリックします。
  5. 画面上部の「すべてのデバイス」をクリックし、初期化するiPhone(「iPhoneを探す」を解除したいiPhone)を選択します。
  6. 「iPhoneの消去」をクリックします。
  7. Apple IDのパスワードを求められるので、正しく入力します。
  8. 電話番号・メッセージなどの入力を求められますが、これは紛失時の連絡用のものなので入力不要です。空欄のまま先へ進みます。
  9. iPhoneの初期化が開始されます。初期化が始まらない場合はiPhoneの電源を入れてください。
  10. icloud.comにサインインしているデバイスの操作に戻ります。もう1度初期化されたiPhoneの名前を選択し、「アカウントを削除」を選択します。
    • この操作を行わないとアクティベーションロックが解除されないのでご注意ください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)