有線「イーサネットには有効なIP構成がありません」が出る時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCが有線でインターネットに接続できない時にネットワークのトラブルシューティングを実行すると、「イーサネットには有効なIP構成がありません」というエラーが表示されるケースがあります。

上記のエラーは、PCがネットワークに接続するためのIPアドレスなどの設定が正常に取得できていない時に表示されます。

この記事では、Windows10のPCで有線接続時に「イーサネットには有効なIP構成がありません」というエラーが表示される時の対処法を紹介します。

無線接続で「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示される場合は、次のページを参考にしてください。

「有効なIP構成がありません」の主な原因

「イーサネットには有効なIP構成がありません」というエラーが出る場合、主に次の原因が考えられます。

  • Windowsの一時的な不具合
  • ルーターなどのネットワーク機器に一時的な問題が起きている
  • イーサネットのネットワークアダプタの設定に問題がある
  • イーサネットのネットワークドライバーが破損している
  • 一時的に正しいネットワークアドレスを取得できていない
  • DHCPサーバーの設定に問題がある
  • セキュリティソフトが干渉してネットワークを遮断している

原因としては、PCかネットワーク機器になんらかの不具合が発生してるケースが多いです。

上記の原因ごとの対処方法を紹介していくので、順に解決できないか試して下さい。

対処1: 高速スタートアップを無効化して再起動する

PCの高速スタートアップの機能が原因で、有効なIP構成を取得できないケースがあります。

そのため、高速スタートアップを無効化してPCを再起動することで、正常にIPを取得できる可能性があります。

高速スタートアップを無効化してPCを再起動する具体的な手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 右ペインで「電源の追加設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。
  4. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  5. 「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  6. 「変更の保存」をクリックします。
  7. 設定を保存したらPCを再起動します。

再起動が完了したら、インターネットに接続できるか確認して下さい。

接続できない場合は、同じエラーが継続して発生しているかチェックしてます。エラーが継続している場合は次に進みましょう。

対処2: ネットワーク機器を再起動する

ゲートウェイルーターやONUなどのネットワーク機器側の不具合によってIP構成のエラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、ONUやルータなどのネットワーク機器も一通り再起動しておきましょう。

機器の再起動方法はメーカーによって異なりますが、基本的に機器のコンセントを抜いてから再接続することで再起動することができます。

ネットワーク機器の再起動が完了したら、インターネットへの接続状況をチェックします。

対処3: ゲートウェイルーターに直接接続する

スイッチングハブや中継ルーターに問題が起きていることが原因でIP構成を正しく取得できていないケースがあります。

他のネットワーク機器を介してPCを接続している場合は、ゲートウェイルーターに直接接続してIP構成のエラーが出るか確認して下さい。

また、ゲートウェイルーターに接続する際は、LANケーブルの問題を取り除くためにも別のLANケーブルを使用して接続してみて下さい。

問題が解決した場合は、中継しているネットワーク機器かLANケーブルに原因があると判断できます。

対処4: IPアドレスの設定を確認する

ネットワークアダプタのネットワーク設定に問題があり、IPが正しく取得できていないケースが考えられます。

特にIPを固定化してから、IP構成のエラーが発生している場合は、ネットワーク設定に誤りがあることが考えられます。

次の手順で、ネットワーク設定を確認してIPアドレスとDNSを自動取得する設定になっているか確認して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. ネットワーク設定の変更の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  5. 「IPアドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」のオプションを選択していることを確認します。
    • IPアドレスが入力されている場合は、自動的に切り替えて下さい。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

IPアドレスを自動取得に変更した場合は、IP構成の問題が解決したか確認して下さい。

対処5: ネットワークアダプタのドライバを再インストールする

イーサネットのネットワークアダプタになんらかの不具合が発生していると、正常なIP構成を取得できずにエラーが出るケースがあります。

ネットワークアダプタの不具合が疑われる場合は、次の手順にしたがって再インストールしましょう。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプタ」のツリーを展開して「イーサネットのネットワークデバイス」を探します。
    • イーサネットのネットワークデバイスは、「Network Controller」などの名称が多いです。
  3. 「イーサネットのネットワークデバイス」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選びます。
  4. 確認画面が表示されるので「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動すると自動でドライバが自動で再インストールされます。

以上の手順で、ネットワークアダプタ(イーサネットカード)のドライバーの不具合が解消します。

インターネットに接続して、正常なIP構成を取得できているか確認します。

対処6: Winsockカタログをリセットする

Winsockカタログが破損している場合、TCP/IPの通信にエラーが発生して正常なIP構成を取得できないケースがあります。

そのため、次の手順でWinsockカタログを一度リセットしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    netsh winsock reset
  3. PCを再起動します。

以上で、Winsockカタログのリセットは完了です。再起動後に正常にインターネットに接続できた場合は、一度様子を見てください。

対処7: IPv6を無効化する

イーサネットのネットワークアダプタのIPv6機能が原因で、正しいIP構成を取得できないケースがあります。

そのため、イーサネットのIPv6を無効化すると、正常に繋がることがあります。無効化するための具体的な手順は次の通りです。

方法1: ネットワークアダプタの設定で無効にする

イーサネットのIPv6機能を無効にするには、ネットワークアダプタの設定から行うのが簡単です。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. ネットワーク設定の変更の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「Internet Protocol Version 6(TCP/IPv6)」のチェックを外します。
    • 間違えてIPv4を無効化しないように注意してください。
  5. 「OK」をクリックして変更を保存します。

IPv6を無効化できたら、一度PCを再起動して正常にIPを取得できないか確認します。

ただし、上記の手順によるIPv6の無効化は、全てのサービスで完全にIPv6を無効にできるわけではありません。(*Microsoftも非推奨)

設定を変更してIP構成のエラーが解決した場合は、次のレジストリ操作でIPv6を無効化することをおすすめします。

方法2: レジストリを編集する

イーサネットのiPv6機能を完全に無効化したい場合は、レジストリエディタからを無効化します。

レジストリエディタからiPv6機能を無効化するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 次のレジストリキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters
  4. 右欄の空いているところで右クリックし「新規」 > 「DWORD(32ビット)値」をクリックします。
  5. 名前に「DisabledComponents」、値に「ffffffff」を入力します。
  6. 「OK」をクリックして完了です。

レジストリの編集が完了したら、PCを再起動して接続状況を確認します。

対処8: ローカルIPを解放して再取得する

通常ルータにはDHCPが搭載されているため、ローカルIPを自動で割り当ててくれます。

しかし、DHCPサーバに不具合が発生して割り当てがおかしくなっている可能性もあるでしょう。

そのため、一度ローカルIPの状況をチェックし、問題があれば再取得するのがおすすめです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    ipconfig /all
  3. 「IPv4 Address」の項目の数字を確認します。
    • 「192.168.xxx.xxx」と表示されていればDHCPは正常に動いています。
    • 上記以外の数字が表示された場合は、DHCPに問題が発生していると考えられるため、次のローカルIPを割り当てる手順に進んで下さい。
  4. Windows PowerShellに次のコマンドを入力してDHCPを利用してIPの解放を行います。
    ipconfig /release
  5. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    ipconfig /flushdns
  6. 続いて、次のコマンドを入力してIPを再取得します。
    ipconfig /renew

以上でローカルIPの再取得は完了です。正常にインターネットに接続できるかどうか確認してください。

対処9: 不要なネットワークアダプタをアンインストールする

不要なネットワークアダプタがPCに追加されていることが原因で、IP構成に問題が起きるケースがあります。

ネットワークアダプタは、ネットワーク関連のソフトウェアのインストール時にインストールされる場合があります。

そのため、一度ネットワークアダプタの状況をチェックし、不明なアダプタがあればアンインストールを行って下さい。具体的な手順は次の通りです

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプタ」のツリーを展開します。
  3. 「不明なネットワークアダプタ」を右クリックして無効化します。
    • 不明なネットワークアダプタには、「Microsoft Kernel Debug Network Adapter」などがあります。
    • VPNなどのネットワークアダプタも利用していない場合は、無効化してみて下さい。
  4. 警告メッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

無効化したら一度PCにを再起動してIP構成のエラーが解消されたかどうか確認して下さい。再発する場合や改善されない場合は、他の対処方法を試します。

対処10: MACアドレスをNICに割り当てる

なんらかの理由でMACアドレスがNICに設定されていない場合、正しいIP構成が設定されずインターネットに接続することができません。

上記の場合は手動で設定MACアドレスを設定することで解決できます。次の手順にしたがって、MACアドレスを割り当ててください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します
    ipconfig /all
  3. 「物理アドレス」欄に記載されている文字列(MACアドレス)をコピーします。
  4. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  5. 「ncpa.cpl」と入力してEnterを押します。
  6. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア」を右クリックして「プロパティ」を開きます。
  7. 「構成」をクリックします。
  8. 「詳細設定」タブを開きます。
  9. 「Network Address」をクリックします。
    • NICによっては「Locally Administered Address」などの名称の場合があります。
  10. 「値」の欄にコピーしておいたMACアドレスをペーストします。
  11. 「OK」をクリックして完了です。

対処11: DHCPクライアントサービスを再起動する

WindowsのDHCPクライアントのサービスに一時的なエラーが起きており、正しいIP構成を取得できていないケースが考えられます。

次の手順で、DHCPクライアントサービスを再起動してIP構成が正常に取得できないか試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 一覧から「DHCP Client」を右クリックして「再起動」を選択します。
  4. 確認画面が出たら「はい」をクリックします。

対処12: TCP/IPプロトコルを再インストールする

TCP/IPプロトコルを再インストールすることで、IP構成の問題が解決する可能性があります。

次の手順にしたがってTCP/IPプロトコルの再インストールを試してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. ネットワーク設定の変更の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「Client for Microsoft Network」をクリックします
  5. 「インストール」ボタンをクリックします
  6. 「プロトコル」を選択して追加をクリックします
  7. ネットワークプロトコルに表示されている「Reliable Multicast Protocol」を選択します
  8. 「OK」をクリックして完了です

再インストールが完了したら、インターネット接続できるか確認してみてください。

対処13: セキュリティソフトを一時的に停止する

PCで動作しているセキュリティソフトが干渉してインターネットへのアクセスが遮断されていることがあります。

今まで正常にネットワークに接続できていた場合でも、ソフトウェアのアップデートにより不具合が発生するケースがあります。

そのため、一時的にセキュリティソフトを停止して正常に接続できるかどうかを確認することをおすすめします。

Windows標準のWindowsセキュリティを停止するには、次のページの手順を参考にしてください。

サードパーティのセキュリティソフトの停止方法は、メーカーによって異なるため、使っているソフトのマニュアルで確認してください。

停止するとインターネットに接続され、稼働させると遮断される場合はセキュリティソフトが原因と判断できます。

対処14: ローカルIPアドレスを手動で割り当てる

ここまでの対処を試しても改善しない場合、ネットワークのDHCPサーバーの機能に問題が発生していることが考えられます。

一度ローカルIPを手動で設定して、インターネットに接続できないか確認して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. ネットワーク設定の変更の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「Internet Protocol Version 4(TCP/IPv4)」をクリックします
  5. 右下の「プロパティ」をクリックします
  6. 「次のIPアドレスを使う」をクリックします
  7. 次のIPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイの数値を入力します。
    • IPアドレス:192.168.1.123
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

    IPアドレスは、他のデバイスと競合しない値を設定する必要があります。

  8. 「次のDNSサーバのアドレスを使う」をクリックします
  9. 優先DNSサーバ・代替DNSサーバのIPを入力します。
    • 優先DNSサーバ:192.168.1.1 or 8.8.8.8(Google DNS)
  10. 「OK」をクリックして設定を保存します。

全ての設定が終わったら、正常にインターネットに接続できるかを確認しましょう。問題が解決しない場合は、ネットワーク設定を元の設定に戻してください。

インターネットに問題なく接続できた場合は、PC側ではなくルーターなどのネットワーク機器のDHCPの設定に問題があり、正しいIP構成が取得できていないことが考えられます。

ルーターが原因でインターネットに接続できない時の対処方法は、次のページで詳しく紹介しているので合わせて参考にしてください。

コメント

  1. 新人ナース より:

    急にネットがつながらないと表示されて仕事で疲れながらも、ここにたどり着き解決しました。とても助かりました…!ITお兄さんありがとうございました…また困ったときによろしくお願いします…

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)