PCのMACアドレスを確認して変更する方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Macアドレスの確認・変更方法 Windows10

PCのネットワークアダプターには一意の12文字のMACアドレスが割り当てられており、ネットワーク関連の設定時に必要なる場合があります。

また、MACアドレスは基本的に変更する必要はありませんが、ルーターの設定変更やネットワークトラブルなどの際に、割り当てられているMACアドレスを書き換えたいケースもあると思います。

本記事では、Windows10のパソコンでネットワークアダプターのMACアドレスを確認・変更する方法について詳しく紹介します。

MACアドレスを確認する方法

ネットワークアダプターに割り当てられているMACアドレスは、次のいずれかの方法で確認することができます。

方法1: Windowsの設定で確認する

接続中アダプタのmacアドレスを確認

ネットワークアダプターのMACアドレスの確認のみであれば、Windowsの設定ウィンドウから簡単に確認することができます。

接続中のアダプターのMACアドレスを調べる場合

現在インターネットに接続しているネットワークアダプターのMACアドレスを確認するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、右ペインでの「インターネットに接続されています」の表示の下にある「プロパティ」ボタンをクリックしてください。
    ネットワークの状態 プロパティ
  3. 接続中のネットワークアダプターの情報が表示されます。「説明」の項目でアダプターの名前、「物理アドレス(MAC)」の項目で「MACアドレス」を確認することができます。

全てのアダプターのMACアドレスを調べる場合

パソコンに複数のネットワークアダプターが搭載されている場合は、以下の手順で全てのアダプターのMACアドレスを確認できます。パソコンがインターネットに接続していない場合でもこの手順で確認できます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、右ペインで「ハードウェアと接続のプロパティを表示する」をクリックします。
    ハードウェアと接続のプロパティを表示する
  3. ネットワークアダプターの情報が一覧で表示されます。
  4. 「説明」の項目を参考にして対象のネットワークアダプター名を探し、「物理アドレス(MAC)」の項目で「MACアドレス」を確認できます。

方法2: PowerShell/コマンドプロンプトで確認する

コマンドでmacアドレスを確認

PowerShellまたはコマンドプロンプトで特定のコマンドを実行することで、全てのネットワークアダプターのMACアドレスを簡単に確認できます。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
    • PowerShellの代わりにコマンドプロンプトを使用することもできます。どちらを使用しても以降の操作は共通です。
  2. PowerShellに以下のいずれかのコマンドを入力して、Enterキーを押します。
    getmac /v

    • 詳細なネットワークアダプターの情報を確認したい場合は、以下のコマンドを入力してください。
      ipconfig /all
  3. ネットワークアダプターの情報が一覧で表示されます。「物理アドレス」の列で「MACアドレス」を確認できます。

方法3: コントロールパネルで確認する

コントロールパネルからmacアドレス確認

従来のコントロールパネルのネットワーク接続から、ネットワークアダプターのMACアドレスを確認することもできます。この方法でMACアドレスを確認するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前に「ncpa.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
  3. コントロールパネルのネットワーク接続が開きます。アダプターの一覧から「ネットワークアダプター」を右クリックして「状態」を選択します。
    • 無線の場合は「Wi-Fi」、有線の場合は「イーサネット」を右クリックしてください。
  4. 「詳細」ボタンをクリックします。
  5. 「物理アドレス」の項目で「MACアドレス」を確認できます。

MACアドレスを変更する方法

ネットワークアダプターに割り当てられているMACアドレスを書き換えたい場合は、次のいずれかの方法を試してみてください。

ただし、搭載しているネットワークアダプターによっては、一部の方法でMACアドレスを変更できない場合があります。複数の変更方法を紹介するので、変更できない場合は他の方法を試してください。

方法1: デバイスマネージャーから変更する

デバイスマネージャーでmacアドレス変更

デバイスマネージャーでネットワークアダプターのプロパティ設定から、MACアドレスを確認・変更することができます。デバイスマネージャーからMACアドレスを確認・変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」をダブルクリックしてツリーを展開します。
  3. 展開されたツリーの中から「ネットワークアダプター名」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
    • ネットワークアダプター名は、無線の場合は「Wi-Fi」、有線の場合は「Ethernet」の表記があることが多いです。
    • 現在接続しているネットワークアダプター名が不明な場合は、『方法1: Windowsの設定で確認する』の方法でネットワークアダプターの情報を調べてください。
  4. プロパティウィンドウが表示されたら、「詳細設定」タブを開きます。
  5. プロパティ一覧から「ローカル管理されるアドレス(またはNetwork Address)」の項目をクリックして選択します。
  6. 右の「値」オプションを選択して、入力欄に「変更するMACアドレス」を入力します。
    • MACアドレスは、「:」や「-」は入力せず12文字で入力してください。
  7. 「OK」をクリックして設定を保存します。
  8. ネットワークアダプター、またはPCを再起動して設定を反映します。

ただし、ネットワークアダプターによっては、この方法で変更できない場合があります。プロパティ一覧に「ローカル管理されるアドレス(またはNetwork Address)」の項目がない場合は、『方法3: レジストリエディターを使って変更する』以降の方法を試してください。

方法2: コントロールパネルから変更する

コントロールパネルからmacアドレス変更

従来のコントロールパネルのネットワーク接続から、ネットワークアダプターのMACアドレスを確認・変更することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前に「ncpa.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
  3. コントロールパネルのネットワーク接続が開きます。アダプターの一覧から「ネットワークアダプター」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
    • ネットワークアダプターは、無線の場合は「Wi-Fi」、有線の場合は「イーサネット」を右クリックしてください。
  4. プロパティウィンドウが開いたら、「構成」ボタンをクリックします。
  5. 「詳細設定」タブを開きます。
  6. プロパティ一覧から「ローカル管理されるアドレス(またはNetwork Address)」をクリックします。
  7. 右の「値」オプションを選択して、入力欄に「変更するMACアドレス」を入力します。
    • MACアドレスは、「:」や「-」は入力せず12文字で入力してください。
  8. 「OK」をクリックして設定を保存します。
  9. ネットワークアダプター、またはPCを再起動して設定を反映します。

方法3: レジストリエディターで変更する

レジストリでmacアドレス変更

PCに搭載しているネットワークアダプターによっては、方法1または方法2のやり方ではMACアドレスを変更できないことがあります。

MACアドレスの変更ができない場合は、レジストリを直接編集してMACアドレスを変更できる場合があります。ただし、レジストリの編集は操作を誤るとシステムトラブルの原因になるため、レジストリを変更する際は、必ずバックアップを作成してから行ってください。

レジストリを編集してネットワークアダプターのMACアドレスを変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. レジストリを編集する前にネットワークアダプターの名前を確認します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. 「名前」欄に「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  4. レジストリエディターが起動したら、左ペインのツリーを展開して以下のキーにアクセスします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}

    • アドレスバーに上記のパスを貼り付けてエンターキーを押して移動することもできます。
  5. 「{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}」キーを右クリックして「エクスポート」を選択し、レジストリのバックアップを保存しておきます。
  6. 「{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}」キーを選択した状態で、上部メニューで「編集」→「検索」の順に選択します。
  7. 検索ボックスが表示されたら、「検索する値」の欄に「ネットワークアダプターの名前」を入力します。
  8. 「次を検索」をクリックして検索を実行します。
  9. 「{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}」キー内の「4桁の数字」キーがハイライトされます。
  10. ハイライトされた「4桁の数字」キーを右クリックして「新規」→「文字列値」を選択します。
  11. 右ペインに作成された「新しい値」を右クリックして「名前の変更」を選択し、「NetworkAddress」に変更します。
  12. 「NetworkAddress」をダブルクリックして開きます。
  13. 「値のデータ」の欄に、新しく設定するMACアドレスを入力します。
    • MACアドレスは、コロンやハイフンは省き、12文字の半角英数字で入力してください。
  14. 「OK」をクリックして設定を終了します。
  15. PCを再起動してレジストリを反映します。

再起動しても設定がうまく変更されなかったり、ネットワーク接続に問題が起きた場合は、バックアップしたレジストリをダブルクリックして復元してください。

方法4: PowerShell/コマンドプロンプトで変更する

コマンドでmacアドレス変更

コマンドラインツールでコマンドを実行してMACアドレスを変更することもできます。

ただし、コマンドラインツールでMACアドレスを変更するには、regコマンドによって『方法3: レジストリエディターを使って変更する』と同じレジストリを書き換えます。

そのため、コマンドラインツールでMACアドレスを変更する場合は、レジストリでの変更手順を省略したい場合のみ行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. MACアドレスを変更したい場合は、以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}桁のキー /v NetworkAddress /d 変更するMACアドレス /f

    • 4桁のキーは、『方法3: レジストリエディターを使って変更する』と同じ手順で確認してください。
    • : 4桁の数字キーが「0010」で、変更するMACアドレスが「00342D902EBC」の場合は、以下のように入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}\0010 /v NetworkAddress /d 00342D902EBC /f
      10 /v NetworkAddress /d 00342D902EBC /f
  4. PCを再起動して設定を反映します。

方法5: サードパーティのツールを使って変更する

Technitium Mac Address Changerでmacアドレス変更

ここまでの方法でMACアドレスを変更できない、またはレジストリの編集を行いたくない場合は、サードパーティのソフトウェアの使用を検討してください。

例として、フリーソフトの「Technitium MAC Address Changer」を使用したMACアドレスの変更方法を紹介します。

  1. 『Technitium MAC Address Changer』の公式ページにアクセスして、「Download Now」→「Direct Download」の順にクリックしインストーラーをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたZipファイルを右クリックして「全て展開」を選択し、展開先を指定して「展開」をクリックします。
  3. 展開したフォルダ内にあるインストーラー「TMAC_setup.exe」を起動します。
  4. 案内に従ってインストールを行います。特に理由がなければデフォルトの設定のままインストールしても問題ありません。
  5. インストールが完了したら、「TMAC(Technitium MAC Address Changer)」アプリを起動します。
  6. アプリを起動すると「.tpfファイルをアプリに関連付けますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」を選択します。
  7. 一覧から「ネットワークアダプター名」を選択すると、中央のInformationタブにアダプターの詳しい情報が表示されます。
    • 一覧の日本語の表示名が文字化けしますが、MACアドレスの変更には問題はありません。
  8. MACアドレスを変更するには、アダプターを選択した状態でウィンドウ下部の「Change MAC Address」の欄に新しいMACアドレスを入力します。
  9. 「Change Now!」ボタンをクリックするとMACアドレスが変更されます。
    • 変更を元に戻したい場合は、「Restore Original」ボタンをクリックすれば元のMACアドレスに戻ります。

以上の手順で、Technitium MAC Address Changerを使ってMACアドレスを変更することができます。

コメントを残す

*