Youtubeのサムネイル画像が表示されない時の対処法【PC/iPhone/Android】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パソコンやスマホでYoutubeを利用していると、ホーム画面や検索画面に動画のサムネイルが真っ黒、または真っ白になって表示されないトラブルが発生することがあります。

この問題は、ブラウザ上のYoutubeだけでなく、iPhone/AndroidのYoutubeアプリでも発生することがあります。サムネイルが表示されないと動画を探すのに支障があります。

本記事では、Youtubeのサムネイル画像が表示されない時の対処法について詳しく紹介します。対処内容は、Windows、Mac、iPhone、Androidを想定しています。

対処1: 安定したインターネットに接続する

Wi-Fiやモバイルデータ通信の電波が弱いと、インターネットの接続が不安定になり、Youtube動画のサムネイルが表示されない場合があります。

そのため、現在接続しているネットワークの電波状況に問題がないか確認してください。

ネットワークの電波状況は、ステータスバーなどに表示されるネットワークアイコンが塗りつぶされている割合で確認できます。各デバイスのネットワークアイコンは、以下の場所で確認できます。

  • Windowsの場合: 画面下部のタスクバー右側の「Wi-Fi」のアイコン
  • Macの場合: 画面上部のメニューバー右側の「Wi-Fi」のアイコン
  • iPhone/Androidの場合: 画面上部のステータスバーの「Wi-Fi」、または「モバイルデータ通信」のアイコン

ネットワークアイコンが全て塗りつぶされている場合は電波が良好な状態で、一部しか塗りつぶされていない場合は電波が弱い状態です。

電波状況に問題がある場合は、別のネットワーク接続(Wi-Fi/モバイルデータ通信)に切り替えてYoutube動画のサムネイルが表示されないか確認してください。PCの場合は、有線接続に切り替えることもできます。

ネットワークの電波状況に問題がないのに、Youtube動画のサムネイルが表示されない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: ブラウザのキャッシュをクリアする

Youtubeをブラウザで開いている場合は、ブラウザのキャッシュに問題が起きていることが原因で、動画のサムネイルが表示されないケースがあります。

そのため、ブラウザのキャッシュをクリアすることで、問題が解決する可能性があります。

ブラウザのキャッシュをクリアは、使用しているブラウザによって手順が異なります。各ブラウザのキャッシュをクリアする手順は、以下の通りです。

  • Windows/Macの場合:
    • Chromeの場合:
      1. 右上の「メニュー(3点アイコン)」→「その他のツール」→「閲覧履歴を消去」の順にクリックします。
      2. 期間を「全期間」に変更して、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
      3. 「データを削除」をクリックします。
    • Firefoxの場合:
      1. 右上の「メニュー(3本線アイコン)」→「設定(またはオプション)」の順にクリックします。
      2. 左ペインで「プライバシーとセキュリティ」を選択して、「履歴を消去」をクリックします。
      3. 「消去する履歴の期間」を「すべての履歴」に変更して、「キャッシュ」にチェックを入れます。
      4. 「今すぐ消去」をクリックします。
    • Edgeの場合:
      1. 右上の「メニュー(3点アイコン)」→「履歴」→「履歴データをクリア」の順にクリックします。
      2. 時間の範囲を「すべての期間」に変更して、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
      3. 「今すぐクリア」をクリックします。
    • Safariの場合:
      1. 上部メニューの「履歴」→「履歴を消去」を選択します。
      2. 消去の対象を「すべての履歴」に変更して「履歴を消去」をクリックします。
  • iPhone/Androidの場合:
    • Safariの場合:
      1. 「設定」を開いて、「Safari」をタップします。
      2. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。
      3. 確認ポップアップが表示されたら、「消去」をタップします。
    • Chromeの場合:
      1. Chromeを起動して、「メニュー(3点アイコン)」をタップして「履歴」を選択します。
      2. 「閲覧データを削除」をタップします。
      3. 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「データを消去」をタップします。

以上の手順で、ブラウザのキャッシュをクリアできます。ブラウザのキャッシュを削除できたら、Youtubeのページを表示した状態でアドレスバーの「更新ボタン」を押して、動画サムネイルが表示されるか確認してください。

対処3: アプリのキャッシュを削除する

アプリ版のYoutubeを使用している場合は、アプリのキャッシュを削除することで動画のサムネイルが表示されない問題が解決する可能性があります。

ただし、Youtubeアプリのキャッシュの削除はAndroidの場合のみ実行できます。iPhoneでは特定のアプリのキャッシュを削除できないため、別の対処を試してください。

AndroidでYoutubeアプリのキャッシュを削除するには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリ一覧から「Youtube」をタップします。
    • 「Youtube」が見つからない場合は、「全てのアプリ」をタップしてください。
  4. 「ストレージ」をタップします。
  5. 「キャッシュを削除」をタップします。

以上で、Youtubeアプリのキャッシュを削除することができます。キャッシュを削除できたら、サムネイルが正常に表示されたことを確認してください。

対処4: 動画の再生履歴を削除する

ブラウザやアプリのキャッシュを削除してもYoutubeのサムネイルが表示されない場合は、再生履歴を削除すると改善することがあります。

ただし、この操作を行うとYoutubeで再生した履歴データが全て消えてしまう点に注意してください。

Youtubeの再生履歴を削除するには、以下の手順で操作します。

  • ブラウザ版Youtubeの場合:
    1. 『Youtube』のホーム画面にアクセスします。
    2. 左上の「メニュー(3本線アイコン)」をクリックし、「履歴」を選択します。
    3. 画面右側のメニューで、「すべての再生履歴を削除」をクリックします。
  • アプリ版Youtubeの場合:
    1. Youtubeアプリを起動して、下部のタブから「ライブラリ」をタップします。
    2. 「履歴」をタップします。
    3. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をタップします。
    4. 「履歴の管理」をタップします。
    5. 「再生履歴を削除」をタップします。

以上の手順で、Youtubeの再生履歴を削除することができます。再生履歴を削除できたら、Youtubeのページを読み込み直してサムネイルが表示されるか確認してください。

対処5: ブラウザ・アプリを再起動する

ブラウザやYoutubeアプリに一時的な不具合が発生して、動画のサムネイルが表示されないケースが考えられます。

そのため、ブラウザ、またはYoutubeアプリを完全に終了してから再起動して問題が解決しないか確認してください。

ブラウザ、Youtubeアプリを完全に終了するには、以下の手順で操作してください。

  • Windowsの場合:
    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
    2. プロセスの一覧で、「ブラウザ」を選択して「タスクの終了」をクリックします。
  • Macの場合:
    1. 「Appleマーク」をクリックして「強制終了」を選択します。
    2. 「ブラウザ」を選択して、「強制終了」をクリックします。
  • iPhoneの場合:
    • iPhoneX以降: ホーム画面で画面下から上方向にスワイプして、「ブラウザ」または「Youtube」を上方向にスワイプして終了します。
    • iPhone8以前: 「ホームボタン」を2回タップして、「ブラウザ」または「Youtube」を上方向にスワイプして終了します。
  • Androidの場合:
    • Android9以降: ホームボタンを上方向にスワイプして、「ブラウザ」または「Youtube」を上方向にスワイプして終了します。
    • Android8以前: 画面下部の「マルチタスク」ボタンをタップしtげ、「ブラウザ」または「Youtube」を上方向にスワイプして終了します。

ブラウザ、またはYoutubeアプリを完全に終了できたら、再起動してYoutubeのサムネイルが表示されるようになったか確認してください。

対処6: デバイスを再起動する

デバイスのシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、Youtubeのサムネイルが表示されないケースが考えられます。

そのため、ブラウザやアプリを再起動してもサムネイルが表示されない場合は、デバイスの再起動を試してみてください。デバイスを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • Windowsの場合: 「Windowsマーク」をクリックして「電源アイコン」→「再起動」の順にクリックします。
  • Macの場合: 「Appleマーク」をクリックして「再起動」を選択します。
  • iPhoneの場合:
    • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
    • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • Androidの場合: 「電源ボタン」を長押しして「再起動」をタップします。

デバイスを再起動できたら、ブラウザまたはアプリを起動してYoutubeのサムネイルが表示されるようになったか確認してください。

対処7: ブラウザの拡張機能を無効化する

ブラウザでYoutubeのサムネイルが表示されない場合は、ブラウザの拡張機能や広告ブロックアプリが原因になっているケースが考えられます。

そのため、PCの場合はブラウザの拡張機能を無効化した状態で、Youtubeのサムネイルが表示されないか確認してください。スマホの場合は、広告ブロックアプリを無効、またはアンインストールした状態でサムネイルの表示を確認してください。

PCのブラウザで拡張機能を無効化するには、以下の手順で操作してください。

  • Chromeの場合:
    1. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックし、「その他のツール」→「拡張機能」を選びます。
    2. 拡張機能の一覧が表示されたら、拡張機能名の右下にあるスイッチをクリックして「オフ」に切り替えます。
  • Firefoxの場合:
    1. 右上の「メニュー(3本線アイコン)」をクリックし、「拡張機能」を選択します。
    2. 拡張機能の一覧が表示されます。全ての拡張機能のスイッチを「オフ」に変更します。
  • Edgeの場合:
    1. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックし、「拡張機能」を選択します。
    2. 拡張機能の一覧で、拡張機能のスイッチを「オフ」に変更します。

拡張機能を無効にした状態でサムネイルが表示された場合は、拡張機能に原因があると判断できます。拡張機能に原因がある場合は、1つずつ機能を有効に戻して、原因の拡張機能を特定してください。

対処8: Youtubeにログインし直す

Youtubeのログイン状態に問題が起きていることが原因で、サムネイルが表示されないケースが考えられます。

そのため、Youtubeから一度ログアウトしてから、ログインし直すことでサムネイルの表示が改善する可能性があります。Youtubeにログインし直すには、以下の手順で操作してください。

  • ブラウザ版Youtubeの場合:
    1. 『Youtube』のホーム画面にアクセスします。
    2. 右上の「プロフィールアイコン」をクリックします。
    3. 「ログアウト」をクリックします。
    4. ログアウトが完了したら「ログイン」ボタンをクリックして、「Googleアカウントのユーザー名・パスワード」を入力してログインし直します。
  • アプリ版Youtubeの場合:
    1. Youtubeアプリを起動します。
    2. 右上の「プロフィールアイコン」をタップします。
    3. 「このデバイスのアカウントを管理」をタップします。
    4. 普段Youtubeに利用しているGoogleアカウントを探し、「このデバイスから削除」をタップします。これでYoutubeから一旦ログアウトされます。
    5. ログアウトが完了したら、「別のアカウントを追加」または「アカウントを追加」をタップします。
    6. ログアウトした「Googleアカウントのユーザー名・パスワード」を入力して、Youtubeにログインし直します。

Youtubeに再度ログインできたら、動画のサムネイルが正常に表示されるようになったか確認してください。

対処9: ブラウザをアップデート/別のブラウザを使用する

使用しているブラウザに不具合があることが原因で、Youtubeのサムネイルが正常に表示されないケースが考えられます。

そのため、ブラウザを最新バージョンにアップデートして、サムネイルの問題が解決しないか確認してください。ブラウザのアップデート手順については、以下の公式ページを参考にしてください。

ブラウザを最新バージョンにアップデートしても問題が解決しない場合は、別のブラウザでYoutubeを開いてサムネイルが表示されないか確認してください。

別のブラウザで正常に表示される場合は、最新バージョンのブラウザに問題があることが考えられます。そのため、不具合が改修された新しいアップデートが提供されるまで、別のブラウザでYoutubeを閲覧するようにしてください。

対処10: アプリをアップデート/再インストールする

Youtubeアプリを使用している場合は、アプリに不具合があることが原因で、サムネイルが正しく表示されないケースが考えられます。

そのため、Youtubeアプリを最新版にアップデートしてみてください。アップデートする手順は、以下の通りです。

  • iPhoneの場合:
    1. ホーム画面から「App Store」を開きます。
    2. アプリ画面上部にある「プロフィールアイコン」をタップします。
    3. 「利用可能なアップデート」のリストで「Youtube」アプリの「アップデート」ボタンをタップしてアップデートを実行してください。
      • 一覧にYoutubeの項目が表示されない時は、すでにアプリは最新版に更新されているため操作は不要です。
  • Androidの場合:
    1. ホーム画面から、「Playストア」アプリを起動します。
    2. アプリ画面右上にあるプロフィールアイコンをタップします。
    3. 「アプリとデバイスの管理」をタップします。
    4. 「管理」タブをタップして開きます。
    5. 一覧から「Youtube」の項目を探してタップします。
    6. 「更新」ボタンが表示されたら、ボタンをタップしてアプリのアップデートを行います。
      • 「更新」ボタンの代わりに「開く」ボタンが表示されるのであれば、すでにアプリは最新版にアップデートされているため操作は不要です。

Youtubeアプリをアップデートしても問題が解決しない場合は、アプリの再インストールも試してみてください。Youtubeアプリを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneの場合:
    1. ホーム画面を表示し、「Youtube」のアイコンを長押しします。
    2. 操作メニューが表示されたら「Appを削除」をタップするとアプリが削除されます。
    3. AppStoreを開いて「Youtube」と検索して、通常の手順でアプリをインストールします。
  • Androidの場合:
    1. 「設定」アプリを開きます。
    2. 「アプリと通知」をタップして、アプリ一覧から「Youtube」をタップします。
    3. アプリ情報の画面で「アンインストール」をタップして、アプリを削除します。
    4. Playストアを開いて「Youtube」と検索して、通常の手順でアプリをインストールします。

以上の手順で、Youtubeアプリを再インストールすることができます。再インストールができたら、アプリを起動して動画のサムネイルが正常に表示されることを確認してください。

コメントを残す

*