Windows10 – スリープ中に勝手にシャットダウン/再起動する時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10搭載PCを利用している場合、「スリープに設定すると何故か勝手にシャットダウンしている」、「いつの間にか再起動していた」という現象が発生することがあります。

この現象が発生すると、作業中のファイルが失われることに繋がるので対応が必要です。

そこで、この記事ではWindows 10のPCがスリープ中に勝手にシャットダウン/再起動するときに考えられる原因と対処法を紹介します。

スリープ中に勝手にシャットダウン/再起動する際に考えられる原因

  • 高速スタートアップ関連のトラブル
  • インストールされているドライバが影響している
  • 常駐ソフトの干渉
  • OS側のトラブルやエラー
  • WindowsUpdateが実行された

スリープ中にPCが勝手にシャットダウン/再起動する際の原因としてよくあるのは上記の通りです。

どれが原因になっているのかを探るためには手間がかかりますが、以下の順番で試してみてください。

対処1: 高速スタートアップを無効にする

Windows 10に搭載されている高速スタートアップ機能は、PCの起動速度を上げられるもののさまざまなトラブルの原因にもなっています。そのため、まずはこちらを無効にするのがオススメです。

無効にするための手順は次の通りです。

  1. Win+Rを押して「ファイル名を指定して実行」を起動する
  2. 「コントロールパネル」と入力してEnterを押す
  3. 「システムとセキュリティ」をクリック(カテゴリ表示の場合のみ)
  4. 「電源オプション」をクリック(アイコン表示の場合は直接これをクリック)
  5. 左側に表示される「電源ボタンの動作の選択」をクリック
  6. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック
  7. 「高速スタートアップを有効にする」をクリックしてチェックを外す
  8. 保存する

これで高速スタートアップ機能が無効になったので、PCを再起動して様子を見ましょう。それでも現象が発生する場合は次に進みます。

対処2: クリーンブートで起動してみる

次にチェックするのは常駐ソフトの干渉です。クリーンブートとは常駐ソフトを無効にし、最小セットの構成で起動する方法です。

クリーンブーとで起動することで、常駐ソフトの影響かどうかを判断できます。

クリーンブートの方法についてはMicrosoftがアナウンスしているので、以下を参考にして全て無効にしてください。

クリーンブートで起動できた場合

クリーンブート時には現象が発生しない場合、常駐ソフトのいずれかが原因になっている可能性が高いと判断できるでしょう。その場合は次のように対処します。

1 常駐ソフトの半分をONにして様子を見る

クリーンブートで無効にした常駐ソフトのうち、半分程度をONにして再起動してみてください。

これで問題が再発した場合、ONにした常駐ソフトのいずれかが原因になっていると判断できます。

もし、これでも再発しない場合はOFFになっているもう半分の常駐ソフトのいずれかが原因であると判断できるでしょう。

2 原因となっている常駐ソフトを絞り込む

前述の手順でどちらのグループに問題があるかを判断できたら、問題がある方のグループに属するドライバを1つずつチェックしていきます。具体的な手順は次の通りです。

  1. 問題のあるグループがどちらかを判断する
  2. 問題のないグループの常駐ソフトを全てONにする
  3. 問題のあるグループの常駐ソフトを1つずつONにし、そのたびに再起動する
  4. 様子を見て現象が再発するかをチェックする
  5. 再発した場合、直前にONにした常駐ソフトが原因

このようにチェックしていけば、どの常駐ソフトに問題があるかを判断できるでしょう。問題のある常駐ソフトが判明したら、そのソフトのみをOFFにして他をONにし、もう一度チェックします。

これで「そのソフトのみが原因となっているか」を判断できるでしょう。正常に起動している場合はそのソフトのみが原因、そうでない場合は他のソフトにも原因がある可能性が高いので、再度1つずつチェックしてみてください。

全てOFFにしても現象が発生する場合など、この方法で判断できない場合は次に進みます。

対処3: ドライバを最新のものに更新する

インストールされているドライバが影響してスリープ中にシャットダウン/再起動している場合、ドライバを最新のものに更新すると発生しなくなることがあります。

Intel系のグラフィックドライバーの場合

ドライバ更新の手順は次の通りです。

  1. Windows + Xを押す
  2. 表示されたリストから「デバイスマネージャ」をクリックする
  3. デバイス名を右クリックする
  4. 「ドライバの更新」をクリックする
  5. 「自動検索」をクリックする
  6. アップデートを待つ

どのドライバが影響しているかわからない場合、1つずつチェックするのは手間がかかるかもしれません。しかし、漏れなくチェックして最新のドライバにアップデートすれば解決できる可能性があるので、一度試してみてください。

NVIDIA/AMD系のグラフィックドライバーの場合

GeForceやRADEONのグラフィックドライバーの場合は、以下の手順でアップデートすることをオススメします。

  1. グラフィックカードに搭載しているGPUのメーカーのサイトにアクセスする
  2. ドライバダウンロードページ(下記に掲載)から最新のドライバをダウンロードする
  3. ダウンロードしたドライバをインストールする

グラフィックドライバはこの方法でアップデートするので、ぜひ覚えておきましょう。ドライバのダウンロードページは以下の通りです。

なお、搭載しているGPUがわからない場合は以下の手順で確認できるので、参考にしてください。

  1. Win + Rを押して「ファイル名を指定して実行」を起動する
  2. 「dxdiag.exe」と入力する
  3. DirectX Diagnostic Toolが起動したら「ディスプレイ」タブを開く
  4. Device欄の「Chip Type」に表示されている内容を確認する

対処4: 電源のトラブルシューティングを実行する

次に電源のトラブルシューティングを実行してみましょう。実行手順は以下の通りです。

  1. Win+Rを押して「ファイル名を指定して実行」を起動する
  2. 「コントロールパネル」と入力してEnterを押す
  3. 右上の検索窓に「トラブルシューティング」と入力する
  4. トラブルシューティングツールを開く
  5. 「システムとセキュリティ」をクリック
  6. 「電源」をクリックして実行する
  7. 結果が表示されたら、アナウンスに従って対処する

電源管理に問題がある場合はこれで解決することがあるので、一度試してみてください。電源のトラブルシューティングでも問題が検出されず、現象も改善しない場合は次の手順を検討してみてください。

対処5: WindowsUpdateを停止する

WindowsUpdateの自動更新によって、OSのアップデートと一緒にパソコンが勝手に再起動するケースがあります。

本来は自動更新はオンにしておくべきですが、どうしてもPCを勝手に再起動したくない場合は、WindowsUpdateの自動更新をオフにしてみて下さい。

対処6: OSの再インストールをする

ここまでの対処法を全て試しても解決せず、原因が全くわからない場合はOSの再インストールを検討してみてください。これによってOSファイル自体に問題がある場合などでも解決できる可能性が高くなります。

再インストール手順や注意事項については以下のリンクをチェックしてみましょう。

完全に解決したい場合は必要なデータのバックアップを取り、クリーンインストールするのがオススメです。環境を再構築する手間がかかるものの、場合によっては1つずつチェックしてそのたびに様子見をするよりも早く解決できることがあります。

関連ぺージ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)