アプリ起動時の「このアプリを開けません」エラーの対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10でアプリを起動しようとすると、「このアプリを開けません」のエラー画面が表示されて、アプリを起動できないケースがあります。

このエラーは、Windowsの標準アプリ(フォト、電卓、カレンダーなど)やMicrosoftストアでインストールしたアプリで発生します。

本記事では、Windows10でアプリ起動時に「このアプリを開けません」エラーが発生する時の原因と対処法について詳しく紹介します。

「このアプリを開けません」エラーの原因

Windows10の標準アプリやMicrosoftストアの特定のアプリを起動する際に、「このアプリを開けません」のエラー画面が表示される場合、主に次のような原因が考えられます。

  • ユーザーアカウント制御(UAC)が無効になっている
  • セキュリティソフトの機能にアプリの起動がブロックされている
  • Microsoftストアアプリのキャッシュ、またはアプリ自体が破損している
  • エラーが出るアプリが破損している
  • Microsoftストアアプリのバージョンが古い
  • WindowsUpdateサービスが停止している
  • Microsoftストアのライセンスに問題がある
  • ユーザープロファイルが破損している
  • システムファイルが破損している

上記のように様々な原因が考えられますが、ユーザーアカウント制御やセキュリティソフトの設定、Microsoftストアアプリに問題が起きていることが多いです。

エラーが解決する可能性の高い対処方法から紹介していくので、アプリが正常に起動できないか順番に試していってください。

対処1: Windowsストアアプリのトラブルシューティングツールを実行する

Microsoftストアアプリに何らかの問題が起きていることが原因で、アプリ起動時に「このアプリを開けません」のエラーが表示されるケースが考えられます。

Microsoftストアアプリの問題はトラブルシューティングツールを実行することで、問題を修正できる可能性があります。

そのため、次の手順でMicrosoftストアアプリのトラブルシューティングツールを実行して問題が解決しないか試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「Windowsの設定」が開いたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 右ペインで「追加のトラブルシューティングツール」をクリックします。
  5. 一覧から「Windowsストアアプリ」を選択し、「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。
  6. トラブルシューティングツールによってWindowsストアアプリの問題が検出されます。指示にしたって提案された修正を行なってください。

トラブルシューティングツールによって問題が修正できたら、アプリを起動してエラーが解決したことを確認してください。トラブルシューティングツールを実行してもエラーが改善しない場合は、次の対処法に進みます。

対処2: ユーザーアカウント制御の設定を変更する

ユーザーアカウント制御(UAC)の設定を無効にしていることが原因で、アプリの起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生することがあります。

そのため、ユーザーアカウント制御の設定を変更している場合は、設定を「通知しない」以外の設定に変更することでエラーが解決する可能性があります。

ユーザーアカウント制御の設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「UserAccountControlSettings」と入力して「OK」をクリックします。
  3. ユーザーアカウント制御の設定ウィンドウが表示されます。スライダーを「通知しない」以外のレベルに変更します。
    • 「アプリがコンピュータに変更を加えようとする場合のみ通知する(規定)」または「次の場合は常に通知する」に変更することをおすすめします。
  4. 設定を変更できたら、「OK」をクリックして設定を保存します。

ユーザーアカウント制御の設定を変更できたら、再度アプリを起動してエラーが発生しなくなったか確認してください。

設定を変更してもエラーが出る場合や設定を変更できない場合は、続けて次のグループポリシーの変更を試してください。

グループポリシーでユーザーアカウント制御の設定を変更する

Windows10 Proエディション以上の場合は、グループポリシーでユーザーアカウント制御の設定を変更できます。

ユーザーアカウント制御の設定変更で問題が解決しない場合は、次の手順でグループポリシーのユーザーアカウント制御の設定変更を試してください。

  1. Windows + Rを押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。
  2. 「secpol.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「ローカルセキュリティポリシーエディタ」が開きます。左ペインで「ローカルポリシー」を展開して「セキュリティオプション」をクリックして選択します。
  4. 右ペインで次のポリシーをそれぞれダブルクリックして開いて、設定を「有効」に変更し「OK」をクリックします。
    • 「ユーザーアカウント制御: アプリケーションのインストールを検出し、昇格をプロンプトする」
    • 「ユーザーアカウント制御: すべての管理者を管理者承認モードで実行します」
  5. 続いて「ユーザーアカウント制御: 管理者承認モードでの管理者に対する昇格時のプロンプトの動作」をダブルクリックして開いて、設定を「未定義」に変更して「OK」をクリックします。
  6. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  7. 以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    gpupdate /force
  8. 「ユーザーポリシーの更新が正常に完了しました」と表示されたらWindows PowerShellを閉じます。

グループポリシーを変更してポリシーを更新できたら、再度アプリが起動できるか確認してください。

対処3: Microsoftストアアプリのキャッシュをリセットする

Microsoftストアアプリの一時ファイルに問題が起きていることが原因で、特定にアプリの起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生することがあります。

そのため、MicrosoftStoreアプリのキャッシュをリセットして、アプリ起動時のエラーが解決しないか確認してください。

MicrosoftStoreアプリのキャッシュのリセットは、次の手順で簡単に実行できます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「wsreset.exe」と入力して「OK」をクリックします。
  3. キャッシュのリセットが完了するとMicrosoft Storeが自動的に起動します。

以上の手順でキャッシュをリセットできたら、アプリが正常に起動するようになったか試してください。

対処4: Microsoftストアアプリを再インストールする

Microsoftストアのアプリケーションや関連ファイルが破損していることが原因で、アプリの起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生することがあります。

そのため、Microsoftストアアプリを再インストールすることでエラーが解決する可能性があります。

Microsoftストアアプリを再インストールするには、Windows PowerShellを使って次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックしてWindows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    Get-AppXPackage | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
  3. コマンドの実行が完了したら、Windows PowerShellを閉じます。

以上の手順で再インストールが完了したら、アプリを起動してエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処5: エラーが出るアプリを再インストールする

特定のアプリの起動時のみ「このアプリを開けません」のエラーが発生する場合は、そのアプリに問題が起きていることが考えられます。

特定のアプリのみエラーが出る場合は、次の方法でアプリを個別に再インストールしてみてください。

Windows10標準アプリの場合

Windows10に標準でインストールされているアプリを再インストールする場合は、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. アプリ名を指定したアンインストールコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    get-appxpackage *アプリ名* | remove-appxpackage

    • コマンドで指定するアプリ名はアプリによって異なります。主要なアプリのコマンド例は、以下の通りです。
      • フォト: get-appxpackage *Microsoft.Windows.Photos* | remove-appxpackage
      • 電卓: get-appxpackage *Microsoft.WindowsCalculator* | remove-appxpackage
      • ペイント3D: get-appxpackage *Microsoft.MSPaint* | remove-appxpackage
      • メール/カレンダー: get-appxpackage *Microsoft.WindowsCommunicationsApps* | remove-appxpackage
  3. コマンドが実行できたら、Windows PowerShellを閉じます。
  4. 「Windowsマーク」をクリックして、「Microsoft Store」をクリックします。
  5. 上部の「検索」をクリックして、「アプリ名」を入力し、検索結果からアプリのページを表示します。
  6. 「入手」をクリックして、通常の手順でインストールします。

インストールしたストアアプリの場合

Microsoftストアでインストールしたアプリを再インストールする場合は、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で、「エラーが出るアプリ」を選択して「アンインストール」をクリックします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. 「Windowsマーク」をクリックして、「Microsoft Store」をクリックします。
  5. 上部の「検索」をクリックして、「アプリ名」を入力し、検索結果からアプリのページを表示します。
  6. 「入手」をクリックして、通常の手順でインストールします。

上記の手順でアプリを再インストールできたら、再度アプリを起動してエラーが出なくなったか確認してください。

対処6: セキュリティソフトの機能を無効化する

セキュリティソフトの機能がアプリの起動を妨げていることが原因で、「このアプリを開けません」のエラーが発生するケースがあります。

この問題は、特にサードパーティ製のセキュリティソフトを使用している場合に発生しやすいです。

そのため、セキュリティソフトの機能を無効化した状態で、アプリが正常に起動できないか確認してみてください。

  • サードパーティのセキュリティソフトの場合:
    サードパーティのセキュリティソフトを無効する手順はメーカーによって異なりますが、以下の手順で機能を停止できる場合が多いです。

    1. タスクバー右側の「上矢印」をクリックしてタスクトレイを表示します。
    2. タスクトレイ内の「セキュリティソフトのアイコン」を右クリックして機能を停止します。
  • Windowsセキュリティの場合:
    標準のWindowsセキュリティを使用している場合は、次の手順でセキュリティ機能を無効化することができます。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
    2. 設定ウィンドウが開いたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
    3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択し、右ペインの「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
    4. 左ペインから「ウイルスと脅威の防止」→「設定の管理」の順にクリックします。
    5. 以下のスイッチをすべて「オフ」に変更します。
      • リアルタイム保護、クラウド提供の保護、サンプルの自動送信、改ざん防止
    6. 作業が完了したらWindowsセキュリティを閉じて完了です。

セキュリティソフトの機能を無効にできたら、エラーが発生したアプリが正常に起動するようになったか確認してください。

問題が解決しない場合は、セキュリティソフトの機能を有効に戻して次の対処方法に進んでください。

対処7: Windows Updateを実行して最新の更新プログラムをインストールする

Windowsのシステムに不具合があり、アプリの起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生するケースが考えられます。

システムの不具合は、Windows Updateの更新プログラムによって修正される可能性があります。

そのため、Windows Updateを実行して最新の更新プログラムをインストールしてみてください。Windows Updateを実行する手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

WindowsUpdateを実行してWindowsを最新の状態にできたら、再度アプリを起動してエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処8: Microsoftストアアプリを強制的にアップデートする

Microsoftストアアプリのバージョンが古く、不具合があることが原因で、特定のアプリ起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、Microsoftストアアプリをアップデートすることで、エラーが解決する可能性があります。

通常Microsoftストアアプリは、WindowsUpdate経由でアップデートされますが、何らかの原因でアップデートに失敗しているケースも考えられます。

そのため、次の手順でMicrosoftストアアプリを強制的にアップデートしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「cmd」と入力します。
  2. 検索結果から「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. 次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    schtasks /run /tn "\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\Automatic App Update"
  4. コマンドが実行できたら、PCを再起動します。

上記の手順でMicrosoftストアアプリをアップデートできたら、再度アプリを起動してエラーが解決したことを確認してください。

対処9: WindowsUpdateと関連サービスの起動を確認する

WindowsUpdateと関連サービスが起動していないことが原因で、「このアプリを開けません」のエラーが発生することがあります。

そのため、WindowsUpdateと関連サービスの起動設定を確認して、無効になっている場合は修正してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「service.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスのウィンドウが表示されたら、一覧から「Windows Update」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. スタートアップの種類が「自動」に変更し、サービスの状態が停止の場合は「開始」をクリックしてます。
  5. 「OK」をクリックしてプロパティを閉じます。
  6. 続いて一覧から「Application Identity」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  7. スタートアップの種類が「自動」に変更し、サービスの状態が停止の場合は「開始」をクリックしてます。
  8. 「OK」をクリックしてプロパティを閉じます。

以上の手順でサービスの設定を変更して実行できたら、アプリを起動してエラーが解決したか確認してください。

対処10: 別のユーザーアカウントでサインインしてアプリを起動する

Windowsのユーザーアカウントのプロファイルが破損していることが原因で、アプリ起動時に「このアプリを開けません」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、別のユーザーアカウントでサインインしてアプリを起動できないか確認してみてください。

複数のユーザーアカウントがない場合は、以下の手順で新しい管理者アカウントを作成してサインインしてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定ウィンドウが開いたら、「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「家族とその他のユーザー」を選択します。
  4. 「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  7. 「任意のユーザー名とパスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  8. パスワードのヒントまたはセキュリティの質問を入力して「次へ」をクリックします。
  9. アカウントのウィンドウに戻るので、右ペインで「作成したアカウント」を選択し、「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  10. アカウントの種類を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。
  11. 「Windowsマーク」を右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」→「サインアウト」を選択します。
  12. サインイン画面が表示されたら、左下のアカウント一覧で「作成したアカウント」を選択してサインインします。

別のアカウントでサインインできたら、アプリが正常に起動できるか確認してください。アプリが起動できたら、元のアカウントに再度サインインし、アプリが同様に起動できないか確認してください。

別のアカウントでのみアプリが起動する場合は、必要なデータをアプリが起動するアカウントに移行することを検討してください。

対処11: Microsoftストアからライセンスを再取得する

Microsoftストアが提供するアプリのライセンスに期限切れなどの問題が起きていることが原因で、「このアプリを開けません」のエラーが発生するケースが考えられます。

上記の問題によってエラーが発生している場合は、Microsoftストアからアプリのライセンスを再取得することで解決できます。アプリのライセンスを再取得するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「notepad」と入力します。
  2. 検索結果から「メモ帳アプリ」をクリックして起動します。
  3. 以下の内容をコピーして、メモ帳に貼り付けます。
    echo off

    net stop clipsvc

    if "%1"=="" (
    move %windir%\serviceprofiles\localservice\appdata\local\microsoft\clipsvc\tokens.dat %windir%\serviceprofiles\localservice\appdata\local\microsoft\clipsvc\tokens.bak
    )

    if "%1"=="recover" (
    copy %windir%\serviceprofiles\localservice\appdata\local\microsoft\clipsvc\tokens.bak %windir%\serviceprofiles\localservice\appdata\local\microsoft\clipsvc\tokens.dat
    )

    net start clipsvc

  4. 「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択します。
  5. 適当なファイルの保存先(デスクトップ等)を指定して、「ファイルの種類」を「すべてのファイル」に変更します。
  6. ファイル名に「activelicense.bat」と入力して「保存」をクリックします。
  7. 保存した「activelicense.bat」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

以上の手順でバッチファイルを実行することで、アプリのライセンスをストアから再取得することができます。

バッチファイルが実行できたら、再度アプリを起動してエラーが解決したか確認してください。

対処12: Windowsのシステムファイルを修復する

Windowsのシステムファイルが破損していることが原因で、一部のアプリが「このアプリを開けません」のエラーで正常に起動しないケースが少なからず考えられます。

そのため、システムファイルを修復してエラーが解決しないか確認してみてください。

システムファイルを修復するには、以下の手順でシステムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  3. コマンドの実行が完了したら、続いて以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. 「操作は正常に完了しました」と表示されたら完了です。

システムファイルを修復できたら、PCを再起動してからアプリが正常に起動するようになったか確認してください。

コメントを残す

*