「このアプリはお使いのPCでは実行できません」の原因と対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10でアプリケーションをり起動しようとすると、「このアプリはお使いのPCでは実行できません。お使いのPCのバージョンを見つけるには、ソフトウェアの発行元に確認してください」というエラーが表示される場合があります。

上記のエラーはアプリケーションのインストール時に発生することもあります。また、StoreアプリやWindowsの標準アプリで発生するケースもあります。

今回は、Windows10で「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーでアプリが起動きない時の原因と対処法を紹介します。

エラーが発生して特定のアプリケーションを使えず困っている場合は、参考にしてみてください。

「このアプリはお使いのPCでは実行できません」エラーが発生する原因

アプリケーションのインストールや起動時に「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーで特定のソフトウェアが起動できない原因としては、主に次のことが考えられます。

  • アプリケーションがWindows10に対応していない
  • Microsoft Storeのバージョンが古い(Storeアプリの場合)
  • ダウンロードしたインストーラーや実行プログラムが破損している
  • Windowsのスマートスクリーン機能によってブロックされている
  • 権限やセキュリティソフトが原因でアプリケーションが完全にインストールできていない
  • ユーザープロファイルが破損している(Windows標準アプリの場合)
  • プロキシやVPNのネットワークに問題がある
  • Windowsのシステムファイルが破損している
  • ハードディスクのファイルシステムが破損している
  • Windowsとアプリケーションのbit数が合っていない

多くの原因が考えられますが、アプリケーションの互換性に問題があったり、アプリケーションのファイル自体が破損していることが原因として多いです。

上記の原因ごとの対処方法を紹介していくので、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが解決できないか順に確認してみてください。

対処1: PCを再起動する

今まで使えていたアプリケーションが突然エラーで起動しなくなった場合は、一時的なシステムエラーが考えられます。

一時的なシステムエラーはPCを再起動すれば直ることが多いため、最初にPCを一度再起動してみてください。

再起動で直った場合はそのまま様子を見てください。直らない場合やすぐに再発する場合は次の対処に進んでください。

対処2: Windows10対応のアプリケーションをダウンロードする

アプリケーションがWindows10に対応していないことが原因で、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーは発生します。

アプリケーションがWindows10に非対応の場合は、Windows10に対応しているバージョンをインストールするのが根本的な解決方法です。

そのため、配布元のWebサイトを確認してWindows10対応のバージョンがないか確認してください。

Windows10対応版がリリースされていない場合や対応しているのにエラーが出る場合は、次の対処に進んでください。

対処3: 互換モードで起動する

Windows10対応していないアプリケーションでも、Windows10の互換モードの機能を使うことで起動できる可能性があります。

特定のアプリケーションを互換モードで起動するには、次の手順で操作します。

  1. デスクトップにある「起動しないソフトウェアのショートカット」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
    • ショートカットがない場合は、インストールフォルダを開いて「実行ファイル(.exe)」で同様の操作を行ってください。
  2. 「互換性」タブをクリックします。
  3. 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  4. 直下のプルダウンからWindowsのバージョンを選択します。
    • 選択するWindowsのバージョンは、アプリケーションが対応している最新のWindowsのバージョンを選択してください。
    • 互換モードで選択できるWindowsのバージョンはWindows 8/Windows 7/Windows Vistaです。
  5. 「OK」をクリックして設定完了です。

互換モードの設定ができたら、通常の手順でショートカット(もしくは実行ファイル)をダブルクリックして起動を試します。

「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが解決したか確認してください。解決しない場合は、他の原因が考えられるため、次の対処に進んでください。

対処4: スマートスクリーンを無効にする

Windows10のスマートスクリーン機能が有効になっていると、特定のソフトウェアが起動しなくなるケースがあります。

そのため、スマートスクリーン機能をオフにすると正常に起動できる可能性があります。

スマートスクリーン機能をオフにする具体的な手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」をクリックします。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択します。
  4. 右ペインに表示されている「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
  5. 「アプリとブラウザコントロール」をクリックします。
  6. 以下の項目を「オフ」に切り替えます。
    • Microsoft EdgeのSmartScreen
    • Microsoft StoreアプリのSmartScreen
  7. オフにできたらウィンドウを閉じて設定完了です。

スマートスクリーン機能を無効にできたら再度アプリケーションが正常に起動するか確認してください。

対処5: アプリケーション/インストーラーを再ダウンロードする

ダウンロードしたアプリケーションやインストーラーが破損していることが原因で、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが発生するケースがあります。

特にアプリケーションのインストール中にエラーが出る場合は、ダウンロードファイルが破損していることが考えられます。

ダウンロードファイルが破損する原因としては、ブラウザの一時ファイルに問題が起きていることが考えられます。

そのため、次のいずれかの方法でアプリケーション、もしくはインストーラーを再度ダウンロードしてみてください。

アプリケーション、もしくはインストーラーを再度ダウンロードできたら、インストールや起動を試して、エラーが出るか確認してください。

対処6: 開発者モードを有効にする

Windows10の開発者モードを有効にすることで、エラーで起動できないアプリケーションが起動できるケースがあります。

ここまでの対処法を試しても改善しない場合は試してみる価値があります。開発者モードを有効化する手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「開発者向け」をクリックします。
  4. 右ペインにある「開発者モード」のスライダをクリックして「オン」に切り替えます。
  5. ウィンドウを閉じて設定完了です。

以上で開発者モードの状態になるので、アプリケーションを起動してみてください。

正常に起動する場合はそのまま利用して問題ありません。エラーが再発する場合や解決しない場合は次に進みます。

対処7: Microsoft Storeをアップデートする

Microsoft Storeのアプリケーションがエラーで起動できない場合は、Microsoft Storeのバージョンが古いことが原因として挙げられます。

そのため、旧バージョンのMicrosoft Storeを使っている場合は、最新版にアップデートするとアプリケーションが正常に起動できる可能性があります。

Microsoft Storeのアップデートは次の手順で行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を押してスタートメニューを開きます。
  2. スタートメニュー内に表示されるプログラム一覧をスクロールして「Microsoft Store」を起動します。
  3. 右上にあるメニューボタンをクリックします。
  4. 「ダウンロードと更新」を選択します。
  5. 右上に表示される「アップデート」をクリックします。
    • アップデートボタンが表示されない場合は、すでに最新版のMicrosoft Storeを利用しています。
  6. Microsoft Storeのアップデートが完了するまで待ちます。

アップデートが完了したらアプリケーションが起動できるか試してください。

また、Microsoft Store上でアプリケーションのアップデートが配信されていないかも同時に確認してください。

アプリのアップデートが配信されている場合は、Microsoft Store内からアップデートできます。同時にアップデートして起動エラーが解決しないか確認してください。

対処8: ショートカットを再作成する

デスクトップのショートカットアイコンからアプリケーションを起動する際に「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが出る場合は、アプリケーションを起動するショートカットに問題があること考えられます。

そのため、ショートカットを再作成してアプリケーションが正常に起動できないか確認してください。

  1. アプリケーションをインストールしているフォルダを開きます。
    • 通常であればC:\Program Files内のフォルダにインストールされています。
  2. アプリケーションを起動する.exeファイルを右クリックして「ショートカットを作成」を選択します。
  3. 「デスクトップ上にショートカットを作成しますか?」の確認が出たら「はい」をクリックします。
  4. デスクトップにアプリケーションの新しいショートカットが作成されます。

以上で新しいショートカットを作成することができます。作成したショートカットをダブルクリックしてアプリケーションが起動するか確認してください。

対処9: ソフトウェアを管理者権限で再インストールする

アプリケーションのインストール時に十分な権限がないことが原因で、アプリケーションを完全にインストールできておらず、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが出るケースが考えられます。

また、アプリケーションに必要なファイルを操作ミスで消してしまうなど欠損しているケースも考えられます。

そのため、アプリケーションを管理者権限で再度インストールしてみることをおすすめします。管理者権限で再インストールするには、次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を開きます。
  2. 右ペインで「アプリケーション名」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  3. アンインストールウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  4. アプリケーションのインストーラーを再度ダウンロードします。
  5. ダウンロードしたインストーラーを右クリックして「管理者として実行」を選択します。
    • インストーラーがzipなどで圧縮されている場合は、先に展開してください。
  6. ユーザーアカウント制御の画面が出たら「はい」をクリックします。
  7. 通常の手順どおりインストールを完了します。

以上でアプリケーションを管理者権限で再インストールすることができます。起動時のエラーが解決したか確認してください。

対処10: セキュリティソフトを停止してインストールする

サードパーティ製のセキュリティソフトが動作している場合、セキュリティの機能によってアプリケーションのインストールプロセスの一部がブロックされて完了しないケースがあります。

上記の問題が起きると、アプリケーションが不完全な状態でインストールされてしまうため、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが出る原因になります。

そのため、一度セキュリティソフトを停止した状態でアプリケーションのインストールを試してください。

セキュリティソフトの機能を停止する方法は使用しているソフトによって異なります。配布元のWebサイトやマニュアルを参照してください。

対処11: 管理アカウントを新しく作成する

Windowsの標準アプリが「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーで起動できなくなっている場合は、Windowsのユーザーアカウントのプロファイルデータが破損していることが考えられます。

上記の問題は、新しいユーザーアカウントを作成することで解決できる可能性があります。

次の手順で、管理者権限を持つ新しいユーザーアカウントを作成してエラーが解決しないか確認してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 右ペインで「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  7. 「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  8. 「追加されたユーザー」をクリックして「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  9. 「アカウントの種類」を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。
  10. サインインしているアカウントからサインアウトします。
    • サインアウトは、「Windowsマーク」→「ユーザーアイコン」→「サインアウト」の順にクリックします。
  11. 新しい管理者アカウントでサインインします。

新しい管理者アカウントでサインインできたら、エラーで起動できなかった標準アプリが起動できるか確認してください。

問題なく起動できた場合は、プロファイルの破損が考えられるため、必要に応じてデータを新しいアカウントに移行してください。

対処12: プロキシとVPNを無効化する

PCでプロキシやVPNを利用した接続を行っている場合、通信エラーによってアプリケーションが正常に起動しなくなるケースがあります。

そのため、次の手順でプロキシとVPNの設定を削除してから起動を試してみてください。

注意: プロキシやVPNの設定は必要に応じて再設定できるように設定内容を保管しておいてください。
  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 左ペインから「VPN」を選択します。
  4. 利用中のVPNを選択します。
    • VPNが表示されない場合、そのPCではVPNを利用していません。
  5. 「削除」をクリックしてVPN設定を削除します。
  6. 続いて左ペインで「プロキシ」を選択します。
  7. 以下の項目のスライダをクリックして「オフ」に変更します。
    • 「自動プロキシセットアップ」内の「設定を自動的に検出する」、「セットアップスクリプトを使う」
    • 「手動プロキシセットアップ」内の「プロキシサーバーを使う」
  8. ウィンドウを閉じて設定完了です。

プロキシとVPNの設定を削除できたら、アプリケーションの起動を試してください。

「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが解決した場合は、他のVPNやプロキシの利用を検討してください。

対処13: システムファイルチェッカーを実行する

Windowsのレジストリが欠損していることが原因で、特定のアプリケーションの起動時に「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが出るケースがあります。

そのため、ここまでの対処で解決しない場合は、システムファイルチェッカーを実行してWindowsのレジストリを修復できないか試してください。

システムファイルチェッカーを実行するには、次の手順で操作します。

  1. Windowsマークを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御がでたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  4. 正常に処理が完了した結果を確認してWindows PowerShellを閉じます。

レジストリが修復できた場合は、アプリケーションの起動を試してください。

依然としてアプリケーションがエラーで起動しない場合や、Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、その一部を修正できませんでした」という結果が表示された場合は次の対処に進みます。

対処14: チェックディスクを実行する

ハードディスクの不良セクタが原因で、「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが出るケースがあります。

そのため、ドライブ内の不良セクタを検出して修正を試みるチェックディスクのコマンドを実行して、エラーが解決しないか確認してください。

チェックディスクを実行する詳しい手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    chkdsk c: /r
    • ソフトウェアをCドライブ以外にインストールしている場合は、「c:」のドライブレターを変更してください。
  3. 再起動時にチェックディスクを行うか聞かれたら「y」を入力してEnterキーを押します。
    • Cドライブ以外のドライブに対してチェックディスクを実行する場合は、PCを再起動する必要はありません。
  4. Windows PowerShellを閉じてPCを再起動します。
  5. 自動的にスキャンと修復が行われるので完了するまで待ちます。
  6. Windowsが起動したら完了です。

チェックディスクが完了したら、正常にアプリケーションが起動するか確認します。

対処15: 64bit版のWindowsをインストールする

32bit版のWindows10を利用している場合、アプリケーションが32bitに対応していないと「このアプリはお使いのPCでは実行できません」のエラーが表示されます。

そのため、インストールや起動しようとしているアプリケーションが32bitに対応しているか確認してください。対応していない場合は、32bit版のアプリケーションをダウンロードしてください。

ただし、最近のWindows10用のソフトウェアは64bit用に開発されていることが多く、32bit版が存在しない場合もあります。

アプリケーションの32bit版がない場合は、Windows10を64bit版に変更することを検討してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)