Microsoft Storeが開かない/起動しない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10のPCでMicrosoft Storeを起動すると、「もう一度お試しください。サーバー側でエラーが発生しました。」や「ページを読み込めませんでした。」などのエラーが表示されるケースがあります。

上記のエラーが発生するとMicrosoft Storeを開けなくなるため、アプリケーションのダウンロードやアップデートができなくなってしまいます。

この記事では、Windows10でMicrosoft Storeが開かない/起動しない時の原因と対処法を紹介します。エラーが発生して困っている場合は、参考にしてみてください。

Microsoft Storeが起動しない原因

Microsoft Storeが起動しない場合、主に次のような原因が考えられます。

  • PCがネットワーク環境に問題がある
  • Windowsの地域・タイムゾーンの設定に問題がある
  • Microsoft Storeのアプリにエラーや不具合が発生している
  • Microsoft Storeのサーバーに障害が起きている
  • Windowsのシステムファイルが破損している
  • アカウントのユーザープロファイルが破損している

上記のとおり、ネットワーク、Storeアプリ、Windowsのいずれかに原因があることが考えられます。

起動しない症状だけで原因を特定することはできないため、紹介する対処法を順番に試してみてください。

対処1: PCのインターネット接続を確認する

PCのインターネットの接続状況に問題があり、Microsoft Storeにアクセスできなくなっているケースが考えられます。

まずは、ブラウザなどを開いて正常にインターネットが利用できる状態か確認して下さい。

インターネットの接続が不安定の場合は、PCやネットワーク機器に一時的な問題が起きていることが考えられます。

一度PCとネットワーク機器の再起動を試してください。再起動をする具体的な機器は、次のとおりです。

  • PC
  • ONU(回線終端装置)、もしくはホームゲートウェイ
  • Wi-Fiルーター(無線接続の場合)
  • スイッチングハブ(ある場合)

インターネットへの接続に利用している機器は、一通り再起動することをおすすめします。

再起動が完了したらインターネットの接続を確認して、問題がなければMicrosoft Storeを起動してみて下さい。

インターネットの接続の問題が解決しない場合は、次のページも合わせて参考にして下さい。

対処2: Microsoft Storeのトラブルシューティングツールを実行する

Microsoft Storeのアプリケーションに一時的な問題が起きていることが考えられます。

Microsoft Storeのエラーは、トラブルシューティングツールを実行することで解決できる可能性があります。

そのため、次の手順でトラブルシューティングツールの実行を試してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」を選択します。
  4. 右ペインで「Windows ストア アプリ」をクリックします。
  5. 「トラブルシューティングを実行」をクリックします。
  6. トラブルシューティングが実行されます。完了したら結果を確認します。
    • 問題が検出された場合は修復を試みます。

MicrosoftStoreの問題が修復できた場合は、Microsoft Storeを再度起動して見て下さい。問題なく起動できれば修復完了です。

対処3: 地域とタイムゾーンの設定を合わせる

Windowsの地域設定やタイムゾーンの設定が合っていないことが原因でMicrosoft Storeが起動しないケースがあります。

そのため、以下の手順にしたがってWindowsの地域とタイムゾーンの設定が正しいか確認して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「時刻と言語」をクリックします。
  3. 左ペインから「日付と時刻」をクリックします。
  4. 右ペインで「時刻を自動的に設定する」のスイッチが「オン」になっていることを確認します。
  5. 右ペインでタイムゾーンを探し、プルダウンで「居住地のタイムゾーン」を選択します。
    • 日本であれば「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」を選択して下さい。
  6. 続いて左ペインで「地域」をクリックします。
  7. 右ペインにある「国と地域」のプルダウンから居住地を選択します。

正しい地域とタイムゾーンが設定できたら、再度Microsoft Storeが正常に起動できないか検証して下さい。正常に起動しない場合は次の対処に進みます。

対処4: プロキシの設定を無効化する

Windowsのネットワーク設定でプロキシが有効になっていると、Microsoft Storeにアクセスする際にエラーが発生することがあります。

プロキシーの設定を変更した覚えがある場合は、次の手順でプロキシーの設定を無効化して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 左ペインで「プロキシ」をクリックします。
  4. 手動プロキシセットアップの「プロキシサーバーを使う」のスイッチを「オフ」に変更します。
    • スイッチが「オフ」になっていた場合は変更する必要はありません。

プロキシが有効になっていた場合は、設定変更後に再度MicrosoftStoreを起動してエラーが出ないか確認して下さい。

対処5: Microsoft Storeのキャッシュをクリアする

Microsoft Storeのキャッシュデータに問題があり、起動時にエラーが発生したり、起動できないケースがあります。

そのため、キャッシュデータを一度リセットすることでMicrosoft Storeが正常に起動できる可能性があります。

次の手順でMicrosoft Storeのキャッシュのクリアを試してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. wsreset.exe」と入力してEnterを押します。
  4. Microsoft Storeのキャッシュクリアが実行されるのでしばらく待ちます。
    • プロセス実行中は何も表示されません。完了するまでしばらく待ちましょう。
  5. 完了するとMicrosoft Storeが自動的に起動します。

Microsoft Storeが正常に起動して、動作状況に問題がなければ様子を見て下さい。

キャッシュクリアが完了すると、Windows PowerShellが入力を受け付ける状態になります。この状態で、Microsoft Storeが自動起動しない場合は、次の対処に進んで下さい。

対処6: Microsoft Storeを再登録する

Microsoft Storeに原因不明の問題が起きている場合は、Storeアプリを再登録することで正常に起動できる可能性があります。

Microsoft Storeのアプリの再登録は、PowerShellを利用して次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    Get-AppXPackage *WindowsStore* -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
  4. 再登録のプロセスが実行されるので、完了するまで待ちます。
    • コマンドを実行するとPowerShellの上部に緑色のメッセージが表示されるため、消えるまで待ちましょう。
  5. プロセスが完了したらPCを再起動します。

PCを再起動したら、Microsoft Storeが正常に開けるようになったか確認して下さい。

対処7: Microsoft Storeインストールサービスの設定を確認する

操作ミスなどでMicrosoft Storeのインストールサービスが無効になっていると、Microsoft Store起動時にエラーが発生します。

そのため、Microsoft Storeインストールサービスの設定が有効になっているか確認して下さい。サービスの状態を確認するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、リストから「Windows管理ツール」→「サービス」の順にクリックして開きます。
  2. リストから「Microsoft Storeインストールサービス」を探してダブルクリックします。
  3. 「スタートアップの種類」を「手動」、もしくは「自動」に変更します。
    • スタートアップの種類が「無効」になっているとサービスを起動できません。
    • 設定内容に問題がない場合は、この操作を行う必要はありません。
  4. 「OK」をクリックして設定を保存します。
  5. PCを再起動して設定を反映します。

サービスが無効になっていた場合は、PC再起動後に再度Microsoft Storeが起動できないか確認して下さい。

対処8: Microsoft Storeをリセットする

ここまでの対処を試しても改善しない場合は、Microsoft Storeの設定データに不具合やエラーが起きているケースが考えられます。

ストアの設定データに問題がある場合は、リセットで正常に起動するようになることが多いです。設定をリセットする手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アプリ」をクリックして開きます。
  3. リストから「Microsoft Store」を探してクリックします。
  4. 青色のテキストで表示されている「詳細オプション」をクリックします。
  5. 下にスクロールして「リセット」をクリックします。
  6. 確認画面が表示されるので、再度「リセット」をクリックします。

リセットが完了したらMicrosoft Storeを起動し、正常に起動するかを確認して下さい。

また、リセットを行うとMicrosoft StoreでサインインしていたMicrosoftアカウントもサインアウトされるため、必要に応じてサインインを行って下さい。

対処9: Microsoft Storeのサーバー状況を確認する

Microsoft Storeに正常に接続できない場合、Microsoft Storeのサーバー側がダウンしているケースが稀にあります。

そのため、MicrosoftStoreのTwitter公式アカウントにアクセスして、障害情報が出ていないかを確認してみて下さい。

また、サーバーがダウンしていればTwitterで話題になっているケースも多いため、同様の症状を検索してみるのもおすすめです。

サーバダウンが原因になっている場合にユーザー側で行える対処法はなく、復旧を待つ必要があります。しばらく時間を置いてからアクセスしてみましょう。

サーバダウンが発生していない場合は次の対処方法に進んで下さい。

対処10: Windows Updateを適用して最新の状態にする

Windowsのシステムファイルに何らかの不具合があり、Microsoft Storeが正常に起動できないケースがあります。

Windowsの不具合やエラーは、Windows Updateで修正パッチが配布されていることがあります。

そのため、Windows Updateを適用してWindowsを最新の状態にして下さい。手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「Windows Update」を選択します。
  4. 右ペインにある「更新プログラムを確認する」をクリックします。
  5. 更新プログラムが見つかった場合はダウンロードしてインストールしましょう。
  6. 再起動を求められた場合はPCを再起動します。
  7. 再起動が終わったら更新完了です。

Windows Updateが完了したらMicrosoft Storeの動作状況を確認して下さい。Windowsに原因がある場合は、アップデートで改善することが多いです。

対処11: ユーザープロファイルを再作成する

Windowsにサインインしているアカウントのユーザープロファイル(設定データ)に問題があり、Microsoft Storeが起動しないケースがあります。

上記の問題が起きている場合、新規で作成した別のWindowsアカウントでサインインすると、Microsoft Storeが正常に起動できる可能性があります。

そのため、別のアカウントを作成してサインインし、Storeアプリが起動するか確認してみて下さい。具体的な手順は以下の通りです。

手順1: 管理者アカウントを新規で作成する

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アカウント」をクリックして開きます。
  3. 左ペインから「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 右ペインから「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択します。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  7. 「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  8. アカウントが作成されます。他のユーザーに表示される「新しく作成したアカウント」を選択して、「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  9. アカウントの種類を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。

以上で新しいユーザーアカウントの作成は完了です。

手順2: アカウントを切り替える

ユーザーアカウントが作成できたら、次の手順でアカウントを切り替えます。

  1. 「Windowsマーク」→「ユーザーアイコン」の順にクリックします。
  2. 「サインアウト」をクリックします。
  3. Windowsのサインイン画面の左下で「新しく作成したユーザー」を選択します。
  4. 「パスワード」を入力してサインインします。

サインインができたら、Microsoft Storeを起動できるか確認して下さい。

正常に起動できた場合は、ユーザープロファイルに問題があったと判断できます。古いアカウントのユーザープロファイルを修復することは難しいため、新しいアカウントに必要なデータを移行して下さい。

対処12: Windowsを再インストールする

ここまで紹介した対処法を全て試しても解決しない場合、Windowsのシステムファイルが破損していることが考えられます。

Microsoft Storeをどうしても必要な場合は、Windowsの再インストールを行うことを検討して下さい。

再インストールを行う際は、事前に必要なファイルをバックアップして下さい。Windows10の再インストールの手順については、次のページを確認してください。

関連ページ

Microsoft Storeのその他のトラブルは、次のページを参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)