アプリ起動時の「クラスが登録されていません」の原因と対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでアプリを起動しようとすると、「クラスが登録されていません」のエラーが発生して起動できない場合があります。

このエラーは、フォトやメール、エクスプローラーなどのWindows標準アプリで発生することが多いですが、Chromeなどのサードパーティ製のアプリでも発生することがあります。

本記事では、Windows10でアプリ起動時に「クラスが登録されていません」のエラーが出る時の原因と対処法について詳しく紹介します。

「クラスが登録されていません」エラーが発生する原因

アプリ起動時に「クラスが登録されていません」のエラーが発生する場合、主に次のような原因が考えられます。

  • アプリに一時的な問題が起きている
  • DCOMの構成に問題が起きている
  • ExplorerFrame.dllが破損している
  • アプリの関連付け設定に問題が起きている
  • アプリの設定や関連データが破損している
  • Windowsのシステムに不具合がある
  • システムファイルが破損している
  • システムドライブのファイルシステムが破損している

「クラスが登録されていません」のエラーは、発生するアプリだけでなく発生する原因も様々なため、エラーから原因を特定することが難しいです。

エラーを解決できる可能性の高い対処方法から紹介していくので、順番にエラーが解決できないか試していってください。

対処1: アプリケーションを強制終了して再起動する

アプリケーションに一時的な問題が発生したことが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが表示されることがあります。

そのため、エラーが発生したアプリケーションを強制終了して再起動し、エラーが修正されないか確認してください。

エラーメッセージに表示されているアプリケーションがExplorer.exeの場合は、次の手順でアプリケーションを再起動します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「プロセス」タブで、「エクスプローラー」をクリックして選択します。
    • 「プロセス」タブが表示されない場合は、左下の「詳細」をクリックしてください。
  3. 右下の「再開」をクリックします。
    • サードパーティのアプリケーションの場合は、「タスクの終了」をクリックしてからアプリケーションを再起動してください。

アプリケーションを強制終了して再起動できたら、エラーが解決したことを確認してください。

再起動しても解決しない場合やアプリケーションのプロセスが見つからない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: DCOM構成のエラーを修正する

「クラスが登録されていません」のエラーが発生する場合、DCOM構成にエラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、DCOM構成のエラーを修正することで「クラスが登録されていません」のエラーが解決する可能性があります。

DCOM構成のエラーは、コンポーネントサービスウィンドウから修正することができます。具体的には以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「dcomcnfg」と入力して「OK」をクリックします。
  3. コンポーネントサービスのウィンドウが起動したら、「コンポーネントサービス」→「コンピュータ」→「マイコンピュータ」の順にツリーを展開します。
  4. 中央ペインから「DCOMの構成」をダブルクリックします。
  5. DCOM構成の警告メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。
  6. DCOMアプリケーションの一覧が表示されたら、コンポーネントサービスウィンドウを閉じます。

以上の手順でDCOM構成エラーを修正できたら、PCを再起動してください。再起動後にアプリを起動してエラーが解決したことを確認してください。

対処3: ExplorerFrame.dllを再登録する

WindowsのシステムファイルであるExplorerFrame.dllに問題が起きていることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生しているケースが考えられます。

上記の問題がは、ExplorerFrame.dllを再登録することで解決できる可能性があります。ExplorerFrame.dllを再登録するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら、「はい」をクリックします。
  3. PowerShellのウィンドウが表示されたら、以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    regsvr32 ExplorerFrame.dll
  4. 実行完了したらWindows PowerShellを閉じます。

上記の手順でExplorerFrame.dllを再登録できたら、念の為PCを再起動してください。PCが再起動できたら、アプリケーションのエラーが解決したことを確認してください。

対処4: アプリの関連付けをリセットする

アプリケーションの関連付けの設定に問題が起きていることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生することがあります。

そのため、アプリケーションの関連付けをリセットしてエラーが解決しないか確認してみてください。

アプリケーションの関連付けをリセットするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 左ペインで「既定のアプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「Microsoftが推奨する既定値にリセットする」の「リセット」をクリックします。
  4. チェックマークが表示されたらリセット完了です。

アプリケーションの関連付けをリセットできたら、アプリケーションを起動してエラーが解決したか確認してください。エラーが解決した場合は、必要に応じてアプリの関連付けを再度設定してください。

対処5: InternetExplorer11の機能を無効化する

InternetExplorer11の機能が有効になっていることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生することがあります。

そのため、InternetExplorer11の機能を無効化してエラーが解決しないか試してみてください。

InternetExplorer11の機能を無効化するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Ctrl + Shift + Esc」キーを同時に押して、タスクマネージャーを起動します。
  2. タスクマネージャーが起動したら、「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。
  3. 「control」と入力して「OK」をクリックします。
  4. コントロールパネルが表示されたら、「プログラム」→「プログラムと機能」の順にクリックします。
    • プログラムが見つからない場合は、右上の表示方法を「カテゴリ」に変更してください。
  5. 左ペインで「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
  6. Windowsの機能の一覧が表示されます。「InternetExplorer11」のチェックをクリックして外します。
  7. 警告メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。
  8. 「OK」をクリックすると機能が無効化されます。
  9. 「必要な変更が完了しました」のウィンドウが表示されたら「今すぐ再起動」をクリックしてPCを再起動します。

以上の手順でIE11を無効化できたら、アプリケーションを開いてエラーが解決したことを確認してください。

対処6: Windowsを最新の状態にアップデートする

Windowsの不具合が原因でアプリケーションの起動時に「クラスが登録されていません」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、WindowsUpdateを実行して全ての更新プログラムを適用することで問題が解決する可能性があります。

WindowsUpdateを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

Windowsを最新の状態にできたら、アプリケーションを起動してエラーが解決したか確認してください。

対処7: エラーが発生するアプリを修復/リセットする

特定のアプリでのみに「クラスが登録されていません」エラーが発生する場合は、アプリの設定や関連データに問題があることが考えられます。

そのため、アプリの修復と設定のリセットを実行してエラーが解決できないか試してみてください。

アプリの修復と設定のリセットとを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. アプリと機能のウィンドウが開いたら、右ペインのアプリ一覧で「エラーが発生しているアプリ」を選択し、「詳細オプション」をクリックします。
    • 「詳細オプション」が表示されない場合は、次の対処方法に進んでください。
  3. 「修復」をクリックして実行します。チェックマークが表示されたら修復完了です。
    • 修復が表示されない場合は、次の手順に進んでください。
  4. 「リセット」をクリックして実行します。チェックマークが表示されたらリセット完了です。

アプリの修復とリセットが完了したら、アプリを再度起動してエラーが解決したか確認してください。

対処8: エラーが発生するアプリを再インストールする

アプリケーション自体が破損していることが原因で、特定のアプリで「クラスが登録されていません」エラーが発生することがあります。

アプリの修復とリセットでエラーが解決しない場合は、アプリの再インストールを試してみてください。

アプリを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で、「エラーが発生しているアプリ」を選択して「アンインストール」をクリックします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. ウィザードが表示された場合は、案内に従ってアンインストールを完了します。
  5. 「Windowsマーク」をクリックして、一覧から「Microsoft Store」を選択して起動します。
    • デスクトップアプリの場合は、アプリの公式ページからインストーラーをダウンロードしてインストールを行なってください。
  6. 右上の「検索」をクリックして「アプリ名」を入力します。
  7. 検索結果からアプリのページを開きます。
  8. 「入手」をクリックしてアプリを再インストールします。

アプリを再インストールできたら、アプリを起動してエラーが解決したことを確認してください。

対処9: システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行する

Windows10のシステムファイルが破損していることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生することがあります。

そのため、システムファイルの修復を試して、アプリのエラーが解決しないか確認してください。

システムファイルは、Windows10の標準機能で自動的に問題を検出して修復することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  3. システムファイルチェッカーのプロセスが完了したら、そのまま次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. ゲージが100%になったら修復完了です。

上記の手順でシステムファイルを修復できたら、エラーが発生していたアプリを起動して問題が解決したか確認してください。

対処10: Internet Explorer ETW Collector Serviceを開始する

Internet Explorer ETW Collector Serviceに問題が起きていることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生することが報告されています。

そのため、Internet Explorer ETW Collector Serviceを再起動、または手動で開始してエラーが解決しないか確認してみてください。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービス一覧から「Internet Explorer ETW Collector Service」を右クリックして「再起動」、または「開始」を選択します。

上記のサービスを再起動できたら、アプリを再起動してエラーが解決したか確認してください。

対処11: チェックディスクを実行する

WindowsがインストールされているHDD/SSDのファイルシステムが不良セクタによって破損していることが原因で、「クラスが登録されていません」のエラーが発生することが少なからず考えられます。

そのため、ここまでの対処方法でエラーが解決しない場合は、ファイルシステムの修復を試してみてください。

ファイルシステムを修復するには、以下の手順でチェックディスクを実行します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    chkdsk c: /f
  4. 再起動時にチェックするか問うメッセージが表示されたら「y」を入力してEnterを押します。
  5. Windows PowerShellを閉じてPCを再起動します。
  6. PCを再起動すると自動的にチェックディスクが実行され、「ドライブのスキャン及び修復中」というメッセージが表示されます。100%になると自動的にWindowsが起動するので、しばらく待ってください。

Windowsが正常に起動したらファイルシステムの修復は完了です。アプリを起動してエラーが発生しなくなったか確認してください。

補足: チェックディスクによってエラーが修正できた場合は、HDD/SSDの寿命も考えられます。HDD/SSDが古い場合は、交換するか新しいPCに買い換えることも検討してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)