「RPCサーバーを利用できません」のエラーが出る時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCで、特定のアプリケーションの起動時やWindowsのサインイン・シャットダウン時に「RPCサーバーを利用できません」というエラーが発生するケースがあります。

RPCサーバーのエラーは、通常ネットワーク経由で他のデバイスやコンピュータと通信ができない際に発生します。

今回は、Windows10で「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生する原因と対処法について詳しく紹介します。

「RPCサーバーを利用できません」エラーが発生する原因

「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生する主な原因としては、次のようなことが考えられます。

  • RPCサービスが起動していない
  • ファイアウォールが通信をブロックしている
  • ネットワークアダプターの機能の一部が無効になっている
  • DNSキャッシュ・IPアドレスに問題がある
  • バックグラウンドのアプリケーションに問題がある

アプリケーションの起動時にエラーが発生する場合は、ネットワーク関連に問題があることが考えられます。

また、サインインやシャットダウン時にエラーが発生する場合は、バックグラウンドのアプリケーションに問題があることが考えられます。

いずれの場合も、紹介する対処方法で解決できるケースが多いため、順に試してみてください。

対処1: RPCサービス動作状況を確認する

単純にRPCサービスが無効になっていることが原因で、「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、RPCサービスが実行される設定になっているか確認してください。RPCサービスの設定を確認するには、次に手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を起動します。
  2. 「services.msc」と入力してEnterキーを押します。
  3. 「サービス」が起動します。サービスの一覧から次のサービスをダブルクリックしてプロパティを開きます。
    • DCOM Server Process Launcher
    • Remote Procedure Call(RPC)
    • RPC Endpoint Manager
  4. それぞれのサービスで「状態」と「スタートアップの種類」が次のようになっているか確認してください。
    • 状態: 実行中
    • スタートアップの種類: 自動

サービスが正常に起動している状態であれば設定に問題はありません。別の原因が考えられるので、『対処3: ファイアウォールの設定を修正する』以降の対処方法を試してみてください。

サービスの状態が「停止」になっている場合や、スタートアップの種類が「無効」や「手動」になっている場合は、RPCサービスの設定に問題があります。

プロパティ上では設定を変更することができないため、次の『対処2: レジストリを編集する』の対処法を参考に設定を変更してください。

対処2: レジストリを編集してRPCサーバーを有効にする

RPCサービスが起動していない場合は、サービスを起動できるようにレジストリを編集する必要があります。

注意: レジストリの編集はWindowsの動作に影響するため、事前にバックアップを取ることをおすすめします。

次の手順で、レジストリエディタを起動してRPCサービスに関連するキーの値を変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力してEnterキーを押します。
  3. レジストリエディタが起動したら、左ペインのツリーを展開して次のレジストリキーにアクセスします。
    • コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RpcSs
    • コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DcomLaunch
    • コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RpcEptMapper
  4. RpcSs、DcomLaunch、RpcEptMapperのそれぞれのキーを選択して、右ペインで「Start」をダブルクリックします。
  5. 値のデータを「2」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してレジストリを反映します。

以上の設定でRPCサービスの起動が有効になります。再起動後に「RPCサーバーを利用できません」のエラーが解決したか確認してください。

対処3: ファイアウォールの許可設定を行う

ファイアウォールによってRPC関連の通信がブロックされていることが原因で、「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、セキュリティソフトの機能を無効にした状態で、RPCサーバーのエラーが発生するか確認してください。エラーが解決した場合は、セキュリティソフトに原因があると判断できます。

セキュリティソフトに原因があった場合は、ファイアウォールの許可設定でリモートアシスタントの通信を許可します。

Windows10標準のWindowsセキュリティの場合は、次の手順で設定することができます。

補足: サードパーティのセキュリティソフトを使用している場合は、メーカーのマニュアルを参考にして同様の設定を行なってください。
  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」をクリックします。
  4. 右ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。
  5. 「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。
  6. 右上の「設定の変更」をクリックします。
  7. 「リモートアシスタント」の左のチェックボックス、「プライベート」と「パブリック」のチェックボックスを「オン」に変更します。
    • 上記の設定だけでエラーが解決しない場合は、エラーが出るプログラムも同様に許可設定を行なってみてください。
  8. 「OK」を押して設定を保存します。

ファイアウォールの許可設定ができたら、セキュリティソフトを有効にしている状態で「RPCサーバーを利用できません」のエラーが出なくなったことを確認してください。

対処4: ネットワークアダプターの設定を修正する

ネットワークアダプターの設定で一部の機能が無効になっていることが原因で、「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、ネットワークアダプターの設定を確認して、問題がある場合は設定を変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 右ペインで「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 使用しているネットワークを右クリックして「プロパティ」を開きます。
    • ネットワークは、有線の場合は「イーサネット」、無線の場合は「Wi-Fi」を選択してください。
  4. 機能の一覧から次の項目にチェックが付いているか確認します。無効になっている場合は、チェックを付けてください。
    • Microsoftネットワーク用ファイルとプリンター共有
    • インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

ネットワークアダプターの設定を変更した場合は、再度アプリケーションを起動して「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生するか確認してください。

対処5: DNSキャッシュとIPアドレスを更新する

DNSキャッシュもしくはIPアドレスに問題があり、「RPCサーバーを利用できません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、DNSキャッシュとIPアドレスを更新することで問題が解決する可能性があります。DNSキャッシュとIPアドレスを更新するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 以下のコマンドを順番に入力してEnterキーで実行します。
    ipconfig /flushdns
    ipconfig /renew

以上で、DNSキャッシュとIPアドレスを更新することができます。更新ができたらPowerShellウィンドウを閉じて、エラーが解決したか確認してください。

対処6: 原因のアプリケーションの起動を停止する

一部のPCではWindowsにサインインしようとすると「RPCサーバーを利用できません」のエラーが出て、Windowsを起動できないケースがあります。

上記の現象が起きている場合は、バックグラウンドで動作しているアプリケーションが原因として考えられます。

そのため、PCをセーフモードで起動してから、原因となっているアプリケーションを起動しないように設定を変更してください。具体的には次の手順で操作します。

1. セーフモードで起動する

Windowsにサインインができない状態の場合は、まず回復環境からセーフモードで起動します。

  1. 『Windows回復環境』を起動します。
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」とクリックして進みます。
  3. 「再起動」ボタンをクリックします。パソコンの再起動が開始されるので、しばらく待ちます。
  4. 「スタートアップ設定」画面が表示されたら、キーボードの「5」、もしくはFunctionキーの「F5」を押して「セーフモードとネットワークを有効にする」を選択します。
  5. PCがセーフモードで起動します。

2. 原因のアプリケーションのスタートアップを無効にする

アプリケーションのスタートアップを無効にする

セーフモードで正常に起動できた場合は、バックグラウンドで動作していたアプリケーションが原因だったと判断できます。

セーフモードの状態のまま、次の手順で原因として疑われるアプリケーションのスタートアップを無効にしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「スタートアップ」タブを開きます。
  3. 「原因として疑われるアプリケーション」を右クリックして「無効化」を選択します。
    • 疑わしいアプリケーションは、一旦全て無効化することをおすすめします。
  4. PCを再起動してセーフモードを解除した状態でエラーが出ないか確認します。

通常起動でRPCサーバーのエラーが解決した場合は、無効化したアプリケーションのいずれかに原因があります。

再度「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブで、無効にしたアプリケーションを1つずつ有効に戻して、原因のアプリケーションを特定してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)