タスクマネージャーが起動しない/フリーズで動かない時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10でタスクマネージャーが起動しなかったり、起動後にフリーズして動かなくなってしまうケースがあります。

また、タスクマネージャー起動時に「タスクマネージャーは管理者によって無効にされています」などのエラーは表示されるケースもあります。

本記事では、Windows10でタスクマネージャーが起動しない場合やフリーズして動かない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: 他の起動方法を試す

Windows10のタスクマネージャーは、次の4つの方法で起動することができます。

そのため、別の起動方法でタスクマネージャーが起動できないか試してみてください。

  • 方法1: 「Ctrl + Shift + Esc」キーを同時押します。
  • 方法2: 「Ctrl + Alt + Delete」キーを同時押ししてから、「タスクマネージャー」を選択します。
  • 方法3: 「Windowsマーク」を右クリックして、「タスクマネージャー」を選択します。
  • 方法4: 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択して、「taskmgr」と入力して「OK」をクリックします。

他の起動方法でもタスクマネージャーが起動できない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: PCを再起動する

Windowsのシステム全体がフリーズしていることが原因で、タスクマネージャーが動作していないケースが考えられます。

そのため、PCを再起動してからタスクマネージャーが正常に起動しないか確認してください。

システム全体がフリーズして再起動できない場合は、次の方法で再起動を試してみてください。

  • 方法1: 「Alt + F4」キーを同時押しします。ダイアログで「再起動」を選択して「OK」をクリックします。
  • 方法2: 「Ctrl + Alt + Del」キーを同時押しします。右下の「電源マーク」→「再起動」を選択します。

マウス操作が効かない場合は、キーボードの矢印、Enter、Tabキーを使ってメニューを選択してください。

マウスもキーボードも反応しない状態の場合は、PCのアクセスランプが消えていることを確認してから「電源ボタン」を長押ししてスイッチ終了してください。

対処3: メンテナンスツールを実行する

Windowsのシステムメンテナンスツールを実行することで、タスクマネージャーの動作の問題を解決できる可能性があります。

システムメンテナンスツールを使って調査と修復を行うには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、アプリ一覧より「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を開きます。
  2. コントロールパネルウィンドウが開きます。「システムとセキュリティ」をクリックします。
    • 項目がない場合は、ウィンドウ右上にある「表示方法」の設定を「カテゴリ」に切り替えてください。
  3. 「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。
  4. 「メンテナンス(M)」をクリックします。クリックするとメニューが展開されます。
  5. 「自動メンテナンス」の項目の中にある「メンテナンスの開始」をクリックするとメンテナンスツールが起動します。
  6. 完了までしばらく時間が掛かります。「メンテナンスは進行中です」の表示が消えたらメンテナンス完了です。

メンテナンスが完了したら、再度タスクマネージャーの起動を試してみてください。

対処4: 別のアカウントを作成してサインインする

Windowsログインアカウントのユーザープロファイルが破損していることが原因で、タスクマネージャーが正常に起動しないケースがあります。

そのため、別のローカルユーザーアカウントを作成して、サインインした状態でタスクマネージャーが起動できないか確認してみてください。

別のローカルユーザーアカウントを作成してサインインするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開きます。「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 右ペインで「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択します。
  5. 下部の「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックして、さらに次のウィンドウの下部の「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  6. [ユーザー名、パスワード、パスワードのヒント]を入力してユーザーの作成を行います。
  7. ユーザーを作成したら[作成したユーザー名]をクリックし、「アカウントの種類を変更」をクリックします。
  8. 「アカウントの種類」を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。
  9. 「Windowsマーク」→「ユーザーアイコン」→「サインアウト」を選択します。
  10. サインイン画面の左下で「作成したアカウント」を選択してサインインします。

新しく作成したアカウントでサインインできたら、再度タスクマネージャーが起動するか確認してください。

他のユーザーでログインするとタスクマネージャーの問題が解決する場合は、新しいアカウントに個人データを移行してください。データの移行手順については、次のページを参考にしてください。

対処5: システムファイルチェッカーツールを実行する

システムファイルの破損が原因でタスクマネージャーが正常に動作しなくなることがあります。

そのため、システムファイルチェッカーツールを実行して、システムの修復を行ってみてください。システムファイルチェッカーの実行方法は、次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  3. コマンドを実行するとシステムファイルチェッカーツールが実行され、問題のあるレジストリが見つかれば自動修復されます。
  4. 「検証100%が完了しました」のメッセージが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  5. ウィンドウに表示されているゲージが100%になったら、修復処理は完了です。
  6. PCを再起動します。

PCを再起動できたら、再度タスクマネージャーが正常に起動して動作するか確認してください。

対処6: 起動中のサービスを停止する

セキュリティソフトを含むバックグラウンドで動作している特定のアプリケーションが、タスクマネージャーの動作に影響を及ぼすことがあります。

特にPCを再起動するとタスクマネージャーが正常に起動できるのに、時間が経つとフリーズするようになる場合は、バックグラウンドで動作しているサービルが原因として考えられます。

そのため、PCをセーフモードで起動した状態で、タスクマネージャーの問題が解決しないか確認してください。

1. セーフモードで起動する

セーフモードでパソコンを起動する方法については、次のぺージを参考にしてください。

セーフモードにすることでタスクマネージャーが正常に動作する場合は、バックグラウンドのアプリケーションやサービスが原因だと判断できます。

2. 不要なサービスを停止する

バックグラウンドのアプリケーションが原因であった場合は、起動しているサービスを順に停止して原因のサービスを特定します。

次の手順でサービスを順に停止して問題のサービスを見つけてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」タブを開いて、「Microsoftのサービスを全て隠す」にチェックを入れます。
  4. サードパーティのサービス一覧が表示されるので、「原因になりそうなサービス」のチェックを外します。
  5. 「OK」をクリックしてPCを再起動します。
    • タスクマネージャーの動作に影響を与えているサービスが見つかるまで操作を繰り返します。/li>

問題のあるサービスが特定できたら、そのままサービスを停止した状態にするか、サービスを開始しているアプリケーションのアンインストールを検討してください。

対処7: Windows Updateを実行する

Windowsのシステム自体に不具合があり、タスクマネージャーが正常に動作しないケースが考えられます。

そのため、Windows Updateを実行してWindows10を最新のバージョンにすることで不具合が修復され、問題が解決する可能性があります。

適用できるWindows Updateがあれば、アップデートを実行してください。Windows Updateを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「WindowsUpdate」を選択していることを確認します。
  4. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  5. 更新プログラムがあった場合は、「ダウンロード」もしくは「再起動」をクリックして適用してください。

WindowsUpdateが実行できた場合は、PC再起動後に再度タスクマネージャーの動作を確認してください。

対処8: タスクマネージャーの機能を有効にする

「タスクマネージャーは管理者によって無効にされています」というエラーメッセージが出る場合は、グループポリシーもしくはレジストリでタスクマネージャーの操作を制限されているケースが考えられます。

そのため、グループポリシーエディター、もしくはレジストリエディタでタスクマネージャーの設定を変更してください。

方法1: グループポリシーエディターで設定を変更する

グループポリシーエディターで設定を行うには次の手順で操作します。グループポリシーエディターの機能はWindows 10 Pro以上のエディションでしか使用できませんのでご注意ください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」の欄に「gpedit.msc」と入力してから「OK」をクリックしてグループポリシーエディターを起動します。
  3. グループポリシーエディターが開いたら、ウィンドウの左にあるツリーを使って「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「システム」→「Ctrl+Alt+Delオプション」を開きます。
  4. 「タスクマネージャーを削除する」の項目をダブルクリックします。
  5. ウィンドウ左上にある設定項目を確認し、もし有効になっているようであれば「未構成」または「無効」のどちらかに設定を変更します。
  6. 「適用」ボタンをクリックして設定を保存してからグループポリシーエディターを終了します。
  7. パソコンを再起動します。

グループポリシーエディターから設定できない場合は、レジストリエディターを使ってタスクマネージャーを有効にすることもできます。

方法2: レジストリエディターで設定を変更する

Windows10 Homeの場合は、グループポリシーエディターが使用できないため、レジストリエディタで設定を変更します。

レジストリエディタでタスクマネージャーの設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」に「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。この時、ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は「はい」を選択してください。
  3. レジストリエディターが起動したら、ウィンドウ左側にあるツリーを使って以下のフォルダまで辿ります。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies
  4. 「Policies」フォルダを展開し、「Policies」フォルダの下に「System」というフォルダがあるか確認します。
    • 「System」フォルダが既にある場合は、手順7までスキップしてください。
  5. 「System」フォルダがない場合は手動で作成します。「Policies」フォルダを右クリックし、「新規」→「キー」を選択します。
  6. 「Policies」フォルダの下に「新しいキー」が作成されたら、フォルダの名前を「System」に書き換えます。
    • フォルダの名前を変更せずに確定してしまった場合は、フォルダを右クリック→「名前の変更」を選択すると名前を再設定できます。
  7. 「System」フォルダをクリックして選択します。
  8. ウィンドウの右側のペインを確認し、「DisableTaskMgr」という項目があるか確認します。
    • 既に「DisableTaskMgr」がある場合は、手順11までスキップしてください。
  9. 「DisableTaskMgr」がない場合は作成します。右側ペインの空白部分を右クリックし、「新規」→「DWORD (32ビット)値」を選択します。
  10. 右側ペインに「新しい値」が作成されます。「新しい値」の名前を DisableTaskMgrに書き換えます。
  11. 「DisableTaskMgr」をダブルクリックします。
  12. 「DWORD (32ビット)値の編集」ウィンドウが表示されたら、「値のデータ」の数値を「0」に設定して「OK」をクリックします。
    • 既に「0」に設定されている場合は、そのまま何も変更せずに「OK」または「キャンセル」をクリックしてください。
  13. 設定が完了したらレジストリエディターを終了し、パソコンを再起動します。

対処9: ウイルススキャンを行う

ここまでの対処でタスクマネージャーが起動しない場合は、ウイルスやマルウェアが原因となっているケースが少なからず考えられます。

そのため、念のためセキュリティソフトを使ってウイルススキャンを行うことをおすすめします。

セキュリティソフトをインストールしていない場合は、Windows10標準のWindowsセキュリティでスキャンを行います。スキャンの具体的な手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」が開きます。「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 画面左のメニューの「Windowsセキュリティ」をクリックして開きます。
  4. 画面右の「Windowsセキュリティを開く」ボタンをクリックします。
  5. 「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  6. 「クイックスキャン」をクリックします。ボタンをクリックするとスキャンが実行されるので、完了までそのまましばらく待ちます。
    • 「クイックスキャン」は検出漏れが発生するケースもあるため、時間がある場合は全てのストレージをスキャンできる「フルスキャン」を選択して下さい。
  7. スキャンが完了したら結果を確認します。

ウイルスが発見された場合は、案内に従って削除を行なってください。削除ができたら再度タスクマネージャーの動作を確認します。

対処10: システムの復元を行う

WindowsUpdateなどでシステムに不具合があることが原因で、タスクマネージャーの動作に問題が起きるケースがあります。

そのため。システムの復元を実行して、Windowsをタスクマネージャーが正常に動作していた状態に戻すことで、タスクマネージャーの問題が解決する可能性があります。

システムの復元を実行する手順については、次のページで解説しているので合わせて参考にしてください。

注意: システムの復元を行うには、事前にシステムの復元ポイントを作成されている必要があります。

対処11: システムを初期化する

復元ポイントが作成されていない場合や、復元しても問題が解決しない場合は、システムに修復できない問題が起きていることが考えられます。

そのため、Windowsの初期化を検討してください。Windowsを初期化する方法については、次のページを参考にしてください。

パソコンの機種によっては特定の方法やツールを使って初期化するよう指示がある場合があります。

マニュアルやメーカーページに初期化の方法が記載されている場合は、メーカーの指示にしたがって初期化を行ってください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)