Windows10 – タスクマネージャーの12の開き方/起動方法【ショートカットも】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

タスクマネージャーは、CPUやメモリの使用状況を確認したり、起動中のアプリやサービスを管理する際に起動することが多いシステムアプリです。

Windows10では、タスクマネージャーを起動するための様々な方法が用意されています。本記事では、Windows10でタスクマネージャーを起動する方法について詳しく紹介します。

タスクマネージャーの基本的な開き方だけでなく、ショートカットキーやコマンドを使って起動する方法も含めて紹介します。

方法1: ショートカットキー(Ctrl + Shift + Esc)で開く

Windows10には、タスクマネージャーを起動するショートカットキーが存在します。

タスクマネージャーを起動するには、キーボードで「Ctrl + Shift + Esc(Escape)」を同時に入力します。

操作に慣れさえすれば、上記のショートカットキーの入力がタスクマネージャーを起動する最も早い方法になります。

方法2: Ctrl + Alt + Delete画面から開く

Ctrl + Alt + Deleteのショートカットキーで表示される画面からタスクマネージャーを起動することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. キーボードで「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に入力します。
  2. 画面が切り替わったら、「タスクマネージャー」をクリックします。
    • キーボード操作の場合は、矢印キーで項目を選択し、Enterキーで決定します。
  3. 画面が元に戻り、タスクマネージャーが起動します。

この方法は、Windowsにフリーズ等のトラブルが発生している場合でも、タスクマネージャーを起動できることがあります。

方法3: クイックアクセスメニュー(Win + X)から開く

Windowsのクイックアクセスメニューから、以下の手順でタスクマネージャーを簡単に起動することができます。

  1. キーボードで「Windows + X」キーを入力します。
    • タスクバーの「Windowsマーク」を右クリックすることでも同様の操作ができます。
  2. クイックアクセスメニューが表示されたら、「T」キーを入力するか、「タスクマネージャー」を選択して起動します。

方法4: タスクバーを右クリックして開く

タスクバーを右クリックして表示されるコンテキストメニューから、タスクマネージャーを起動することもできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. タスクバーのアイコンの無い場所を右クリックします。
  2. コンテキストメニューが表示されたら、「タスクマネージャー」を選択して起動します。

方法5: スタートメニューのアプリ一覧から開く

通常のアプリケーションと同様に、以下の手順でスタートメニューからタスクマネージャーを起動することもできます。

  1. 「Windowsマーク」をクリックしてスタートメニューを開きます。
  2. アプリ一覧から「Windowsシステムツール」をクリックして展開します。
  3. フォルダの中にある「タスクマネージャー」をクリックして起動します。

スタートメニューから起動はあまり早い方法ではありませんが、他の方法が使えない場合や他の起動方法を忘れてしまった時に役立つことがあります。

方法6: 検索ボックス(Win + S)から開く

検索ボックスを利用して、以下の手順でタスクマネージャーを簡単に開くこともできます。

  1. 「Windows + S」キーを入力するか、タスクバーの検索ボックスをクリックします。
  2. 検索ボックスに「taskmgr(またはタスクマネージャー)」と入力します。
  3. 検索結果に「タスクマネージャー」が表示されたら、Enterキーを押すか、項目をクリックして起動します。

方法7: ファイル名を指定して実行(Win + R)で開く

ファイル名を指定して実行ダイアログを使用して、タスクマネージャーを開くこともできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + R」キーを入力して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。
    • 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択することでも同様の操作ができます。
  2. 「名前」欄に「taskmgr」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。

方法8: エクスプローラーのアドレスバーから開く

エクスプローラーのアドレスバーを使用して、タスクマネージャーを起動することもできます。エクスプローラーから起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windows + E」キーを入力してエクスプローラーを起動します。
  2. エクスプローラー上部のアドレスバーの空欄部分(フォルダパスの最後尾と、右端の矢印の間)をクリックします。
    • 「Ctrl + L」のショートカットキーでも同じ操作ができます。
  3. アドレスバーに「taskmgr」と入力して、Enterキーを押します。

方法9: Windowsの設定から開く

Windowsの設定ウィンドウの検索機能を使って、以下の手順でタスクマネージャーを起動することもできます。

  1. 「Windows + I」キーを入力して「設定」ウィンドウを開きます。
  2. 設定ウィンドウ中央にある「設定の検索」に「タスクマネージャー」と入力します。
  3. 検索結果に「タスクマネージャーでシステムリソースの使用状況を表示」の項目が表示されたらクリックします。

方法10: PowerShell/コマンドプロンプトから開く

Windows PowerShellやコマンドプロンプトで、コマンドを実行してタスクマネージャーを起動することもできます。コマンドの実行手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + X」キーを入力するか、「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell」を選択します。
  2. PowerShellが起動したら、「taskmgr」と入力してEnterキーを押します。
    • 起動しない時はコマンドが正しく入力されていること、半角文字で入力されていることを確認してください。

コマンドが実行できるとタスクマネージャーが起動します。コマンドプロンプトの場合も同様のコマンドで起動することができます。

方法11: ショートカットを作成して開く

タスクマネージャーのショートカットを作成することで、任意のフォルダからショートカットをダブルクリックしてタスクマネージャーを起動できるようになります。

タスクマネージャーのショートカットを作成するには、以下の手順で操作してください。

  1. デスクトップの何もない場所を右クリックし、「新規作成」→「ショートカット」を選択します。
  2. 「項目の場所を入力してください」の欄に、「taskmgr.exe」と入力して「次へ」をクリックします。
  3. 「このショートカットの名前を入力してください」の欄に、「タスクマネージャー」と入力して「完了」をクリックします。

以上の手順で、デスクトップにタスクマネージャーのショートカットが作成されます。

必要に応じて任意のフォルダにショートカットを移動してください。ショートカットをダブルクリックすればタスクマネージャーが起動します。

また、作成したショートカットをキーボードのショートカットキーに割り当てることもできます。ショートカットキーを割り当てる場合は、以下の設定も行ってください。

  1. 「タスクマネージャーのショートカット」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. プロパティウィンドウが開いたら、「ショートカットキー」の入力欄をクリックします。
  3. 「Ctrl + Alt」に続く「割り当てたいショートカットキー」を入力します。
  4. ショートカットキーを設定できたら、「適用」→「OK」の順にクリックしてウィンドウを閉じます。

ショートカットキーの設定が完了したら、設定したショートカットキーを入力して、タスクマネージャーが起動することを確認してください。

方法12: 実行ファイル(taskmgr.exe)を直接起動する

システムフォルダ内のタスクマネージャーの実行ファイルを直接実行して起動することもできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + R」キーを入力して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。
  2. 名前に「%windir%\System32」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。
  3. 「System32」フォルダを開いたら、実行ファイル「taskmgr.exe」をダブルクリックします。

コメントを残す

*