Windows10でエクスプローラーを起動する12の方法/開き方【ショートカットも】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windowsではファイルやフォルダを操作・管理したり、プログラムを起動するためにエクスプローラーを頻繁に使用します。Windows10にはエクスプローラーを起動する様々な方法が用意されています。

本記事では、Windows10でエクスプローラーを起動する方法について詳しく紹介します。

基本的なエクスプローラーの開き方だけでなく、ショートカットキーやコマンドなどを組み合わせて素早く起動する方法も含めて紹介します。

方法1: タスクバーのアイコンをクリックして起動する

Windows10のタスクバーには、デフォルトでエクスプローラーのアイコンがピン留めされています。このアイコンをクリックすることでエクスプローラーを起動できます。

タスクバーにエクスプローラーのアイコンが表示されていない場合は、以下の手順でピン留めを行ってください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックしてスタートメニューを開きます。
  2. プログラム一覧から「Windows システムツール」をクリックして展開します。
  3. 「エクスプローラ」を右クリックします。
  4. 「その他」→「タスクバーにピン留めする」を選択します。

方法2: ショートカットキー(Win + E)を入力して起動する

Windows10にはエクスプローラを起動するためのショートカットキーが用意されています。

エクスプローラーをショートカットキーで起動するには、「Windows」キーを押しながら「E」キーを入力します。

ショートカットキーを入力することで素早くエクスプローラーを起動することができます。

方法3: スタートメニューから起動する

スタートメニューのプログラム一覧からエクスプローラーを起動することもできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」をクリックするか、「Windows」キーを押してスタートメニューを開きます。
  2. プログラム一覧をスクロールして「Windows システムツール」をクリックして展開します。
  3. 「エクスプローラー」をクリックして起動します。

方法4: クイックアクセスメニュー(Win + X)から起動する

Windows10のクイックアクセスメニューからエクスプローラーを素早く起動することもできます。起動手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + X」キーを入力して、クイックアクセスメニューを開きます。
    • 「Windowsマーク」を右クリックすることでも同様の操作ができます。
  2. 「E」キーを入力するか、「エクスプローラー」を選択して起動します。

方法5: 検索ボックス(Win + S)から起動する

Windows10の検索機能を使用してエクスプローラを起動することもできます。この方法で開く場合は、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windows + S」キーを入力して検索ボックスをアクティブにします。
    • 検索ボックスをクリックすることでも同様の操作ができます。
  2. 検索ボックスに「explorer」と入力します。
  3. 「最も一致する検索結果」に表示される「エクスプローラー」をクリックして起動します。

方法6: スタートメニューのサイドバーから起動する

Windowsの設定を変更することで、スタートメニューのサイドバーにエクスプローラーのアイコンを表示できます。

サイドバーにエクスプローラーのアイコンを表示するには、以下の手順で設定を行います。

  1. 「Windows + I」キーを入力するか、「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定ウィンドウが開いたら、「個人用設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「スタート」をクリックします。
  4. 右ペインで「スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ」をクリックします。
  5. 「エクスプローラー」のスイッチを「オン」に変更します。

以上の設定で、スタートメニューのサイドバーにエクスプローラーのアイコンが表示されます。アイコンをクリックするとエクスプローラーが起動します。

方法7: スタートメニューにピン留めして起動する

スタートメニューにエクスプローラーのタイルをピン留めして起動することもできます。スタートメニューにピン留めするには、以下の手順で設定してください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックしてスタートメニューを開きます。
  2. プログラム一覧をスクロールして「Windows システムツール」をクリックして展開します。
  3. 「エクスプローラー」を右クリックして、「スタートにピン留めする」をクリックします。

以上でスタートメニューにエクスプローラーをピン留めすることができます。ピン留めしたタイルをクリックするとエクスプローラーが起動します。

方法8: ショートカットを作成して起動する

エクスプローラーを起動するためのショートカットを作成して、クリックして起動することもできます。

エクスプローラーのショートカットを作成するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックしてスタートメニューを開きます。
  2. プログラム一覧をスクロールして「Windows システムツール」をクリックして展開します。
  3. 「エクスプローラー」をデスクトップの領域にドラッグ&ドロップします。
  4. デスクトップにエクスプローラーのショートカットが作成されます。

作成したショートカットをダブルクリックするとエクスプローラーが起動します。ショートカットは、デスクトップ以外のフォルダに移動して使用することもできます。

方法9: ファイル名を指定して実行(Win + R)から起動する

エクスプローラーは「ファイル名を指定して実行」から素早く起動することもできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + R」キーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
    • 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択しても同様の操作ができます。
  2. 「explorer」と入力してEnterキーを入力するか、「OK」をクリックします。

方法10: タスクマネージャーから起動する

タスクマネージャーを使って、以下の手順でエクスプローラーを起動することもできます。エクスプローラーがクラッシュしてタスクバーが操作できない場合でも、この方法でエクスプローラーを起動できることがあります。

  1. 「Ctrl + Shift + Esc」キーを入力して、タスクマネージャーを起動します。
    • 「Ctrl + Alt + Del」キーを入力して「タスクマネージャー」を選択、または「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択することでも同様の操作ができます。
  2. タスクマネージャーが起動したら、上部の「ファイル」→「新しいタスクの作成」をクリックします。
    • メニューが表示されない場合は、ウィンドウ左下の「詳細」をクリックしてください。
  3. 「explorer(またはexplorer.exe)」と入力して、「OK」をクリックします。

方法11: Windows PowerShellから起動する

Windows PowerShellやコマンドプロンプトからコマンドを実行してエクスプローラーを起動することもできます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windows + X」キーを入力するか、「Windowsマーク」を右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューが開いたら、「Windows PowerShell」を起動します。
    • 管理者権限が必要な場合は、「Windows PowerShell(管理者)」を選択してください。
  3. 「explorer」と入力して、Enterキーを押します。

上記のコマンドはコマンドプロンプトから実行することもできます。

方法12: システムフォルダから起動する

Windowsのシステムフォルダ内にある実行ファイルから直接エクスプローラーを起動することもできます。システムフォルダから起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. ダイアログが表示されたら、「%windir%」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「explorer.exe」をダブルクリックして開きます。

コメントを残す

*