Windows10でWMI Provider Hostが重い時の対処/停止【CPU使用率が高い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10を利用していると突然PCの動作が重くなり、状況を確認するとWMI Provider Host(WmiPrvSE.exe)のCPU使用率が高い場合があります。

WMI Provider HostのプロセスがCPUを占有していると、PC全体の動作が遅くなるため、プロセスの動作を停止したくなる場合があると思います。

この記事では、WMI Provder HostがCPUを占有して重い場合の対処法を紹介します。

WMI Provder Host(WmiPrvSE.exe)とは

WMI Provider Hostは、Windowsのシステム情報を管理するためのプログラムです。

Windowsの管理をするために使われているWMIが利用するプログラムの1つで、プロセスの実行やインストール済みのソフトウェアの管理を行うものといえます。

これが原因でPCの動作が重くなるときは、CPU使用率が異常に高くなっていることが多いでしょう。PCが突然重くなった場合はタスクマネージャを開き、WMI Provider HostのCPU使用率をチェックしてみてください。

停止はできる?

動作が重いときは一時的に停止しようと考えるかもしれません。結論から言うとWMI Provider Hostを停止することはできます。

ただし、WMI Provider Hostのプロセスは、Windowsの管理に用いられているため停止は推奨されていません。停止をするとWindowsの動作に問題が出る恐れがあります。

そのため、WMI Provider Hostが原因でPCの動作に支障が出る場合のみ停止するのがいいでしょう。

重い時の対処法

WMI Provider Hostが原因でPCの動作が重い場合は、単純な停止が非推奨のため、他の対処方法も検討する必要があります。

WMI Provider Hostの負担を改善できる対処法を停止方法も含めて紹介します。

対処1: PCをしばらく放置する

WMI Provider HostがCPUを占有している時間は数十分~1時間程度のことが多いです。

そのため、PCを早急に使用する必要がない場合はし、ばらくPCを放置するのがおすすめです。

しばらく放置したあとにタスクマネージャでCPU使用率を確認し、WMI Provider Hostが占有していなければ、普段どおりPCを利用できると思います。

対処2: WMI Provider Hostを再起動する

WMI Provider Hostのプロセスに一時的な問題が起きており、CPU使用率が高くなるケースがあります。

そのため、WMI Provider Hostのサービスを再起動することで動作が改善する可能性があります。

サービスを再起動するには、次の手順で操作してください。

  1. Windowsキーを押してメニューを開きます。
  2. プログラムリストから「Windows管理ツール」→「サービス」をクリックして開きます。
  3. 一覧から「Windows Management Instrumentation」を探して右クリック→「再起動」を選択します。
  4. 別のサービスの再起動の確認ダイアログが開くので「はい」をクリックします。

以上でWMI Provider Hostを再起動することができます。タスクマネージャーでWMI Provider HostのプロセスのCPU使用率が下がったか確認して下さい。

対処3: クリーンブートで問題があるプログラムを発見する

WMI Provider Hostが動作する場合、インストールしているプログラムによって呼び出されているケースも考えられます。

したがって、一度クリーンブートを実行して原因となっているプログラムを探すのがおすすめです。

クリーンブートの方法については以下のページを参考にしてください。

クリーンブートを行うと最小構成でWindowsを起動できるため、常駐ソフトが原因でWMI Provider Hostが動作している場合は動作が改善します。

クリーンブートで動作状況が改善し、常駐ソフトが原因になっていることが考えられる場合は、次の手順にしたがってどのアプリケーションに問題があるのかを判断しましょう。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」タブをクリックします。
  4. 「Microsoftのサービスを全て隠す」にチェックを入れます。
  5. 問題のありそうなサービスにチェックを入れて有効化します。
    • 問題のあるサービスを見つけるために、1つずつ有効化することをおすすめします。
  6. 「OK」をクリックし、PCを再起動します。
  7. 再起動が完了したらWMI Provider Hostの動作状況を確認します。
    • 問題のありそうなサービスが見つかるまで上記の手順を繰り返します。

特定のサービスを有効化した時にWMI Provider Hostの負担が大きく場合は、そのプログラムが原因であると判断できます。

不要なプログラムであれば無効化したままにするか、アンインストールを検討してください。

対処4: WMI Provider Hostを停止する

ここまでの対処方法を試してもCPU負担が改善しない場合は、WMI Provider Host自体を停止することもできます。

ただし、先にも触れたとおりWMI Provider HostはWindowsのサービスのため停止は非推奨です。他のプログラムの動作状況に支障が出る場合などは設定を元に戻して下さい。

WMI Provider Hostを停止する場合は以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックします。
  2. プログラムリストから「Windows管理ツール」→「サービス」をクリックして開きます。
  3. 一覧から「Windows Management Instrumentation」を探してダブルクリックします。
  4. 「スタートアップの種類」をクリックし、プルダウンから「無効」を選択します。
  5. 「OK」をクリックしてPCを再起動します。

以上の手順で、WMI Provider Hostを停止することができます。CPU使用状況が改善したか確認して下さい。

WMI Provider Hostを停止してWindowsの動作に問題が出た場合は、「スタートアップの種類」を「自動」に戻して下さい。

対処5: PC全体の動作を改善する

WMI Provider Hostだけが原因ではなく、PCのスペック不足やその他のプログラムが原因でPC全体の動作が重くなっているケースも考えられます。

特に5年以上前の古いPCを使っている場合は、PCの性能が単純に不足してることが考えられます。

新しいPCへの買い替えを検討するか、Windowsの動作を改善できないか確認して下さい。Windowsの動作を改善する方法は、次のページを参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)