Windows10 – PCがUSBフラッシュメモリを認識しない・使えない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

データを保管するためにUSBメモリを使っている人も多いかもしれません。しかし、USBメモリをPCのUSBポートに挿しても認識せずに使えないケースがあります。

また、「フォーマットしますか?」などの表示が出てしまい正常に使えないケースもあります。重要なデータを保管しているUSBメモリを認識しないと焦ってしまうかもしれません。

そこで、この記事ではWindows10のPCでUSBメモリを認識しない場合の対処法を紹介します。突然USBメモリが使えなくなったら、参考にしてください。

PCがUSBメモリを認識ないときに考えられる原因

  • WindowsOS、ドライバーに一時的な不具合が起きている
  • USBメモリ、USBポートが故障している
  • USBメモリに保管されているデータが破損している

USBメモリを挿しても認識されない原因は、主に上記の通りです。物理的な故障の場合もあればデータが破損している場合もあります。

続いて主な対処法を紹介するので、参考にしてください。

USBメモリを全く認識しない場合の対処法

最初にUSBメモリが全く認識しない場合の対処法を紹介します。USBを挿してもPCが反応しない場合はこちらを参考にしてください。

対処1: USBメモリを一度抜き差しする

一時的にPCがUSBメモリを認識しなくなっているだけということがあります。そのため、USBメモリが認識しない場合は一度抜き差ししてみてください。

USBポートの奥まで挿入できていない場合や、単純な接触不良が原因となっている場合はこれだけで認識するようになるでしょう。

対処2: 全てのUSBデバイスを再接続する

PCのマザーボードの電源が切ることで、全てのUSBデバイスの接続を切断して再接続することができます。

USBメモリの認識ができない場合は、次の手順でPCを再起動してUSBデバイスを再度接続してみましょう。

  1. Windowsをシャットダウンします。
  2. PCの電源のコンセントを抜いて数分放置します。
  3. PCの電源コンセントを再度接続します。
  4. PCの電源を入れます。

PCが起動したら、USBメモリが正しく認識できないか確認して下さい。

対処3: USBメモリを別のUSBポートに挿す

抜き差ししてもUSBメモリを認識しない場合、別のUSBポートにUSBメモリを挿してみてください。USBポートが故障していることによって認識していない場合は、これで認識するようになるでしょう。

マザーボードに直結しているUSBポートに挿してみる

抜き差しが簡単なので、PCケースの前面についているUSBポートにUSBメモリを挿している人も多いかもしれません。

しかしケース前面のUSBポートは、プラグイン式のケーブルでマザーボードに接続されているため、マザーボード側のコネクタの故障やケーブルの断線などのトラブルが発生することがあります。

したがって、これらのトラブルを防ぐためにも、チェックする際には背面にあるマザーボードに直結されているUSBポートに接続してください。

拡張カードに搭載されているUSBポートも、ソケットの故障などで認識されないことがあるので注意が必要です。

別のPCに挿してみるのも有効

使いたいUSBメモリを別のPCに挿してみるのも有効な対処法の1つです。

もし、USBメモリに問題がなくUSBポートやPC側に問題がある場合、別のPCに挿入すると正常に認識するでしょう。

別のPCで認識した場合はPCやUSBポートの故障、認識しなかった場合はUSBメモリの故障と判断できます。

対処4: ドライブレターの競合を修正する

ドライブレターが競合している場合は一方のドライブを認識しなくなるため、一度チェックする必要があります。

ドライブレターのチェック方法

  1. Win + Xを押す
  2. 表示されるメニューから「ディスクの管理」を選択してクリックする
  3. 表示されているデバイス一覧からUSBメモリを探す
  4. USBメモリのドライブレターが他のドライブと競合していないかをチェックする

上記の方法でドライブレターを確認できます。USBメモリが表示されていない場合は、そもそもPCで認識できていないので、ここまでの対処法を試している場合は故障と判断できるでしょう。

ドライブレターが同じ場合

USBメモリのドライブレターと他のドライブのドライブレターに同じ文字が使われている場合、エクスプローラでは表示されないのでドライブレターの修正が必要です。

  1. ディスクの管理画面で「USBメモリ」を右クリックします。
  2. 「ドライブレターをパスの変更」をクリックします。
  3. ドライブレターを選択して「変更」をクリックします。
  4. 新しいドライブレターを入力して「OK」をクリックします。
    • ドライブレターは他のドライブと被っていないアルファベットを入力します。

ドライブレターを変更する場合は、再度他のドライブと競合しないようにしっかりチェックしてから変更しましょう。

対処5: USBメモリのデバイスの有効/無効を切り替えてみる

USBメモリのデバイスをデバイスマネージャーから、有効化し直すことで認識できる可能性があります。

次の手順でUSBメモリのデバイスを無効→有効に切り替えてみましょう。

  1. 「スタート」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 一覧から「ディスクドライブ」のツリーを展開します。
  3. 「USBメモリのデバイス名」を右クリックして「デバイスを無効にする」を選択します。
    • デバイス名はメーカー名に加えて「USB Device」の表記があります。
    • 誤ってシステムドライブを無効にしないよう注意して下さい。
  4. 再度「USBメモリのデバイス名」を右クリックして「デバイスを有効にする」を選択します。

デバイスの再度有効化ができたら、USBメモリが正常に機能しないかエクスプローラを開いて確認します。

対処6: ドライバーを再インストールする

USBメモリ、もしくはUSBポートのドライバーに問題が起きおり、正常にデバイスが認識できないケースが考えられます。

次の手順でUSBメモリ、SBポートのドライバーを再インストールして、正常に認識ができるようにならないか試してみて下さい。

USBメモリのドライバーの再インストール手順

  1. 「スタート」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 一覧から「ディスクドライブ」のツリーを展開します。
  3. 「USBメモリのデバイス名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 「アンインストール」をクリックします。
  5. Windowsを再起動すると自動でドライバーが再インストールされます。

USBメモリのドライバーの再インストールで改善しない場合は、USBポートのドライバーも再インストールしてみて下さい。

USBポートのドライバーの再インストール手順

  1. 「スタート」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 一覧から「ユニバーサル シリアル パス コントローラー」のツリーを展開します。
  3. 「USB root Hub」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • 「USB root Hub」が複数ある場合は、一番上のデバイスを選択して下さい。
  4. 「アンインストール」をクリックします。
  5. Windowsを再起動してドライバーを再インストールします。

USBポートのドライバーに問題がある場合は、上記の手順で解決します。

「フォーマットしますか?」と表示される場合の対処法

単純に認識しないというトラブルだけでなく、USBメモリを挿すと「フォーマットが必要です。フォーマットしますか?」と表示されるトラブルもあります。この場合の対処法は以下の通りです。

対処1: PCを再起動する

一時的なエラーによってこのエラーが発生していることがあります。そのため、一度PCを再起動してみてください。

再起動後に正常に認識する場合は一時的なエラーの可能性が高いものの、USBが壊れかけていることもあるのでデータはしっかりバックアップしましょう。

対処2: チェックディスクを実行する

このエラーはUSBメモリ内のデータが破損しているために起こります。そのため、一度チェックディスクを実行してください。実行方法は次の通りです。

  1. 「スタート」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してエンターキーで実行します。
    chkdsk  /f
    • 例として、USBメモリのドライブレターがJの場合は「chkdsk J: /f」と入力します。
  3. 完了するまで待ちます。

チェックディスクが完了するとファイルシステムのエラーが修復されるので、USBメモリ内のデータが正常に読み込めるか確認してみてください。

USBメモリは突然トラブルが発生することが多いので、読み込めたら早めにバックアップし、以降も定期的にバックアップを取りましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)