「USBデバイスが認識されません」が連続する/繰り返す時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

USBメモリや外付けハードディスク等のUSBデバイスをPCに接続すると、「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生することがあります。

上記のエラーは一度だけでなく、デバイスを接続している間に連続で繰り返し発生するケースがあります。

いずれの場合もUSBデバイスをPCが正しく認識できなくなっているため対処が必要です。

今回は、Windows10で「USBデバイスが認識されません」のエラーが連続して繰り返す原因と対処方法について詳しく紹介します。

「USBデバイスが認識されません」エラーが繰り返し出る原因

USBデバイスを接続すると「USBデバイスが認識されません」のエラーが連続して発生する場合、主に次のような原因が考えられます。

  • USBポートの接触不良や故障
  • USBの電力供給不足
  • USBデバイス、ケーブルの物理的な故障
  • USBコントローラーのドライバーの不具合
  • USBデバイスドライバーの破損や不具合
  • 古いバージョンのBIOSの不具合
  • Windowsシステムファイルの破損

USBポートの問題や、USBの電力供給に問題が起きていることが原因で、エラーが繰り返し発生しているケースが多いです。

原因ごとの対処方法を紹介していくので、順にUSBデバイスの認識エラーが解決できないか試してみてください。

対処1: PCの別のUSBポートに直接接続する

別のUSBポートに直接接続する

デバイスを接続しているUSBポートに問題があったり、デバイスへの電力供給に問題起きていることが原因で、「USBデバイスが認識されません」のエラーが繰り返し発生しているケースがあります。

そのため、USBデバイスを別のUSBポートに挿し直してみてください。USBデバイスを再接続する際は、次の点に注意してください。

  • 確認1: 外部給電なしのUSBハブ経由でデバイスを接続している場合、PCのUSBポートに直接接続するようにしてください。
  • 確認2: バッテリーで稼働しているノートパソコンにUSBデバイスを接続している場合は、ノートパソコンを電源に接続してください。
  • 確認3: 不要なUSBデバイスを取り外した状態で再接続してください。
  • 確認4: PCケース前面や上面についているポートを使用している場合は、背面にあるマザーボード直結のUSBポートに挿し直してみてください。

別のUSBポートでエラーが発生しない場合は、接続していたUSBポートに問題があると判断できます。

別のUSBポートに接続しても同様にエラーが繰り返し発生する場合は、その他の原因が考えられるため、次の対処方法を試してください。

対処2: USBケーブルを交換する

USBケーブルを交換

デバイスとPCを接続するUSBケーブルが破損していることが原因で、「USBデバイスが認識されません」のエラーが連続して発生するケースがあります。

そのため、ケーブルが交換できるデバイスであれば、新しいケーブルへの交換を試してみてください。

ケーブル交換でエラーが直ればケーブルの故障と判断できます。エラーが解決しない場合は、次の対処方法へ進んでください。

対処3: 別のPCにUSBデバイスを接続する

USBデバイスを別のPCに接続できる場合は、接続を試して同様に「USBデバイスが認識されません」のエラーが繰り返し出るか確認してください。

別のPCでも同様にエラーが出る場合は、USBデバイス自体が故障していると判断できます。USBデバイスの交換を検討してください。

別のPCで認識する場合は、接続していたPC側に原因があるため、次の対処方法を試してください。

対処4: USBセレクティブサスペンドを無効にする

USBセレクティブサスペンドが有効になっていると、USBデバイスへの電源供給に問題が起きて「USBデバイスが認識されません」のエラーが繰り返し発生するケースがあります。

そのため、USBセレクティブサスペンドの機能を無効にしてエラーが解決しないか確認してください。機能を無効化する手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」をクリックして起動します。
  2. 右ペインの関連設定で「電源の追加設定」をクリックします。
  3. 右ペインの「選択されたプラン」を確認し、有効になっている電源プランの横にある「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 下部に表示されている「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「USB設定」のツリーを展開します。
  6. 「USBセレクティブサスペンド」をクリックします。
  7. 「有効」の文字が表示されている場合は、それをクリックしてプルダウンから「無効」を選択します。
    • 既に無効になっていた場合は、別の原因が考えられるため、他の対処法を試してください。
  8. 「OK」をクリックして設定完了です。

対処5: USBコントローラーのドライバーを再インストールする

インストールされているUSBコントローラーのドライバーに問題があり、USBポートの動作不良で「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、USBコントローラーのドライバーを全て再インストールして問題が解決しないか確認してみてください。

USBコントローラーのドライバーを再インストールするには、エラーの出るUSBデバイスを接続した状態で次の手順で操作しください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックして起動します。
  2. 上部メニューの「表示」→「非表示のデバイス」を選択します。
  3. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」のツリーを展開します。
  4. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」のツリー内に表示されている「デバイスドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
    • 上から順に全てのデバイスドライバーをアンインストールしてください。
  5. 警告ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  6. 全てのドライバーのアンインストールが完了したらPCを再起動します。

USBコントローラーのドライバーに問題が起きていた場合は、再起動後にエラーが解決します。エラーが改善しない場合は、次の対処方法を試してください。

対処6: USBデバイスのドライバーを再インストールする

USBデバイスのドライバーに問題が起きていることが原因でUSBデバイスが正しく認識できておらず、「USBデバイスが認識されません」のエラーが連続で発生するケースが考えられます。

USBデバイスのドライバーの問題としては、古いバージョンで不具合があったり、ドライバーが破損しているケースが考えられます。

そのため、USBデバイスのドライバーの再インストールを試すことで問題が解決する可能性があります。ドライバーを再インストールは次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックして起動します。
  2. 「ディスクドライブ」のツリーを展開して、「エラーが発生しているデバイスドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
    • 上記は、USBメモリや外付けHDDでエラーが出ている場合の手順です。その他のUSBデバイスの場合は、他のツリーを展開してUSBデバイスのドライバーを探してください。
  3. 警告ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. アンインストールが完了したらPCを再起動します。

上記の手順でPCの再起動が完了すると、USBデバイスのドライバーが自動的にインストールされます。再起動後にエラーが解決したか確認してください。

対処7: 高速スタートアップを無効にしてPCを再起動する

Windows10の高速スタートアップ機能が原因で、USBデバイスが正常に動作しておらず、「USBデバイスが認識されません」のエラーが繰り返し発生しているケースが考えられます。

そのため、次の手順で高速スタートアップを無効化してからPCを再起動してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 関連設定内にある「電源の追加設定」をクリックします。
  3. 左ペインから「電源ボタンの動作を設定する」をクリックします。
  4. シャットダウン設定内にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
    • 項目がグレーで変更できない場合は、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしてください。
  5. 「変更の保存」をクリックします。
  6. 完了したらPCを再起動します。

以上の設定で、次回のシャットダウン後の起動以降は高速スタートアップ機能が無効になります。

PCを再起動できたら、「USBデバイスが認識されません」のエラーが解決したか確認してください。

対処8: ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングツールを実行する

USBデバイスで発生している問題は、Windows10に実装されているハードウェアとデバイスのトラブルシューティングツールを実行することで解決できる可能性があります。

そのため、トラブルシューティングツールを実行して問題を修復できないか試してみてください。トラブルシューティングツールを実行する手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を起動します。
  2. 以下のディレクトリにアクセスします。
    C:\Windows\diagnostics\system\Device
  3. 「DiagPackage.diagpkg」をダブルクリックしてトラブルシューティングツールを起動します。
  4. トラブルシューティングツールが起動したら「次へ」をクリックして開始します。
  5. 問題が検出されたら「この修復を試みます」をクリックします。
  6. 修復が完了したらトラブルシューティングウィザードを閉じて完了です。

トラブルシューティングが完了したら、USBデバイスの「USBデバイスが認識されません」のエラーが解決したか確認してください。

対処9: エラー通知を無効にする

「USBデバイスが認識されません」のエラーの通知は、Windowsの設定で無効化することもできます。

そのため、応急処置としてエラー通知を無効にしたい場合は、次の手順でエラーの通知設定を変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「デバイス」をクリックします。
  3. 左ペインで「USB」をクリックします。
  4. 「USBデバイスへの接続に問題がある場合は通知する」のチェックを外します。

以上の設定で、「USBデバイスが認識されません」のエラーを非表示にすることができます。

ただし、エラーを非表示にしても根本的な問題は解決していないため、他の対処方法でエラーを解決できないか試してください。

対処10: BIOSをアップデートする

PCのBIOSに不具合があり、「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生しているケースが考えられます。

BIOSに不具合は、既知の問題であれば新しいバージョンにアップデートすることで修正することができます。

そのため、メーカーサイトにアクセスしてアップデート用のBIOSが配布されていないか確認してください。

新しいバージョンのBIOSが配布されている場合は、ダウンロードしてアップデートを実行してください。

BIOSのアップデート方法は、PCメーカーやマザーボードによって異なるため、メーカーのマニュアルを参考にしてください。

対処11: システムファイルチェッカーを実行する

ここまでの対処方法で解決しない場合は、Windowsのシステムファイルに問題が起きていることが原因で、「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生しているケースが考えられます。

特に複数のUSBデバイスで同様のエラーが発生するようになった場合は、システムファイルの修復を試してみてください。

システムファイルを修復するには、次の手順でシステムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして起動します。
  2. Windows PowerShellが起動したら以下のコマンドを実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. プロセスが完了したら、続いて以下のコマンドを実行します。
    sfc /scannow
  4. 「Windows リソース保護は、破損したファイルを検出し、正常に修復しました。」と表示された場合は修復完了です。

以上でシステムファイルを修復することができます。PCを再起動してUSBデバイスのエラーが解決したか確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)