Windows10 サービスホスト:ローカルシステム(svchost.exe)が重い時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

突然パソコンの動作が遅くなった際にタスクマネージャーを表示させると、「サービスホスト:ローカルシステム(svchost.exe)」がCPU/メモリ/ディスクの使用率が高い場合があります。

「サービスホスト:ローカルシステム」が複数実行されていて、CPU・メモリ・ディスクの使用率が100%になってしまうケースもあり、「ウイルスかも?」と心配になる方も多いと思います。

本記事では、Windows10の「サービスホスト:ローカルシステム」が原因でパソコンの動作が重い時の対処法を紹介します。

「サービスホスト:ローカルシステム」とは

Windows10における「サービスホスト:ローカルシステム」とは、Windowsのサービスを実行するためのプロセスのことです。

「サービスホスト:ローカルシステム」はWindowsのサービスや、ストレージ、通信関連の機器の機能なども一括管理しているプログラムです。

「サービスホスト:ローカルシステム」の動作状況は「タスクマネージャー」の「プロセス」タブから確認できます。タスクマネージャーの表示方法については、以下をご参照ください。

タスクマネージャーの「プロセス」タブでは「サービスホスト:ローカルシステム」、「詳細」タブではアプリ名「svchost.exe」が表示されます。

タスクマネージャー上に大量に出る原因

Windows10には様々なサービスが動作しており、複数が同時に動作しています。

複数の動作を同時に行っているため、タスクマネージャー上の「プロセス」タブで「サービスホスト:ローカルシステム」が複数表示されていても正常な状態です。

ただ、あまりにも多くの「svchost.exe」のプロセスが実行されていると、CPUやメモリの使用率が上がり、結果的にパソコンの動作が重くなります。

上記のような場合、Windowsのサービスが複数実行されていることが原因でPCの動作が重くなっている状態です。

「サービスホスト:ローカルシステム」が重い時の対処法

「サービスホスト:ローカルシステム」のCPU/メモリ/ディスクの占有率は、通常ある程度時間を置けば収まります。

ただし、あまりにも実行時間が長い、また早急に解決したいという場合は、次に紹介する対処法を試してみてください。

対処1: 「サービスホスト:ローカルシステム」を強制終了する

CPU/メモリ/ディスクの占有率が一向に下がらない場合は、「サービスホスト:ローカルシステム」を強制終了してみましょう。

「サービスホスト:ローカルシステム」は、タスクマネージャーから強制終了することができます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「プロセス」タブで「サービスホスト:ローカルシステム」を探します。
    • 「プロセス」タブが表示されない場合は、「詳細」をクリックして下さい。
  3. 「サービスホスト:ローカルシステム」を右クリックして「タスクの終了」を選択します。
  4. 確認画面が出るので「保存していないデータをすべて破棄してシャットダウン」にチェックを入れて「シャットダウン」をクリックします。

「サービスホスト:ローカルシステム」が終了できたら、CPU/メモリ/ディスクの使用率が落ち着くか確認して下さい。

対処2: SysMain(Superfetch)サービスを停止する

SysMain(Superfetch)サービスが有効になっていると、CPU/メモリ/ディスクの使用率が極端に上がってしまうケースがあります。

PCがSSDの場合は、SysMainサービスを無効化することで、「サービスホスト:ローカルシステム」の負担が改善する可能性があります。

SysMainサービスの停止方法については上記ページを参考にして下さい。

対処3: 不要なスタートアップを無効にする

Windows10のバックグラウンドで動作しているプログラムが原因で、「サービスホスト:ローカルシステム」のリソース負担が大きくなっていることが考えられます。

次の手順で、不要なプログラムのスタートアップを無効にしてみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 簡易表示の場合は「詳細」をクリックします。
  3. 「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. スタートアップに登録されているプログラムの一覧が表示されます。
  5. 状態が「有効」になっている[不要なプログラム]をすべて右クリックして「無効」を選択します。
    • 有効に戻すには、右クリック→「有効」を選択します。
  6. Windowsを再起動します。

再起動後に、「サービスホスト:ローカルシステム」のプロセスの負担が下がっていないか確認して下さい。

改善した場合は、スタートアップを1つずつ有効に戻して再起動を行い、原因になっているプログラムを特定して下さい。

対処4: ネットワークとの接続を一旦切る

「サービスホスト:ローカルシステム」は、Windows Updateの更新状況に大きく左右される傾向があります。アップデートが正常に終了していないと、ネットワークに繋がっている限り、アップデートを何回も実行しようとします。

そこでネットワークとの接続を一時的に切ることで、CPUやメモリの負荷が軽くなることもあります。特に急ぎで文書の作成や編集など、ネットワークに繋ぐ必要が無い作業を行いたい場合は、ネットワークとの接続を切ることをおすすめします。

ただ、これは一時的な措置なので、ネットワークに繋ぐと再び負荷がかかってしまいます。根本的に解決したい場合は、別の対処法を実行してください。

対処5: 「Background Intelligent Transfer Service」を無効にする

バックグラウンド インテリジェント転送サービスは、通信回線の使用していない帯域を利用してバックグラウンドでファイルをダウンロードするWindows機能です。

WindowsUpdateの更新プログラムのダウンロードにも使われている機能です。

「サービスホスト:ローカルシステム」の負担が高い場合は、この機能を一時的に無効にすることで改善する可能性があります。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「サービス」タブを開いて、一番下に表示される「サービス管理ツールを開く」をクリックします。
  3. 一覧から「Background Intelligent Transfer Service」を右クリックして「停止」を選択します。

サービスを停止できたら、「サービスホスト:ローカルシステム」の使用率が改善しないか確認して下さい。

対処6: 「Delivery Optimization」を無効にする

「Delivery Optimization」とは、MicrosoftストアやWindows Updateでダウンロードしたプログラムを、他のパソコンに配信するサービスのことです。しかし、個人でパソコンを使用している上では使用していないケースがほとんどです。

このサービスは「サービスホスト:ローカルシステム」と関係しているため、Delivery Optimizationを無効にすることで、パソコンの動作が改善される可能性があります。

Delivery Optimizationを無効にする手順は以下の通りです。

  1. デスクトップ画面下の検索バーに「サービス」を入力します。
  2. 検索結果から「サービス」を選択します。
  3. サービスの画面が開いたら「Delivery Optimization」をダブルクリックします。
  4. 「サービスの状態」の項目を「停止」にします。
  5. 「OK」をクリックします。

設定の変更後、タスクマネージャーを確認してみましょう。「サービスホスト:ローカルシステム」のCPUやメモリの稼働率が少なくなり、動作も回復していれば問題ありません。

対処7: Windows Updateを確認する

「サービスホスト:ローカルシステム」がCPUやメモリの使用率を上げている場合、まず原因として考えられるのが「Windows Update」です。

Windows Updateを実行するためにも「サービスホスト:ローカルシステム」の動作が必要になります。

アップデートが正常に終了していないと「サービスホスト:ローカルシステム」がずっと動作を続けることになります。

そのため、Windows Updateを実行して更新がある場合はアップデートを済ませて下さい。

アップデートが正常に終了したら、タスクマネージャーを表示して動作状況を確認してみましょう。CPUやメモリの使用率が下がった、またパソコンの動作も改善されていれば問題ありません。

WindowsUpdateが失敗する場合、正常にWindowsのアップデートが完了しないことが原因で「サービスホスト:ローカルシステム」の負担が高くなっていることが考えられます。

WindowsUpdateができない場合は、上記のページを合わせて参考にして下さい。

対処8: Windows Updateを一時的に停止させる

Windows Updateを一時的に停止することでも、「サービスホスト:ローカルシステム」によるPCリソースの使用率を下げれる可能性があります。

Windows Update停止させる方法は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 入力画面が表示されたら、「services.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」の画面が表示されたら、一覧から「Windows Update」を探す
  4. 「Windows Update」上で右クリックをして「停止」をクリックする

以上の操作でPCリソースの使用率が改善されれば大丈夫です。

ただし、PCを再起動すると「Windows Update」のサービスは起動するので、症状が繰り返す場合があります。

対処9: Windows Updateのサービス起動を手動にする

Windows UpdateのサービスはPC起動時に自動で起動しますが、手動起動に切り替えることもできます。

再起動する度に「サービスホスト:ローカルシステム」の使用率が高い水準になってしまう場合は、Windows Updateの手動起動にするのも一つの手です。

Windows Updateの自動起動を手動に切り替える手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 入力画面が表示されたら、「services.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」の画面が表示されたら、一覧から「Windows Update」を探します。
  4. 「Windows Update」で右クリックをして「プロパティ」を選択します。
  5. 表示された画面の中央辺りにある「スタートアップの種類」を「手動」に変更します。
  6. 「OK」をクリックします。
  7. パソコンを再起動して設定を反映します。

上記の設定変更で、WindowsUpdateが自動で実行されることがなくなります。

ただし、Windows10を更新するには、定期的にWindows Updateを起動し、手動で更新プログラムを確認する必要があります。

WindowsUpdateの停止方法については、次のページでも詳しく解説しています。

対処10: Windowsのファイアウォール設定をデフォルトに戻してみる

svchost.exeがCPUやメモリの使用率を上げているプロセスの中には、「Windows Defender Firewall」のサービスが含まれているために負荷がかかっていることがあります。

この場合、Windowsのファイアウォールの設定をデフォルトに戻すことで、「サービスホスト:ローカルシステム」のリソース使用率が下がる可能性もあります。

  1. 「Windowsメニュー」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」をクリックします。
  4. 右ペインで「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
  5. 「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。
  6. 「ファイアウォールを既定値に復元する」をクリックします。
  7. 「既定値に戻す」をクリックします。
  8. 設定変更後、パソコンを再起動します。

その後タスクマネージャーを開き、CPUやメモリの使用率が下がっていないか確認して下さい。

対処11: Windowsを古いバージョンに戻す

Windowsのアップデートを行ってから「サービスホスト:ローカルシステム」の動作が重い場合は、Windows10のOS自体に不具合があるケースも考えられます。

Windows10は、アップデートから10日以内であれば古いバージョンに戻すことができます。一旦Windowsを古いバージョンに戻して、「サービスホスト:ローカルシステム」の動作が改善しないか確認して下さい。

動作が改善した場合は、今後のアップデートで改善されるはずですので、さらに新しいWindowsの更新プログラムが提供されるまでアップデートを待ちましょう。

解決しない場合

ここまでの対処法で解決しない場合は、単純にパソコンの性能が低いことが原因として考えられます。パソコン自体の性能が低い場合、Windowsを快適に動作させるには限界があります。

また、今後のWindowsアップデートによって新しい機能が増えることで、「サービスホスト:ローカルシステム」によるリソースの負担がさらに増えることが予想されます。

もし古いモデルのパソコンを使用していて「サービスホスト:ローカルシステム」による負担が普段から高い場合は、パソコンの買い替えも検討しましょう。

Windowsの全体的な動作が遅い場合は、次のページも合わせて参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)