Delivery Optimizationが重い時の停止/無効方法【できない時の対処も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCの動作が重い際にタスクマネージャーを確認すると、「サービスホスト:Delivery Optimization」のCPUやディスクの使用率が高いケースがあります。

Delivery Optimizationのプロセスは、本来時間が経てばCPU使用率は落ち着きます。しかし、使用率が高いままでPCの動作に悪影響を与えるケースがあります。

今回は、Windows10で「Delivery Optimization」が重い時の停止や無効方法について紹介します。

Delivery Optimizationとは

Delivery Optimizationは、Windows10の標準機能である「配信の最適化」やMicrosoftストアで利用されるプロセスです。

この機能によって、Windows10の更新プログラムやMicrosoftストアのアプリのアップデートをネットワーク上の他のPCから取得することでき、アップデート処理が通常よりも高速化されます。

Delivery Optimizationは必要?停止できる?

Delivery Optimizationは、あくまでWindows10の更新処理を高速化する目的のプロセスのため、機能を無効にして停止することができます。

Delivery Optimizationはバックグラウンドで更新をダウンロードするため、突然プロセスによるCPUの使用率が上がるケースがあります。

プロセスによるCPUやディスクアクセスの使用率が高く、PCの動作に影響が出る場合は、機能の無効を検討してみて下さい。

プロセスが重い時の停止/無効方法

Delivery Optimizationのプロセスの負担が大きい場合は、次の方法で機能を停止、もしくは無効化することができます。

方法1: 「配信の最適化」機能を無効にする

Windows10の標準機能である「配信の最適化」によってDelivery Optimizationのプロセスが実行されます。

そのため、「配信の最適化」機能を無効化することでプロセスの実行を防ぐことができます。

「配信の最適化」機能を無効にするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「配信の最適化」をクリックします。
  4. 右ペインで「他のPCからダウンロードを許可する」のスイッチを「オフ」にします。
  5. 「詳細オプション」をクリックします。
  6. ダウンロード設定、アップロード設定の全てのオプションのチェックが外れていることを確認します。

「配信の最適化」機能を無効にできたら、Delivery Optimizationのプロセスの負担が収まったか確認して下さい。

改善しない場合は、次のMicrosoftStoreの自動アップデートの無効化を試して下さい。

方法2: MicrosoftStoreの「アプリの自動更新」を無効にする

Delivery Optimizationのプロセスは、MicrosoftStoreのアプリの自動アップデート機能によっても利用されます。

そのため、MicrosoftStoreの自動アップデートの設定を無効にすることでプロセスの実行を防ぐことができます。

MicrosoftStoreのアプリの自動更新を無効にするには、次の手順で操作して下さい。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、アプリの一覧から「Microsoft Store」をクリックします。
  2. 右上の「…(3点アイコン)」→「設定」の順にクリックします。
  3. 「アプリを自動更新」のチェックを「オフ」に変更します。

アプリの自動更新が無効に設定できたら、プロセスの負担が下がったか確認して下さい。

停止できない時の対処法

上記の停止方法を行っても、Delivery Optimizationのプロセスを停止することができないケースがあります。

設定変更がうまくできない場合やプロセスを停止できない場合は、次の対処方法を試して下さい。

対処1: Delivery Optimizationサービスを停止する

バックグラウンドで動作しているDelivery Optimizationサービスの起動を停止することで、プロセスの動作を無効にすることができます。

サービスの起動を停止するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 一覧から「Delivery Optimization」を探してダブルクリックします。
  4. 「スタートアップの種類」を「手動」、もしくは「無効」に変更して「OK」をクリックします。
  5. PCを再起動して設定を反映します。

対処2: Windowsとストアアプリを最新の状態にする

Windows10の更新プログラムやMicrosoftStoreのアプリのアップデートが保留になっていると、プロセスが動作するケースがあります。

そのため、WindowsUpdateとMicrosoftStoreのアップデートを確認して最新の状態にしてください。

Windows10とストアアプリをアップデートする方法については、次のページを参考にして下さい。

対処3: グループポリシーで無効化する

グループポリシーから「配信の最適化」の機能を無効にすることで、プロセスの実行を防ぐこともできます。

次の手順で、グループポリシーの変更を試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 左ペインのローカルコンピュータポリシーのツリーを次の順で展開します。
    コンピューターの構成 → 管理用テンプレート → Windowsコンポーネント → 配信の最適化
  4. 右ペインで「ダウンロードモード」のポリシーをダブルクリックします。
  5. 「未構成」を「有効」に変更してオプションのダウンロードモードで「バイパス(100)」を選択します。
  6. 「OK」をクリックしてPCを再起動します。

PCが再起動できたら、Delivery Optimizationのプロセスが動作していないことを確認して下さい。

対処4: レジストリで無効化する

ここまでの方法を試しても、Delivery Optimizationのプロセスを停止できない場合は、レジストリの変更を試して下さい。

ただし、レジストリの変更はWindowsの動作に影響が出る恐れがあるため慎重に行って下さい。

レジストリからDelivery Optimizationを無効にするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
    • ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 左ペインで次の順にツリーを展開します。
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeliveryOptimization\Config
    • アドレスバーにコピーして移動することもできます。
  4. 右ペインで「DODownloadMode」をダブルクリックします。
  5. 値のデータに「0」を入力して「OK」をクリックします。
    • 機能を再度有効化したい場合は「1」を入力して下さい。
  6. PCを再起動して設定を反映します。

PCが再起動できたらレジストリの設定が反映されます。Delivery Optimizationの動作を確認して下さい。

Windowsの全体的な動作が遅い場合は、次のページも合わせて参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)