Windows10でSysMainサービスの無効/有効方法【Superfetchがない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows Vista以降のWindowsに搭載されているSuperfetchサービス。PCの動作を改善してくれるサービスではありますが、PCの環境によっては、逆に動作を遅くしてしまうケースもあります。

現在のバージョンのWindows10では、「Superfetch」ではなく「SysMain」という名前のサービスに置き換わっています。

今回は、Windows10でSysMainサービスの無効/有効にする方法について紹介します。

SysMain(旧:Superfetch)サービスとは

SysMainサービスは、PCの空きメモリを有効活用してWindows上のアプリケーションの起動などの動作を迅速にするための機能です。

SysMainサービスは、従来のハードディスク向けにパソコンのパフォーマンスを改善するために設計されました。

使用しそうなアプリケーションをあらかじめ余計にメモリに読み込んでおくため、通常のハードディスクの環境下でもアプリケーションの起動速度などが速くなります。

SysMainサービスの必要性

パソコンのパフォーマンス改善のためのSysMainサービスですが、現在は必ずしも有効にしておく必要はありません。

理由としては、現在では読み込み速度の早いSSDが普及しており、SysMainサービスを利用する恩恵が少なくなってきているためです。

逆に機能が有効になっていると、PCの物理メモリを通常よりも多く使用するため、動作が遅くなるケースもあります。

SSD搭載のPCをお使いの場合は、機能の停止を試すとパフォーマンスが改善する場合があります。(*従来のハードディスクの場合は、有効を推奨します。)

SysMainサービスを停止/有効にする手順

Windows10でSysMainサービスの停止/有効を変更するには、次の手順で操作します。

*SysMainサービスの無効は、Microsoftが推奨している方法ではないので予めご了承下さい。

  1. スタートをクリックして「サービス」と入力て、検索候補に出てきた「サービス – アプリ」をクリックします。
  2. サービスの一覧の「名前」の項目をクリックしてサービスを並び替えます。
  3. 「SysMain」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
    • サービスを一時的に無効/有効にしたい場合は、右クリック→「停止/開始」を選択して下さい。以降の手順は不要です。
  4. スタートアップの種類を「無効/自動」に変更して「OK」をクリックします。
  5. Windowsを再起動します。

Windowsが再起動するとSysMainサービスが無効、もしくは有効になります。

サービスを無効にした場合は、念の為アプリケーションなどを操作して、動作に問題がないか確認しておくことをおすすめします。

Windowsやアプリケーションの動作がおかしい場合は、再度有効に戻しましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)