「Windows Update コンポーネントを修復する必要があります」が出た時の対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パソコンを使っていると「Windows Updateコンポーネントを修復する必要があります」と表示されアップデートができないケースがあります。

今回は、Windows10で「Windows Update コンポーネントを修復する必要があります」のメッセージが出た時の対処方法について解説します。

Windows Updateとは

Windows Updateはマイクロソフトから定期的に配信されるWindowsOSに対するパッチを適用するために利用されるサービスです。

セキュリティの観点から、インターネットに接続されたWindowsを利用するためには必ず定期的に実行しなければならないサービスです。

考えられる原因

Windows Updateのサービスにて「Windows Updateコンポーネントを修復する必要があります。」というメッセージが表示される原因としては、Windows Updateの処理実行中に何らかの問題が発生して正常に完了できなかったことが考えられます。

具体的には、次のような原因が考えられます。

  • Windows Updateの処理途中で強制的にWindowsをシャットダウンさせてしまった
  • Windows Updateの処理が重いために必要なプロセスを強制終了させてしまった
  • Windows Updateで利用するファイルが利用できない状態にある

「Windows Updateコンポーネントを修復する必要があります。」というメッセージが表示されてしまい利用できなくなってしまった場合、WindowsOSのセキュリティパッチを適用することが出来なくなってしまうため、必ずこの問題に対処しなければなりません。

以下からは本事象の原因と対処について記載していきます。

対処1:Windowsを再起動する

WindowsOSは長時間再起動せずに利用すると、メモリ上にゴミが蓄積してしまうことや、一時ファイルが大量に作成され意図しない動作をすることが稀に発生します。

この症状によって一時的にWindows Updateで使用するファイルが利用できなくなっているため「Windows Update コンポーネントを修復する必要があります」のメッセージが表示されていることが考えられます。

そのため、WindowsOSを再起動してメモリや一時ファイルをきれいな状態にします。Windows10の場合では標準で高速再起動の機能が有効になっています。

高速再起動ではメモリの状態を保存して再起動してしまうため、初期のきれいな状態に戻すことが出来ません。そのため、以下の手順を利用して高速再起動ではなく、完全な再起動を実施してください。

  1. Shiftキーを押下しながら再起動ボタンをクリックします。
  2. オプションの選択画面で「PCの電源を切る」をクリックします。
  3. 電源ボタンを押してパソコンの電源を投入します。

対処2:DISMコマンドを利用してWindows Updateコンポーネントを修復する

「Windows Update コンポーネントを修復する必要があります」のメッセージが表示された場合、メッセージの通りWindows Updateのコンポーネントの修復を試みます。

利用するのはWindowsOS標準のDISMコマンドです。これはWindowsOSのシステムファイルが破損していないかチェック・修復することが出来るコマンドです。

コマンドプロンプトより利用します。方法は以下のとおりです。

  1. 画面左下のスタートボタンをクリックします。
  2. Windowsシステムツールのコマンドプロンプトを右クリックします。
  3. 管理者として実行をクリックします。
  4. 以下のコマンドを入力してエンターキーを押下します。
    dism /online /cleanup-image /restorehealth
  5. 「操作は正常に完了しました。」のメッセージが表示されたら完了です。

この処理はパソコンのスペックによって、かなり時間がかかります。必ず最後まで完了させるようにしてください。途中で終了したりするとシステムファイルの破損につながるため注意してください。

対処3:Windows Update修復ツールを利用する

Windows Updateで問題が発生したときのために、マイクロソフトからWindows Updateの修復ツールが提供されています。

ツールは以下のURL(マイクロソフトのサイト)よりダウンロードすることができます。サービスの再起動など必要な処理を自動的に行なってくれる便利なツールです。

修復ツールの利用方法は以下のとおりです。

  1. 上記のツールをCドライブ直下に保存します。
  2. 画面左下のスタートボタンを右クリックします。
  3. Windows PowerShell(管理者)をクリックします。
  4. 「Set-ExecutionPolicy Unrestricted」と入力してエンターを押下します。
  5. 確認画面が表示されたら「Y」キーを入力してエンターを押下します。
  6. 「C:\ Reset-WindowsUpdate.ps1」と入力してエンターを押下します。
  7. 再起動を実施します。
  8. 画面左下のスタートボタンを右クリックします。
  9. Windows PowerShell(管理者)をクリックします。
  10. 「Set-ExecutionPolicy Default」と入力してエンターを押下します。
  11. 確認画面が表示されたら「Y」キーを入力してエンターを押下します。

対処4:Windowsを上書きインストールしてシステム部分を修復する

Windows10の場合、OSの上書きインストールを行うことで、OSシステム部分だけを再インストールすることが可能です。

OSイメージのダウンロードや大量なファイルをコピーすることから時間のかかる対処方法であるため時間に余裕があるときに実施してください。

Windowsの上書きインストールの手順は以下のマイクロソフトのサイトに記載されています。

上記サイト内の「このツールを使用して、「このPCをWindows10にアップグレードする」の手順に沿って対処してください。

また、注意としてWindows10では年に2回大規模な機能アップグレードが行われています。新たな機能の追加やインターフェースの変更などが発生します。

そのため、この作業を実施すると最新のWindows10の状態になるため、作業前の環境と異なる環境になることがあります。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)