Windows10でスタートアップに登録したアプリが起動しない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでスタートアップにアプリを登録すると、パソコンを起動した時に自動で登録したアプリが起動するようになりとても便利です。

しかし状況によっては正しい手順で登録したにも関わらず、正常にアプリが起動しないことがあります。

今回は、Windows10でスタートアップに登録したアプリが起動しない時の対処法について紹介します。

スタートアップへの登録手順をおさらい

Windows10のスタートアップに登録するには、スタートアップフォルダにアプリケーションのショートカットを登録する必要があります。

一度登録していても、再度スタートアップの登録をやり直すことで解決するケースもあります。

スタートアップへの登録手順について分からない方は、次のページを参考にして下さい。

登録ができているはずなのに、アプリが自動起動しない場合は、次の各対処法をお試し下さい。

スタートアップに登録したアプリが起動しない時の対処法

対処1: タスクマネージャからスタートアップに登録されているアプリを確認

タスクマネージャを開くとスタートアップに登録されているアプリを確認することができます。

まずはこのタスクマネージャから先程スタートアップに登録したアプリが正しく設定されているか確認してみましょう。

  1. スタートボタンを右クリックし、「タスクマネージャ」を選択します。
  2. タスクマネージャが起動したら「スタートアップ」タブをクリックして開きます。
  3. アプリ一覧のリストに自分が登録したアプリがあり、状態が「有効」になっていることを確認します。
    • 無効になっていればアプリ名を右クリックし、「有効化」を選択します。
  4. タスクマネージャを閉じ、パソコンを再起動します。

スタートアップ一覧に登録したはずのアプリが表示されていない場合は、アプリを再インストールしてから「スタートアップの登録方法をおさらい」の手順でスタートアップを再登録してください。

タスクマネージャ上にアプリが表示されており、状態も「有効」になっているにもかかわらずアプリが起動しない場合は、登録されている他のスタートアップアプリに原因があるかもしれません。

不要なアプリはスタートアップから外す、原因と思われるアプリがあれば再インストールなどを行ってアプリを修復する等の方法を試してみてください。

対処2: バッチファイルをスタートアップ登録する

アプリの起動ショートカットを登録してもうまくいかない場合、プログラムの起動ショートカットの代わりに、プログラムを起動するバッチファイルを登録することで問題を解決できる場合があります。

1.バッチファイルを作成する

まず、アプリを起動するバッチファイルを作成します。

  1. スタートアップに登録したいアプリのパスをコピーします。
    • アプリのパスがわからない場合は、「スタートアップの登録方法をおさらい」の方法を参考にアプリのショートカットを作成し、ショートカットの「プロパティ」から「リンク先」に設定されている文字列をコピーしてください。ここでコピーされる文字列がアプリのパスです。
  2. バッチファイルを作成します。プログラムフォルダやデスクトップなど、適当なフォルダを開きます(このフォルダにバッチファイルが保存されます)。そしてフォルダの空欄部分を右クリックし、「新規作成」→「テキストドキュメント」を選択します。
  3. 作成されたテキストファイルをダブルクリックしてテキストを開きます。そして、テキストファイルに次の文字列を入力します。
    @echo off
    #ここにアプリのパスを貼り付けます
    exit

    2 行目の文は実際のアプリのパス(アプリショートカットの「プロパティ」→「リンク先」と同じもの)に置き換えてください。1行目と3行目は上記の文字をそのまま入力します。
  4. テキストを編集したら「ファイル」→「上書き保存」を選択して変更を保存し、テキストファイルを閉じます。
  5. テキストファイルの名前を変更します。ファイル名を右クリックし、「名前の変更」を選択します。
  6. ファイル名が書き換えられるようになるので、既存の名前を削除し(「.txt」部分を含めてすべて削除します)、ファイル名を「startup.bat」に変更してからエンターキーを押します。
  7. 「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります」という確認メッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。

2.バッチファイルをスタートアップに登録する

バッチファイルを作成できたら、続いてスタートアップに登録します。

  1. バッチファイルのショートカットを作成します。バッチファイル名を右クリックし、「ショートカットの作成」を選択します。
  2. スタートアップフォルダを開きます。スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. テキスト入力欄に「shell:startup」と入力して「OK」をクリックします。
  4. 開かれたスタートアップフォルダに先程作成したバッチファイルのショートカットをドラッグアンドドロップまたはコピー・貼り付けで登録します。

スタートアップへバッチファイルが登録できたら、パソコンを再起動してアプリが起動するか確認します。

対処3: ユーザーアカウント制御のレベルを下げる

アプリによってはユーザーアカウント制御によって起動が阻止されてしまうことがあります。この場合、次の手順で制御のレベルを下げることで問題を解決できることがあります。

  1. 次のどちらかの手順で「コントロールパネル」を開きます。
    • タスクバーの「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧の「Windowsシステムツール」フォルダを開きます。するとフォルダの中に「コントロールパネル」の項目があるのでこれをクリックします。
    • またはタスクバーにある検索ボックスに「control panel」と入力すると検索結果からコントロールパネルを開くことができます。
  2. コントロールパネル画面が開いたら「ユーザーアカウント」をクリックします。
  3. 続いて「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックします。
  4. 「コンピュータに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択」と表示されます。画面中央のスライダーを下から2番目、または1番下のメモリに合わせて「OK」をクリックします。
  5. 変更の確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御のレベルを下げたら、パソコンを再起動してアプリが起動しないか確認しましょう。

制御レベルの下げすぎに注意

ユーザーアカウント制御のレベルを下げるとセキュリティが下がり、ウイルスなどの悪意あるプログラムの被害に遭う危険性が高くなります。

ユーザーアカウント制御レベルを下げてもスタートアップの問題が解決しない場合や、プログラムのスタートアップ登録がそこまで重要でなければ、制御レベルを上から2番目または1番上に戻しておくことをおすすめします。

解決しない時は

  • アプリによってはアプリの設定画面からスタートアップに登録できるものがあります。アプリ本体の設定画面やオプションも確認してみてください。
  • ログインするユーザーを確認してみてください。スタートアッププログラムはスタートアップを登録したユーザー本人でWindowsにログインした時のみ起動します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)