iPhone/iPadのアプリが開かない/起動しない時の対処法

iPhone/iPadにインストールしたアプリを起動しようとしても、全く反応がなく正常に起動しないケースがあります。

また、新規でインストールしたアプリだけでなく、今まで使用できていたアプリが突然エラーなどが発生して開かなくなるケースもあります。

本記事では、iPhone/iPadのアプリが開かない/起動しない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: アプリを強制終了する

起動しようとしているアプリに一時的な不具合が発生していることが原因で、アプリを正常に開けないケースが考えられます。

そのため、アプリを一度強制終了してから再起動することで問題が解決する可能性があります。アプリを強制終了するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneX以降: ホーム画面で画面下から上方向にスワイプして、「問題のあるアプリ」を上方向にスワイプして終了します。
  • iPhone8以前: 「ホームボタン」を2回タップして、「問題のあるアプリ」を上方向にスワイプして終了します。

アプリを強制終了できたら、ホーム画面でアプリアイコンをタップして起動できるか試してください。アプリを強制終了しても問題が解決しない場合は、次の対処に進んでください。

対処2: デバイスを再起動する

iPhone/iPadのシステムに一時的な不具合が発生して、アプリが正常に起動できないケースが考えられます。

そのため、iPhone/iPadを一度再起動することで問題が解決する可能性があります。デバイスを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン非搭載): 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン搭載): 「トップボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「トップボタン」を長押しして起動します。

デバイスを再起動できたら、問題が起きていたアプリを起動して正常に開けるようになったか確認してください。デバイスを再起動してもアプリを起動できない場合は、次の対処方法を試してください。

対処3: アプリを最新版にアップデートする

アプリのバージョンが古く不具合があることが原因で、アプリが正常に開けないケースが考えられます。

そのため、アプリを最新バージョンに更新することで、アプリを起動できない問題が解決する可能性があります。アプリを最新版に更新するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「App Store」アプリを開きます。
  2. 右上の「プロフィールアイコン」をタップします。
  3. アップデートがある場合は、「すべてのアップデート」をタップします。
    • 特定のアプリのみをアップデートする場合は、アプリの「アップデート」ボタンをタップしてください。

アプリを最新バージョンにアップデートできたら、アプリの起動を再度試してみてください。

対処4: スクリーンタイムのアプリ制限を解除する

iPhone/iPadのスクリーンタイムが有効になっている場合は、アプリの使用を制限していることが原因で、アプリが開けないケースが考えられます。

そのため、スクリーンタイムのアプリ制限を解除することで、問題が解決する可能性があります。スクリーンタイムのアプリの制限を解除するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「スクリーンタイム」をタップします。
    • スクリーンタイムをオンにする画面が表示される場合は、機能制限は設定されていないため確認は不要です。
  3. 「App使用時間の制限」をタップします。
  4. 「App使用時間の制限」のスイッチが「オン」になっている場合は「オフ」に切り替えます。
    • App使用時間の制限が設定されていない場合は、次の手順に進んでください。
  5. 左上の「戻る」をタップして前の画面に戻ります。
  6. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
    • スクリーンタイムのパスコードを設定している場合は、設定したパスコードを入力してください。
  7. 「許可されたApp」をタップします。
  8. アプリの一覧で「起動しないアプリ」のスイッチがオフになっている場合は、タップして「オン」に切り替えてください。

スクリーンタイムのアプリの制限を解除できたら、アプリが開けるか再度試してみてください。

対処5: ストレージの空き容量を確保する

iPhone/iPadのストレージの空き容量が不足していることが原因で、アプリが正常に起動できないケースが考えられます。

そのため、iPhone/iPadのストレージ使用量を確認して、空き容量が不足している場合は確保してください。iPhone/iPadのストレージ使用量を確認するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「iPhone/iPadストレージ」をタップします。
  4. 「使用済み」の項目で、ストレージの使用量と空き容量を確認します。
    • スクロールすると、ストレージの使用量の大きいアプリが順に表示されます。

ストレージの空き容量が不足(10%以下)している場合は、不要な写真・動画、アプリを削除して空き容量を確保してください。空き容量を確保できたら、アプリが正常に起動するようになったか確認してください。

対処6: アプリを削除して再インストールする

アプリの関連データ等に問題が起きていることが原因で、アプリが正常に起動できないケースが考えられます。

そのため、アプリを削除してから再度インストールすることで問題が解決する可能性があります。アプリを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面で「問題のあるアプリ」のアイコンを長押しします。
  2. メニューが表示されたら「Appを削除」をタップします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら「Appを削除」をタップします。
  4. 「AppStore」を開いて、「問題のあるアプリ」を検索して通常の手順でインストールします。

上記の手順でアプリを再インストールできたら、アプリが正常に起動するようになったか確認してください。

対処7: iOS/iPadOSを最新版にアップデートする

iPhone/iPadのシステムのバージョンが古くアプリとの互換性に問題があることが原因で、アプリが正常に起動しないケースが考えられます。

そのため、システムアップデートを実行して、システムを最新バージョンにアップデートすることで問題が解決する可能性があります。

iOS/iPadOSを最新版にアップデートするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかったら「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

システムアップデートを実行してシステムを最新の状態にできたら、アプリが正常に起動するようになったか確認してください。

対処8: iPhone/iPadのインターネット接続を確認する

アプリによってはインターネットに接続していないと起動できない場合があります。そのため、iPhone/iPadがインターネットに接続できているか確認してください。

iPhone/iPadのインターネット接続は、Safariなどのブラウザアプリを開いてWebページが表示できるか試すことで確認できます。

iPhone/iPadのインターネット接続に問題が起きている場合は、以下の方法を試してください。

  • 方法1: 機内モードを切り替える
    • 画面の右上端から下方向(FaceIDを搭載している場合は下端から上方向)にスワイプしてクイックメニューを表示し、「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えてから「オフ」に戻します。
  • 方法2: Wi-Fi/モバイルデータ接続を切り替える
    • 画面の右上端から下方向(FaceIDを搭載している場合は下端から上方向)にスワイプしてクイックメニューを表示し、「Wi-Fi」をタップして「オン/オフ」を切り替えます。
  • 方法3: ルーターを再起動する
    • インターネット接続に使用しているルーター、Wi-Fi接続用のルーターの電源を抜いて再接続します。

iPhone/iPadのインターネット接続の問題が解決できたら、アプリを起動して正常に開けるようになったか確認してください。

対処9: アプリの障害が発生していないか確認する

アプリの接続先のサービスサーバーに障害は発生していることが原因で、アプリが正常に起動しないケースが考えられます。

そのため、アプリのサービスに障害が発生していないか確認してください。サービスの障害は、アプリの公式ページやTwitterなどで確認できます。

アプリのサービスの障害が発生している場合は、ユーザー側で対処できないため運営側の復旧作業を待ってください。

対処10: iPhone/iPadの設定をリセットする

iPhone/iPadの設定に問題があることが原因で、正常にアプリを起動できないケースが考えられます。

そのため、ここまでの方法を試しても問題が解決しない場合は、iPhone/iPadの設定をリセットを試してみてください。

iPhone/iPadの設定をリセットするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「すべての設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「すべての設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

iPhone/iPadの設定をリセットできたら、アプリが正常に起動できるか確認してください。

対処11: 開発元に問い合わせる

全ての対処方法を試してもアプリが起動できない場合は、アプリ自体に不具合があることが考えられます。

そのため、アプリの開発元にアプリが起動できない問題について問い合わせてみてください。アプリの問い合わせを行うには、開発元の公式サイトにアクセスして問い合わせフォームやメールアドレスを探してください。

アプリの開発元の公式ページが不明な場合は、AppStoreのアプリページの「ディベロッパWebサイト」からアクセスできます。

コメントを残す

*