勝手にオンになる集中モードを無効にする対処方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
集中モードが勝手にオンになる・無効化できない

Windows10には、システムやアプリの通知を一時的に非表示にできる集中モードが実装されています。この機能は、アクションセンターや設定ウィンドウから簡単にオン/オフを切り替えることができます。

しかし、集中モードをオフにしても、意図しないタイミングで勝手に機能がオンになってしまい通知が表示されないケースがあります。

本記事では、Windows10で集中モードを無効化しても勝手に有効になる時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: 集中モードの自動規則を無効化する

集中モードの自動規則の設定

集中モードの自動規則が設定されていると、時間帯や特定の操作で集中モードのが自動的にオンに切り替わります。

そのため、集中モードが勝手にオンになる場合は、自動規則の設定を無効にしてみてください。

集中モードがオンにならないように自動規則の設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「集中モード」を選択します。
  4. 右ペインで、自動規則の以下のスイッチを「オフ」に変更します。
    • 次の時間帯
    • ディスプレイを複製しているとき
    • ゲームをプレイしているとき
    • アプリを全画面表示モードで使用しているとき

以上の手順で、集中モードの自動規則を無効化することができます。設定を変更できたら、集中モードが勝手に有効にならないか確認してください。

対処2: グループポリシーで集中モードを無効化する

グループポリシー 非通知モードをオフにする

グループポリシーの設定を変更して、集中モードを完全に無効化することができます。

そのため、自動規則を無効にしても集中モードが有効になる場合は、グループポリシー設定の変更を試してみてください。

ただし、グループポリシーの設定は、Windows10 Homeエディションでは変更できない点に注意してください。

グループポリシーの設定を変更して集中モードを無効化するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディタが起動したら、左ペインのツリーを以下の順番で展開します。
    • 「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「タスクバーと[スタート]メニュー」→「通知」
  4. 「通知」を選択した状態で、右ペインの一覧から「非通知モードをオフにする」をダブルクリックします。
  5. 「有効」オプションを選択して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動して、ポリシーを反映します。

上記の手順で集中モードを完全に無効化できます。ポリシー設定を変更できたら、集中モードが有効にならなくなったことを確認してください。

ポリシー設定を元に戻す際は、「非通知モードをオフにする」のポリシーで「未構成」オプションを選択してください、

対処3: Windows Updateを実行して更新プログラムをインストールする

WindowsUpdateを実行する

Windowsのシステムに不具合があることが原因で、集中モードの動作に問題が起きるケースが考えられます。

Windowsの不具合はWindows Update経由で修正されるため、新しい更新プログラムが提供されていないか確認してください。

Windows Updateを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. インストールが完了したら、Windowsが最新の状態になったことを確認します。

最新の更新プログラムがインストールできたら、集中モードが有効にならなくなったことを確認してください。

対処4: GeForce Experienceのオーバーレイ機能を無効化する

Geforce Experienceのオーバーレイ機能を無効

PCにNVIDIA製のグラフィックボードを搭載している場合は、オーバーレイ機能によって集中モードが勝手に有効になることがあります。

上記の問題は、GeForce Experienceの設定でオーバーレイ機能を無効化することで回避できます。

GeForce Experienceでオーバーレイ機能を無効にするには、以下の手順で操作してください。

  1. デスクトップの「GeForce Experience」のアイコンをダブルクリックして開きます。
    • アイコンが見つからない場合は、タスクバーの検索ボックスに「GeForce」と入力して、検索結果から「GeForce Experience」をクリックして起動してください。
  2. GeForce Experienceが起動したら、右上の「設定(ギアアイコン)」をクリックします。
  3. 左ペインで、「全般」をクリックします。
  4. 右ペインで、「ゲーム内のオーバーレイ」をスイッチを「オフ」に切り替えます。

以上の手順で、GeForce Experienceのオーバーレイ機能を無効化できます。設定を変更できたら、集中モードが勝手にオンにならなくなったか確認してください。

対処5: 日付と時刻の設定を修正する

日付と時刻を今すぐ同期

PCの日付と時刻に問題があることが原因で、意図しない時間帯に集中モードがオンになるケースがあります。

そのため、PCの日付と時刻を確認して、問題がある場合は修正してください。PCの日付と時刻は、タスクバー右側に表示されています。

日付と時刻に問題がある場合は、以下の手順で設定を修正してください。

  1. タスクバー右側に表示されている「日付と時刻」を右クリックして「日付と時刻の調整」を選択します。
  2. 右ペインで、「時刻を同期する」の「今すぐ同期」をクリックします。
  3. チェックマークが表示されたら、正しい日時に修正されたか確認します。
    • 正しい日時に修正されない場合は、続けて以下の手順で時刻を修正してください。
      1. 「日付と時刻」のウィンドウで、「時刻を自動的に設定する」と「タイムゾーンを自動的に設定する」のスイッチを「オフ」に変更します。
      2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
      3. 「timedate.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
      4. 「インターネット時刻」タブを開いて、「設定の変更」をクリックします。
      5. 「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを入れます。
      6. 「サーバー」に「ntp.nict.jp」と入力して、「今すぐ更新」をクリックします。
        インターネット時刻サーバーと同期・今すぐ更新
      7. 「OK」をクリックして、設定ウィンドウを閉じます。

上記の手順で日付と時刻の設定を修正できたら、集中モードがオンになる問題が解決したか確認してください。

コメントを残す

*