Outlookのデスクトップ通知が表示されない時の対処法 – Windows 10/11

Microsoft OfficeのOutlookでは、メールアカウントの新着メールを受信するとデスクトップ通知が表示されます。

しかし、Outlookのデスクトップ通知が全く表示されなかったり、普段は表示されていても突然表示されなくなることがあります。

本記事では、Windows10/11でOutlookのデスクトップ通知が表示されない/届かない時の対処法について詳しく紹介します。Outlookは2019/2016/2013を想定しています。

対処1: Outlookを起動した状態にする

Outlookのデスクトップ通知は、Outlookのアプリケーションが起動した状態でないと表示されません。

Outlookはウィンドウ右上の「×」アイコンをクリックすると終了してしまうため、バックグラウンドで通知を受け取るには「-」アイコンをクリックして最小化しておく必要があります。

そのため、Outlookを誤って終了していないか確認してください。Outlookが終了している場合は、起動した状態でデスクトップ通知が表示されるか確認してください。

また、PC起動時にOutlookを自動的に起動して通知を受け取れる状態にしたい場合は、以下の設定を行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前に「shell:startup」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「スタートアップ」フォルダが開いたら、「Windowsマーク」をクリックします。
  4. アプリの一覧で「Outlook」を探して、「スタートアップ」フォルダにアイコンをドラッグします。
  5. 「スタートアップ」フォルダに「Outlookのショートカット」が作成されたことを確認します。

以上の手順で、PC起動時にOutlookが自動で起動するようになります。

対処2: Outlookのデスクトップ通知をオンにする

Outlookの設定でデスクトップ通知がオフになっていることが原因で、デスクトップ通知が表示されないケースが考えられます。

設定変更などで誤って通知をオフにしている場合があるため、Outlookの通知設定を確認してみてください。Outlookの通知設定をオンにするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Outlook」を起動します。
  2. 「ファイル」タブをクリックします。
  3. 「その他」→「オプション」をクリックします。
  4. 左ペインから「メール」を選択します。
  5. 「メッセージ受信」内にある「デスクトップ通知を表示する」にチェックを入れます。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

以上の手順で、Outlookの通知設定をオンにできます。通知をオンにできたら、テストメールなどを送信して正常にデスクトップ通知が表示されるようになったか確認してください。

Outlookの通知をオンにしてもデスクトップ通知が表示されない場合は、別の原因が考えられるので次の対処法に進んでください。

対処3: Windowsのデスクトップ通知をオンにする

Outlookの通知設定がオンになっていても、Windowsの設定でデスクトップ通知が許可されていないと通知が表示されません。

そのため、Windowsの通知設定を確認して、デスクトップ通知が許可されていない場合は許可してください。Windowsの通知設定をオンにするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 「通知とアクション」を選択します。
  4. 「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」のスイッチを「オン」に切り替えます。
    • Windows11の場合は、「通知」のスイッチを「オン」に切り替えてください。
  5. 「送信元ごとの通知の受信設定」のアプリ一覧で、「Outlook」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  6. アプリ一覧で「Outlook」の項目をクリックします。
  7. 以下のオプションを「オン」に切り替えます。
    • 通知バナーの表示
    • アクションセンターに通知を表示する
    • 通知が届いたら音を鳴らす

以上の手順で、Windowsのデスクトップ通知をオンにすることができます。設定を変更できたら、Outlookのデスクトップ通知が表示されるようになったか確認してください。

対処4: PCを再起動する

OutlookとWindowsの通知設定をオンにしてもデスクトップ通知が表示されない場合は、システムまたはOutlookに一時的な不具合が発生していることが考えられます。

システムの一時的な不具合であれば、再起動を行えば解決することが多いです。そのため、突然デスクトップ通知が表示されなくなった場合は、PCを一度再起動して問題が解決しないか確認してみてください。

PCを再起動するには、「Windowsマーク」→「電源アイコン」→「再起動」の順にクリックしてください。PCの再起動が完了したら、Outlook関連の通知が正常に表示されるようになったか確認してください。

対処5: 仕分けルールの通知設定をオンにする

Outlookの仕分けルールと通知の設定に問題があることが原因で、デスクトップ通知が正常に表示されないケースが考えられます。

そのため、Outlookに登録されている仕分けルールを確認して、通知設定を修正することで問題が解決する可能性があります。仕分けルールを確認して通知ルールを変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. Outlookを起動します。
  2. 「ファイル」タブをクリックします。
  3. 右ペインのアカウント情報で「仕分けルールと通知の管理」を選択します。
  4. 「電子メールの仕分けルール」タブを開きます。
  5. 仕分けルールの一覧で、「登録されいるルール名」をクリックして開きます。
    • 一覧にルールがない場合は、ルールが設定されていないため別の対処方法を試してください。
  6. 自動仕分けウィザードの「条件を指定してください」のダイアログが表示されたら、「次へ」をクリックします。
  7. 「メッセージに対する処理を選択してください」のダイアログが表示されたら、以下の2つの処理にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
    • 「新着アイテム通知ウィンドウに通知メッセージを表示する」
    • 「デスクトップ通知を表示する」
    • 「音を鳴らす」
  8. 「完了」をクリックして設定を保存します。
  9. 複数のルールがある場合は、全てのルールに同じ通知設定を行います。

仕分けルールの設定で通知をオンにできたら、テストメールを送ってOutlookのデスクトップ通知が表示されるようになったか確認してください。

対処6: 集中モードをオフにする

Windowsの全ての通知をオフにする集中モードがオンになっていることが原因で、Outlookのデスクトップ通知が表示されないケースが考えられます。

そのため、集中モードがオンになっている場合は、オフにした状態でOutlookのデスクトップ通知が表示されないか確認してください。集中モードをオフにするには、以下の手順で操作してください。

  1. タスクバー右側の「アクションセンター(吹き出し)アイコン」をクリックします。
    • Windows11の場合は、「インターネット・サウンド・電源アイコン」をクリックしてください。
  2. 「集中モードのパネル」をクリックして「オフ」に切り替えます。

以上の手順で、集中モードをオフにすることができます。設定を変更できたら、Outlookのデスクトップ通知が表示されるようになったか確認してください。

ただし、上記の手順で集中モードをオフにしても、特定の時間帯や操作によって自動的にオンになる場合があります。

集中モードが勝手にオンになってOutlookのデスクトップ通知が表示されない場合は、集中モード時でもOutlookの通知を許可する設定を行ってください。集中モード時でもOutlookの通知を許可するには、以下の手順で設定を行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 「集中モード」をクリックします。
  4. 右ペインの「重要な通知の一覧をカスタマイズする」をクリックします。
  5. アプリの項目で「アプリを追加する」をクリックします。
  6. 一覧から「Outlook」を選択して追加します。

以上の設定で、集中モードになってもOutlookのデスクトップ通知が表示されるようになります。

対処7: バッテリー節約機能をオフにする

Windowsのバッテリー節約機能がオンになっていることが原因で、アプリの通知が制限されてOutlookのデスクトップ通知が表示されないケースが考えられます。

そのため、バッテリー節約機能がオンになっている場合は、オフにして通知が表示されないか確認してください。バッテリー節約機能をオフにするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 「バッテリー」をクリックします。
  4. 「バッテリー節約機能」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

バッテリー節約機能をオフにできたら、Outlookのデスクトップ通知が表示されるようになったか確認してください。

対処8: Outlookを最新版にアップデートする

Outlookのバージョンが古く不具合があることが原因で、デスクトップ通知が正常に表示されないケースが考えられます。

そのため、Outlookの最新の更新プログラムをインストールして、問題が解決しないか確認してください。Outlookを最新にアップデートするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Outlook」を起動します。
  2. 「ファイル」タブをクリックします。
  3. 左ペインから「Officeアカウント」を選択します。
  4. 「更新オプション」→「今すぐ更新」の順にクリックします。
  5. アップデートファイルが見つかると自動でダウンロードとインストールが開始します。

Outlookを最新版にアップデートできたら、デスクトップ通知が正常に表示されるようになったか確認してください。

対処9: Web版Outlook.comを使用する

ここまでの対処方法を行ってもOutlookのデスクトップ通知が表示されない場合は、Web版のOutlook.comを使用することを検討してください。

Web版のOutlook.comでも、設定を行えばデスクトップ通知を表示することができます。Outlook.comのデスクトップ通知をオンにするには、以下の手順で操作します。

  1. 『Outlook.com』にアクセスしてアカウントにサインインします。
  2. 右上の「ギアアイコン」をクリックします。
  3. 「デスクトップ通知」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  4. 通知の許可ダイアログが表示されたら「許可」をクリックします。
    • ダイアログが表示されない場合は、アドレスバー右側の「通知(ベル)アイコン」をクリックしてください。
  5. Outlook.comのメールアカウントの設定を行っていない場合は、「ギアアイコン」→「オプション」→「メールアカウント」→「メールアカウントの追加」から設定を行ってください。

以上の手順で、Outlook.comのデスクトップ通知をオンにすることができます。設定が完了したら、Outlook.comのページから新着メールの通知が受け取れるようになったか確認してください。

コメントを残す

*