古いAndroidスマホ・タブレットのバージョンアップができない原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

古いAndroidのスマホやタブレットがアップデートがあるはずなのにアップデートの通知が届かなかったり、システムの更新情報を調べても「最新です」と表示されてしまったりすることがあります。

古いバージョンのAndroidは、セキュリティ的に脆弱になるだけでなく、アプリが使用できなくなるケースもあります。

本記事では、Androidスマホ・タブレットのバージョンアップができない原因と対処法について紹介します。

対処1: しばらく待ってみる

Androidのアップデートの提供開始時期は、メーカーが判断するため機種により異なります。

GoogleからAndroidのアップデートが発表されたばかりであれば、数日だけ待ってみてください。

対処2: Androidを再起動する

Androidの電源を完全に切ってからもう1度電源を入れ直します。

Androidを再起動できたら、再度ソフトウェアアップデートを行ってみましょう。

対処3: Wi-Fiに接続する


Androidのインターネットの接続が不安定だとアップデートに失敗しやすくなります。

一般的にモバイル回線よりもWi-Fiを使った方が通信が高速で安定しやすいので、可能であればAndroidをWi-Fiに接続した状態でアップデートを行ってください。

対処4: ストレージ空き容量をチェックする


本体のストレージに最低2GB程度の空き容量がないとアップデートに失敗することがあります。

「設定」→「ストレージ」から現在の空き容量を確認できます。もし不足しているようであればアプリ等のデータを削除して容量を確保してください。

対処5: 日付設定を確認する


デバイスに設定されている日時が正しくないとアップデートができないことがあります。以下の手順で日時の自動設定の項目を確認し、設定が正しくなければ修正してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「日時設定」をタップします。
  3. 「日時と時刻の自動設定」「タイムゾーンを自動設定」の2つの設定項目がオフになっていれば、両方ともオンに切り替えます。

対処6: 使っている機種がアップデートに対応していない

上記の対処法を試しても解決しないのであれば、お使いの機種がAndroidの最新へのバージョンアップに対応していないことが考えられます。

アップデートの対象になるかどうかは機種ごとに決まっています。購入の際に少し古い機種や中古端末を選んだりすると、買ったばかりのスマホやタブレットであっても最新のOSにアップデートできないという事態は起こりえます。

Googleのスマホ・タブレットのNexusシリーズであっても、古い機種は最新版のAndroidにアップデートできません。

アップデートできる機種とできない機種の違い

最新のAndroidへアップデートを提供するかは、スマートフォン・タブレットのメーカーが決定します。

そのため、少し古い機種であっても場合によっては問題なく最新版にアップデートできることもあれば、逆に発売から2年程度しか経っていないのに最新OSのアップデート対象外にされてしまうような機種も少なくありません。

はっきりした基準はありませんが、デバイス本体の性能が低かったり、性能自体は高くても設計が旧式だったりすると、最新のOSに対応できないと判断されてアップデート不可になってしまう事が多いようです。

実際に自分の使っている機種がアップデートに対応しているかどうかを調べるにはメーカーの製品ページまたはサポートページをご確認ください。

キャリア契約を行っている場合は契約先キャリアのサポートページから各機種のアップデート対応情報から調べられることもあります。

アップデート非対応だった場合は?

使っている機種がAndroidのアップデート非対応となってしまった場合は、残念ながらアップデートを行う方法はありません。

古いバージョンのAndroidのまま使い続けても数年は問題なく使えます。ただし以下のようなデメリットがあるため、早めに新しい機種へ移行することをおすすめします。

  • これまで問題なく使えていたアプリでも、古いOSへの対応打ち切りにより今後使えなくなる恐れがある
  • セキュリティ的に脆弱になるので、普段しっかり個人情報を管理していても思いもよらない事件や被害に巻き込まれる恐れがある

買い替えをするならアップデート保証のある機種を

新機種のスマホやタブレットを買い替えても、今後さらに新しいOSがリリースされた時にアップデートできない問題が再発したら困ります。

そのような事態を防ぐため、OSのアップデート保証があるスマホ・タブレットのおすすめ機種を紹介します。

Android One

Android Oneは非カスタマイズAndroidを搭載したAndroidスマートフォンです。独自の機能やアプリが少ない代わりに、シンプルで使いやすい機能性と、高コストパフォーマンスを実現しています。

また発売後2年間のアップデート保証があり、セキュリティパッチも3年間毎月配布されます。そのため低価格帯であっても他の安価なスマホと違い、すぐにアップデートの提供が止まってしまうような問題は起こりません。

Pixel

PixelはGoogle開発のスマートフォンです。Pixelシリーズといえば高性能なカメラ機能が有名です。

発売後3年間のアップデート保証がある点も大きなメリットです。またセキュリティパッチも定期的に配布されます。

iPhone/iPad

AndroidにこだわりがないのであればiPhoneやiPadに機種変更するのもおすすめです。

iPhone・iPadも古い機種はやがてアップデートの対象外になってしまうという点はAndroidと変わりません。

しかし、Androidデバイスよりも対応期間が長い傾向があり、たとえば2019年1月にリリースされたiOS 12は、2013年に発売されたiPhone 5sにも対応しています。

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは操作感もシンプルでデザインも統一されているので1度慣れれば使いやすいはずです。ただしAndroidから一部移行できないデータもあるので、Androidからの乗り換えの際はご注意ください。

コメント

  1. h.hirai より:

    お尋ね
    Googleのネクサス7ですがロボットが出て「消去しています。」消えません、壊れてしまったのでしょうか?(OSまで消したのでしょうか?)
    修復方法は、無いのですか?

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)