iPhone,Androidに電話して「ただいま電話に出ることができません」になる時は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhone・Androidを使用している相手に電話をかけた際「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが流れ、電話が繋がらなかった…。

このような経験をされたことはありませんか?こういう時に、相手はどのような状態になっているのでしょうか。

今回の記事では、「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスされる場合の相手の状況についてまとめてみました。

「着信拒否」されている!?

着信拒否の可能性
「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが何度も続くと心配になるのが、「もしかして、着信拒否設定されている…?」ということ。

結論から言えば、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスは、着信拒否されているわけではありません。

また、コール音のあり・なしに限らず、着信拒否では上記のようなメッセージは流れません。

具体的には、下記のような状況でメッセージが流れます。

コール音がある場合

コール音が何回か鳴る場合は、着信拒否ではなく相手が以下のいずれかの状況です。

  1. 相手のiPhone・Androidの電源が切れた
  2. 相手が圏外になった(トンネルなど)
  3. 留守番電話に切り替わった

コール音がない場合

次のようなケースはすべて1度のコール音も鳴らずにメッセージが流れます。

  1. 相手がiPhone・Androidの電源を切っている
  2. 相手が圏外にいる
  3. 相手が機内モードの設定にしている

アナウンスによる違い

「ただいま電話に出ることができません」の後に続くアナウンスも以下のとおり2種類あります。

  • 「ただいま電話に出ることができません。しばらくたってからおかけ直しください。ご利用ありがとうございました。」
  • 「ただいま電話に出ることができません。ピーと言う発信音の後に、お名前ご用件等を、お話しください。」

上記のアナウンスの違いは、相手が留守番電話サービスを利用しているかどうかです。

留守番電話サービスが設定されている場合は、相手のスマホが電源OFFになっていたり圏外であっても留守番電話が流れます。

逆にアナウンスが留守番サービスに繋がらないからといって、着信拒されているわけではありません。

相手が拒否ボタンを押しているケースも


iPhone・Androidで留守番電話サービスを設定している場合、着信時に拒否ボタンをタップすると留守番電話のアナウンスを流すことができます。

そのため、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが流れた場合は、相手が着信には気づいたが留守番電話に切り替えたケースも考えられます。

この場合、着信拒否されているわけではありませんが、電車内や病院など、電話に出られない場所に相手がいることが考えられます。

相手に着信履歴は残る?

「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れた場合でも、相手のiPhone・Androidの電源が入っている状態であれば着信履歴は残ります。

また、圏外だったり電源が入っていない場合は、相手がキャリアで設定できる「着信お知らせ機能」を利用していれば、SMSで着信履歴が相手に届いています。

ただし、相手が「着信お知らせ機能」を使っていない場合は、着信履歴が相手に残らないケースも考えられます。

そのため、大事な用件であればメールやLINE、SMSを送っておくことをおすすめします。

スマホで着信拒否設定している時のメッセージ

相手がiPhone・Android本体で着信拒否を設定している場合、アナウンスが流れることはなく「プープープー」という話し中の音が鳴ります。

そのため、相手に連絡して常に話し中の音が聞こえるようでなければ、着信拒否されているわけではありません。

ただし、本体設定以外でもキャリア(docomo、au、Softbank)の着信拒否サービスを使って着信拒否を設定することができます。

着信拒否サービスで着信拒否を設定した場合は、相手にキャリア別の専用アナウンスが流れます。

キャリア別「着信拒否サービス」のメッセージ

キャリアの着信拒否サービスを使うと着信拒否に設定していてもアナウンスが流れます。

ただし、今回の「ただいま電話に出ることができません」とは別のアナウンスになります。

キャリア別でどのような着信拒否メッセージが流れるのか具体的に見ていきましょう。

docomoの場合…

docomoでは無料で着信拒否サービスを提供しています。

「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というメッセージが流れます。

auの場合…

auでは、月額100円で「迷惑電話撃退サービス」という機能を提供しています。

利用している場合、「おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりおつなぎできません」というメッセージが流れます。

Softbankの場合…

Softbankでは、月額100円で「ナンバーブロック」という着信拒否サービスを提供しています。

こちらのサービス、「自分で着信拒否アナウンスを選べる」という利点があり、9個のアナウンスの中から選択することが可能です。アナウンスは下記のようになります。

  1. こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。
  2. こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。
  3. この電話はお受けできません。
  4. この電話はお繋ぎすることができません。
  5. この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。
  6. せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。
  7. 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。
  8. おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。
  9. This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.

いずれのアナウンスも「ただいま電話に出ることができません。」で始まるメッセージはありません。

まとめ

iPhone・Androidの相手に電話して「ただいま電話に出ることができません」のアナウンスが流れる場合は、相手が通話できない状況か、スマホ自体が通話に出れない状態です。

着信拒否されているわけではないので、時間をおいてから相手に電話を掛けるようにしましょう。

コメント

  1. タケウチ  より:

    私の住む団地はジェイコムと契約していますが、私の部屋はネットのケーブル引き込み工事をしていません。スマホはドコモなので、ドコモ光が良いかと思っているのですが、やはりジェイコムの方が良いのでしょうか。

    1. ITおじさん より:

      ジェイコムよりドコモ光は料金が安いので、ドコモユーザーであれば私もドコモ光にした方がいいと思います。

  2. kaoaru より:

    なるほど、参考になりました。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)