ブルースクリーン:SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONの原因と対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCを操作中に突然ブルースクリーンが表示され、停止コード「SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION」のBSODエラーが表示されるケースがあります。

上記のBSODは、システムファイルやハードに重大な問題が発生している恐れもあります。そのため、原因不明のまま放置していると状態が悪化する場合もあるため、できる限り早めに対処を行うのが望ましいです。

本記事では、Windows10のパソコンでブルースクリーンが発生し、「SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION」が表示された時の原因と対処法を紹介します。

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONの原因

「SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION」のBSODが発生する原因としては、主に次のことが考えられます。

  • Windowsと互換性のないアプリケーションの実行
  • Windowsと互換性のないデバイスドライバーがインストールされている
    • 特に古いグラフィックドライバーが原因になるケースが多いです。
  • Windowsのシステムファイルが破損している
  • Windowsのファイルシステムに問題がある

特に古いアプリケーションやデバイスドライバーが原因で、WindowsUpdateによってBSODが発生するようになるケースが多いです。

それ以外には、システムファイルの破損、Windows Updateの不具合、インストールしているプログラムの異常などが原因として考えられます。

原因の特定が簡単ではないため、順に紹介する対処方法を試すことをおすすめします。

対処1: セキュリティソフトをアンインストールする

Mcafee・Avastなどのサードパーティのセキュリティソフトが原因で、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのエラーが発生することがあります。

サードパーティのセキュリティソフトをインストールしている場合は、一度アンインストールして、その状態でブルースクリーンエラーが再発するかどうか検証して下さい。

セキュリティソフトのアンインストール後は、Windows標準のWindowsセキュリティが機能します。

セキュリティソフトが原因だった場合は、Windowsセキュリティを使うか、別のセキュリティソフトを検討して下さい。

対処2: クリーンブートを試す

Windowsにインストールした互換性のないアプリケーションが原因で、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONエラーが発生するケースがあります。

アプリケーションが原因でブルースクリーンのBSODエラーが発生をしているか確認するには、Windowsをクリーンブートした状態で起動します。

クリーンブートの状態で、BSODエラーが発生しないことを確認できたら、次のアプリケーションのアンインストールを試して下さい。

対処3: アプリケーションをアンインストールする

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのエラーは、互換性のないアプリケーションの起動後や、バックグラウンドの動作によって発生しているケースが考えられます。

そのため、クリーンブートでBSODエラーが発生しないことを確認できたら、原因と思われるアプリケーションをアンインストールして下さい。

アプリのアンインストールは、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「アプリ」を選択します。
  3. 右ペインでアンインストールするアプリをクリックします。
  4. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. アンインストールウィザードが起動するので、案内に従ってアプリケーションをアンインストールします。

対処4: デバイスドライバーをアップデートする

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODエラーは、互換性のないデバイスドライバーによっても引き起こされます。

そのため、PCに接続しているデバイスのドライバーを最新にすることで症状が改善する可能性があります。

次の手順でデバイスドライバーの更新を試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスのツリーを全て展開して「警告が出ているデバイス」を探します。
    • エラーが発生している場合には、黄色の「!」アイコンが表示されます。
  3. 「警告が出ているデバイス」がある場合は、右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
  4. 「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
  5. 最新のドライバーがある場合は、自動でダウンロード・インストールが実行されます。

グラフィックドライバーの更新をする

デバイスマネージャー上に警告が出ていない場合でも、グラフィックドライバーが古いとSYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのエラーが発生するケースが多いです。

そのため、デバイスドライバーに問題がないのにBSODが発生する場合は、最新のグラフィックドライバーに更新しておくことをおすすめします。

対処5: 不要な外部デバイスを取り外す

PCに接続している外部デバイスのドライバーに問題があり、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONが発生するケースがあります。

ドライバーが最新の状態であっても、Windowsの最新のバージョンと互換性がないことが原因で、BSODが発生してしまう場合があります。

そのため、パソコンの基本操作に必要のないUSBデバイス・Bluetoothデバイスがパソコンに接続されている場合は、全て取り外してみてください。

特定のデバイスを接続すると症状が出る場合は、修正されたドライバーの提供を待つか、互換性のあるデバイスへの買い替えを検討して下さい。

対処6: Windowsを前のバージョンに戻す

WindowsUpdateを行った後でSYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONが発生した場合は、Windowsを前のバージョンに戻すことで問題が解決する可能性があります。

Windowsを古いバージョンに戻すことで、互換性のないアプリケーションとドライバーの問題を解決することができます。

最新のWindows Updateが原因と思われる場合は、次の手順でWindowsを古いバージョンに戻してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「回復」をクリックします。
  4. 「前のバージョンのWindows10に戻す」にある「開始する」ボタンをクリックします。
  5. 「以前のバージョンに戻す理由」を選択して「次へ」をクリックします。
  6. 「アップデートをチェックしますか」の画面が表示されたら「行わない」を選択します。
  7. 「知っておくべきこと」と「ロックの注意」が表示されるので、内容を確認して「次へ」をクリックします。
  8. 「以前のビルドに復元する」をクリックします。
  9. PCが再起動してWindowsが前のバージョンに戻ります。

以上で、以前のバージョンのWindowsに戻すことができます。BSODに問題が解決したか確認して下さい。

解決した場合でも、Windowsアップデートによって再度問題が起きることが多いです。そのため、今後このエラーに遭遇したくないのであれば、できるだけWindowsアップデートを遅らせるようにしましょう。

対処7: Windows Updateを実行する

特定のバージョンのWindows Updateにて不具合が発生しており、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODが発生することがあります。

最新版のWindowsに更新するだけで解決することもあるため、Windows Updateの確認をし、更新可能な場合にはアップデートを行ってみてください。

Windows Updateは設定画面の「更新とセキュリティ」メニューから手動実行できます。詳しい手順については次のリンク先の情報を参照してください。

対処8: トラブルシューティングツールを実行する

Windowsのシステムファイルに問題があり、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODが発生しているケースが考えられます。

Windowsのシステムファイルの問題は、トラブルシューティングツールを実行することで修復できる可能性があります。

次の手順でトラブルシューティングツールを実行してみてください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「設定(歯車アイコン)」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. ウィンドウ左側のリストにある「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. ウィンドウ右側にトラブルシューティングツールの一覧が表示されます。リストから「ブルースクリーン」の項目を探し、クリックします。1回クリックすると操作メニューが展開されるので、ここで「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックします。
  5. 画面の指示に従ってツールを実行します。
  6. ウィンドウを閉じ、パソコンを再起動してください。

対処9: システムファイルチェッカーツールを実行する

トラブルシューティングツールで問題が解決しない場合は、システムファイルチェッカーツールを使ってWindowsシステムファイルのチェックと修復を行ってみてください。

システムファイルチェッカーツールを使った修復方法については、次のページの内容を参考にしてください。

対処10: ハードディスクチェックを行う

Windowsのファイルシステムに異常があり、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODが発生することが稀にあります。

チェックディスクコマンドを使って、システムドライブのエラーチェックと修復を行ってみてください。

システムドライブでチェックディスクコマンドを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は「はい」を選択してください
  2. Windows PowerShellウィンドウが開きます。表示された画面に直接次のコマンドを半角で入力し、エンターキーを押します。
    chkdsk c: /f
    • システムドライブがCドライブ以外であれば、上記コマンドの「c:」の部分をシステムドライブレターに置き換えてください。
  3. 「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSKを実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームのチェックをスケジュールしますか?」と表示されたら、画面に半角のyを入力してエンターキーを押します。
  4. 「次回のシステム再起動時に、このボリュームはチェックされます。」と表示されたら、画面右上のバツボタンをクリックしてPowerShellウィンドウを閉じてからパソコンを再起動します。
  5. 再起動後、ハードディスクのチェックが開始されます。完了するまでしばらく待ちます。
  6. チェックが完了するとパソコンが再起動します。

問題が発見された場合には自動で修復されます。詳細な検査結果を確認したい場合はイベントビューア上の「Windowsログ」→「Application」のページを調べてください。

対処11: メモリ診断ツールを実行する

PC内部のメモリに問題があり、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODが発生するケースがあります。

そのため、メモリ診断ツールを使ってメモリに異常がないか調べてみてください。

Windowsに標準で搭載されているメモリ診断ツールは次の手順で実行できます。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. スタートメニューの中にあるアプリ一覧から「Windows管理ツール」フォルダを探して展開し、その中にある「メモリ診断」をクリックします。
  3. メモリ診断ツールが起動します。「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。この後すぐに再起動が行われるため、もし作業中のファイルがあれば保存などの操作を行ってからもう1度やり直してください。
  4. パソコンが再起動され、メモリの診断が行われます。完了までしばらく待ちます。
  5. すべてのチェックが終わると自動でパソコンが再起動します。

メモリに異常がある場合は、メモリが原因でBSODが起きていることが考えられるため、メモリの再接続や交換を行って下さい。

対処12: メモリ・グラフィックボードの接続を確認する

PCの内部のメモリやグラフィックボードの接触不良により、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのBSODが発生するケースがあります。

PCケースを開けて、メモリやグラフィックボードの接続に問題がないか確認して下さい。

  • メモリ診断でメモリの異常が発生していた場合は、メモリの再接続を試して下さい。
  • グラフィックボードを増設した際にBSODが発生するようになった場合も、グラフィックボードの再接続をすると改善する可能性があります。

解決しない場合は

ここまでの対処方法で改善しない場合は、PCの内部で故障などの物理的な問題が起きていることが考えられます。

一度Windowsの初期化・再インストールを行って、同様のBSODが発生するか確認して下さい。

Windowsの再インストール後にもBSODが発生する場合は、PCのマザーボードや特定のパーツの故障が濃厚になるため、修理や買い替えを検討して下さい。

その他の停止コードのブルースクリーンエラー(BSOD)の対処方法については、次のページを参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)