Windows10 PCでカメラが映らない時の対処法【アプリの起動方法も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

内蔵カメラ、外部カメラを接続しているWindows10パソコンでは、カメラというWindows10に最初からインストールされているアプリを使用して写真を撮影したり動画を撮ったりすることができます。

複雑な設定は不要で簡単に使い始めることができますが、環境によってはカメラアプリが起動しなかったり、起動しても画面が真っ暗で映らなかったりする症状が確認されています。また、今まである時突然映らなくなってしまうケースもあります。

本記事では、Windows10 PCでカメラアプリを起動する方法とカメラが映らない時の対処法を紹介します。

Windows10のカメラアプリの起動方法

カメラアプリを起動するには、次の手順で操作します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。
  2. スタートメニューが開き、アプリ一覧が表示されます。一覧から「カメラ」アプリを探し、クリックで開きます。
    • 見つからない場合はスタートメニューを開いた状態で「カメラ」と入力すると検索をかけることができます。
  3. カメラアプリが起動します。必要に応じて右上の設定アイコンからカメラの設定を行ってください。

もしアプリ一覧にカメラアプリがない場合はMicrosoft Storeからカメラアプリをインストールしてください。

次のリンクを開くとMicrosft公式のWindowsカメラアプリのインストール画面にアクセスできます。

カメラアプリをインストールして、起動するがカメラが映らない場合、またはエラーが表示される場合は、次に紹介する各種対処法を試してみてください。

対処1: カメラが有効になっているか確認

まずはカメラ本体が正常に機能しているか、次の点に注意しながら確認してみてください。

  • パソコンの内蔵カメラを使用する場合、機種によってはパソコン本体にカメラ用の物理スイッチが備わっていることがあります。パソコン本体のマニュアルにてカメラの使用方法を確認してください。
  • USBなどの外付けタイプのカメラを使用する場合はカメラを再接続してみてください。
    • 製品によってはドライバーインストールなどの使用準備が必要なものもあるため、マニュアルにてカメラのセットアップ方法・利用方法を確認してください。
  • パソコンに接続されているカメラ以外のUSBデバイスをすべて取り外してみてください。
  • カメラアプリは起動するが画面が真っ暗になる場合には、カメラアプリ画面の上部にあるカメラ切り替えボタンをクリックしてみてください。

対処2: アクセス許可設定を確認する

Windowsの設定から、カメラ機能のアクセス許可設定を行ってください。設定を行うには次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニューから「設定(歯車アイコン)」を開きます。
  2. 「Windowsの設定」画面が表示されます。「プライバシー」をクリックします。
  3. ウィンドウ左側のメニューから「カメラ」の項目を探し、クリックします。
  4. 「アプリがカメラにアクセスできるようにする」のスイッチがオンになっているかどうかを確認します。もしオフになっている場合は少し上にある「変更」ボタンをクリックし、スイッチを切り替えてください。
  5. 画面を下へスクロールし、「カメラにアクセスできるアプリを選ぶ」の一覧から「カメラ」の項目を探します。もし「カメラ」右側のスイッチがオフになっていればクリックしてオンに切り替えます。

対処3: ウイルス対策ソフトの設定を確認する

ウイルス対策ソフト・セキュリティソフトにはカメラを制御する機能が搭載されていることがあり、これが原因でカメラアプリが正常に動作しなくなることがあります。

原因がセキュリティソフトにあるかどうかを確かめるために、まずはセキュリティソフトの動作を一時的に停止させ、その状態でカメラアプリが使用できるようになるか試してください。

セキュリティソフトの停止でカメラアプリが使えるようになった場合は、トラブルの原因がセキュリティソフトにあることが考えられます。セキュリティソフトの「プライバシー」や「Webカメラ保護機能」の設定を見直してみてください。

セキュリティソフトの停止・セーフモード起動でも問題が改善しない場合は原因は他にあると考えられるため、別の対処法を試してください。

対処4: カメラのドライバーを再インストールする

ドライバーに異常があったりバージョンが古かったりすると正常に機能しない・認識しないなどの原因になります。

次の手順でインストール済みのドライバーを削除した後、最新のドライバーを再インストールしてみてください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャ」を選択します。
  2. 「デバイスマネージャ」ウィンドウが開きます。「カメラ」の項目をダブルクリックしてツリーを展開します。
    • 「カメラ」の項目がない場合は、別のツリーの中にカメラデバイスのドライバーが含まれているかもしれません。1つずつツリーを展開し、ドライバー名や「プロパティ」の内容を参考に、カメラのデバイスドライバーを探してみてください。
    • それでも見つからない場合はカメラのドライバーが正しくインストールされていないか、カメラが正しくセットアップされていないことが考えられます。パソコンの製品マニュアル(外部接続タイプの場合はカメラの製品マニュアル)にてカメラの使用方法をもう1度確認してみてください。
  3. 「カメラ」ツリーの下に表示されたドライバー名を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 確認画面が表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが完了したらパソコンを再起動します。

再起動後、最新のドライバーが自動でインストールされるのでカメラアプリを開き、問題が解消したか確認してください。

対処5: カメラアプリの設定を初期化する

アプリ本体側に問題があるかもしれません。この場合、アプリの設定を初期化すると改善することがあります。

カメラアプリの設定を初期化するには次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」画面が表示されたら、「アプリ」をクリックします。
    • 「アプリと機能」画面が表示されます。アプリ一覧の中から「カメラ」の項目を探します。
  3. 「カメラ」の項目をクリックします。するとメニューが展開されるので、中にある「詳細オプション」をクリックします。
  4. 「リセット」ボタンをクリックします。確認画面が表示されたら、もう1度「リセット」をクリックします。

対処6: カメラアプリを再インストールする

カメラアプリの設定を初期化しても改善しなければアプリの再インストールを試してみてください。

Windowsで利用できる多くのアプリは「アプリと機能」画面から「アンインストール」ボタンを押すことでアンインストールできます。ただし、カメラアプリなどのWindowsに最初からインストールされているアプリはこの方法ではアンインストールできないためご注意ください。

カメラアプリをアンインストールし、再インストールするには次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、「はい」をクリックします。
  3. PowerShellウィンドウが開きます。黒または青の画面にそのまま次の文字列を入力し、エンターキーを押してください。ショートカットCtrl+Vで貼り付けすると簡単です。
    Get-AppxPackage *Microsoft.WindowsCamera* | Remove-AppxPackage
  4. しばらくするとカメラアプリがアンインストールされます。完了したら右上にあるバツボタンをクリックしてPowerShellを終了します。
  5. アンインストールが完了したらMicrosoft Storeの『アプリインストールページ』からカメラアプリを再インストールします。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)