iPhoneでカメラが起動しない・映らない時の対処法【外側・内側だけ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneには初期状態でカメラアプリがインストールされており、アプリを起動すればすぐに写真や動画を撮ることができます。

しかし一部の端末でカメラアプリが起動しないという症状や、アプリは起動するが画面が真っ暗のまま映らないといった症状が確認されています。また、外側・内側のカメラだけ映らないケースもあります。

本記事では、iPhoneでカメラが起動しない・映らない時の対処法を紹介します。ちょっとした設定の変更や簡単なリセットで問題が解消することもあるため、カメラ本体の故障を疑う前にまずは試してみてください。

対処1: レンズの状態を確認する

まずはiPhoneのレンズが物理的に覆われていないか確認します。

iPhone本体にケースやカバーを装着している場合は一旦外してカメラを起動してみてください。

念の為、レンズの汚れなどもご確認ください。汚れが付着している場合は乾いた布できれいに拭き取ってください。

対処2: カメラアプリを再起動する

カメラアプリ本体がクラッシュやフリーズを起こしている可能性があります。カメラアプリを強制終了してからアプリを再起動してみてください。

アプリの強制終了の手順は次のリンク先を参考にしてください。「Appを強制的に閉じる」の手順で「カメラ」アプリを閉じた後、ホーム画面にある「カメラ」アイコンをタップしてカメラを起動し直します。

カメラアプリを再起動しても改善しなければ、カメラアプリ画面の右下にあるアイコンをタップして何度かインカメラ・アウトカメラを切り替えてみてください。

対処3: iPhoneを再起動する

アプリの再起動で改善しない場合はiPhone本体を再起動してください。

再起動の手順は機種により異なるため、下記のAppleの公式ページをご参照ください。

対処4: システムアップデートを行う

アプリまたは本体システムの不具合の可能性が考えられます。この場合はシステムアップデートで簡単に解決できることがあります。

システムアップデートは次の手順で行います。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. インストール可能なアップデートが表示されたら、「ダウンロードとインストール」をタップしてアップデートを開始します。

「お使いのソフトウェアは最新です」と表示された場合は既にシステムが最新の状態になっているため、アップデートは不要です。他の対処法を試してみてください。

対処5: ボイスオーバー機能をオフにする

iPhoneの設定でボイスオーバー機能(テキスト読み上げ機能)が有効になっていると画面が真っ暗になったり一部のアプリが正常に動作しなくなったりする不具合が確認されています。

もしボイスオーバー機能が有効になっている場合は無効に切り替えて改善するか調べてみてください。

ボイスオーバー機能を無効にするには次の手順で操作します。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
    • ボイスオーバー有効時は通常と操作方法が大きく変わるため、ボイスオーバーに慣れていない場合は操作方法にご注意ください。
    • 設定を開くには、まず設定アイコンを1回タップして設定アイコンを「選択状態」にします。そしてその後少し待ってから設定アイコンを2回連続でタップすると設定画面が開きます。
  2. 設定画面が開いたら「一般」を開きます。
    • ボイスオーバー有効時はスクロールをする時に3本指で操作する必要があります。画面に指を3本当ててそのまますべての指を動かすと画面がスクロールします。
    • 「一般」を開く時にはアイコンをタップする時と同様、1度タップして選択状態にしてから2回連続でタップして項目を開きます。
  3. 「一般」を開いたら、「アクセシビリティ」→「Voice Over」と進みます。
  4. 最後に「Voice Over」のスイッチを切り替えてボイスオーバーを無効化します。

対処6: iPhoneの設定を初期化する

iPhoneの設定を初期化してみてください。設定を初期化するとWi-Fiの接続情報や機能制限、位置情報などの設定が失われるため、再設定用の資料を用意した上で操作を行ってください。

  1. 設定の初期化でデータが失われることはありませんが、念の為操作を行う前にデータのバックアップを作成してください。
  2. LINEなど、一部のアプリはデータ移行や再インストールに引き継ぎ設定が必要なものがあります。利用しているアプリのデータバックアップ方法もよくご確認の上操作を行ってください。
  3. ホーム画面から「設定」を開きます。
  4. 「一般」→「リセット」とタップして進みます。
  5. 「すべての設定をリセット」をタップします。

設定のリセットで改善しなければ「リセット」画面から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、iPhoneを完全に初期化してみてください。

こちらの操作ではiPhoneに保存されているすべてのデータが消去されるため、必ずすべてのデータのバックアップを作成して下さい。

iPhoneのデータの復元方法については次のページなどを参考にして下さい。

解決しない時は修理を

上記の方法で問題が解消されなければカメラ本体に物理的な問題が発生している可能性が高いです。Phone本体の診断と修理の依頼を行ってください。

iPhoneの修理はApple StoreまたはAppleの正規サービスプロバイダ店へiPhone本体を持ち込むか、配送修理を依頼するのが一般的かつ確実です。

修理を依頼するには次のリンクから「iPhoneの修理サービス」のページを開き、「修理サービスを申し込む」をタップしてください。

問題点の入力(今回のケースでは内蔵カメラの不具合)や端末の選択等を求められるので、画面の指示に従って情報を入力し、予約・依頼を行ってください。

キャリアによっては保証サービスや相談サービスなどを提供していることもあります。契約先キャリアのプランやサポート内容も確認してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)