Macでカメラが真っ暗で映らない/認識しない時の対処法【Macbook/iMac】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Macでカメラを使ってビデオ通話や写真・動画撮影等を行おうとすると、カメラが認識されない・画面が真っ暗になって映らないといったトラブルが起きることがあります。

Macの多くのモデルには内蔵カメラが搭載されており、カメラを使うアプリを起動するだけで使えますが、状況によっては適切な対処が必要になることがあります。

本記事では、Macでカメラが映らない問題を解決するための具体的な対処法を紹介します。内蔵カメラではなく、USBの外付けタイプのカメラを使う場合の対処も合わせて解説します。

対処1: 他のアプリを閉じる

Macでは2つ以上のアプリで同時にカメラを使用することはできません。

そのため、カメラにアクセスするアプリが複数起動していると、カメラが正常に動作しない原因になります。

次の手順でアクティビティモニタを確認して、疑わしいアプリがあれば停止させてください。

  1. Finderを起動し、「アプリケーション」フォルダ→「ユーティリティ」フォルダ→「アクティビティモニタ」を開きます。
  2. アクティビティモニタが開き、起動中のプロセス一覧が表示されます。
  3. 一覧から「カメラ機能と関係のあるアプリ」をクリックして選択して、左上の「停止」ボタンをクリックして動作を強制停止させます。
    • カメラ機能と関係のあるアプリは、「Facetime」「Photo Booth」「Skype」などが考えられます。

対処2: Macを再起動する

Macのシステムに原因不明の一時的なエラーが起きており、カメラが正常に動作しないケースがあります。

システムの不具合は、Macの再起動で解決するケースが多いです。

そのため、カメラが動作しない原因に心当たりがなければ、一度システムの再起動を行ってみてください。

対処3: セーフモードで起動する

バックグラウンドで動作する常駐アプリがカメラを使用しており、特定のアプリでカメラが動作しないケースがあります。

そのため、セーフモードでの起動を試してカメラの問題が解決できないか確認して下さい。

Macをセーフモードで起動するには、システムを完全終了した後、Shiftキーを押し続けながらMacを起動します。

セーフモードの詳しい手順については以下のリンクよりApple公式のサポート情報を参照してください。

セーフモードでカメラが使用できる場合は、Mac起動時に自動で動作する常駐アプリが原因になっていることが考えられます。

常駐アプリの設定で自動起動をオフにするか、アプリのアンインストールを検討して下さい。

対処3: ソフトウェアアップデートを実行する

Macに内蔵しているiSightカメラのファームウェアは、ソフトウェアアップデートにて更新されます。

また、macOSのバージョンが古いとアプリが正常に動作せず、カメラが映らない原因になります。

そのため、Macのソフトウェアアップデートを確認して、古い場合は最新のバージョンに更新して下さい。ソフトウェアアップデートを行うには、次の手順で操作します。

  1. 「Appleメニュー」→「このMacについて」の順にクリックします。
  2. 「ソフトウェアアップデート」をクリックします。
  3. アップデートのチェックが開始します。アップデートがある場合は「今すぐインストール」をクリックしてmacOSを更新します。

対処4: カメラ関連のプロセスを再起動する

FacetimeまたはPhoto Boothでカメラが使えない場合は、関連するプロセスを再起動することで問題を解消できることがあります。

次の手順で、バックグラウンドで動作する「VDCAssistant」と「AppleCameraAssistant」のプロセスを再起動してみて下さい。

  1. カメラを使うアプリを閉じます。
  2. ターミナルを起動します。Finderを開き、「アプリケーション」フォルダ→「ユーティリティ」フォルダ→「ターミナル」をクリックします。
  3. ターミナルが起動したら、次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    sudo killall VDCAssistant
    • エンターキーを押した後、「PASSWORD」と表示された場合は、そのままターミナルにMacのログインパスワードを入力してください。
    • 画面に入力したパスワードは表示されないため、間違いのないよう正確に入力してからエンターキーを押します。
  4. 続いて次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    sudo killall AppleCameraAssistant
    • パスワードを求められた場合は手順3と同じ要領で対処してください。
  5. 2つのコマンドを入力したらターミナルを閉じます。
  6. カメラを使うアプリを起動し、問題が解決したか確認します。

対処5: NVRAM/SMCリセットを行う

NVRAMリセット及びSMCリセットを行うと、Macのシステムに関する設定情報やハードウェア設定が初期化されます。

上記のリセットを行うことで、カメラに発生している不具合・異常を解決できる可能性があります。NVRAMとSMCのリセットは、次の手順で行います。

  • NVRAMをリセットする
    • システムを終了してから「option」「command」「P」「R」の4つのキーを押しながら電源を入れ直します。
  • SMCをリセットする
    • システムを終了してから「shift」「control」「option」の3つのキーを押しながら電源を入れ直します。

NVRAM/SMCリセットに関する詳しい情報と手順については、下記リンクからAppleの公式サポートの情報を参照してください。

対処6: カメラ(外付けカメラ)の認識を確認する

外付けタイプのカメラが映らない場合は、まずシステムレポートにてMacがカメラを認識しているかどうかを確認してください。

システムレポートでカメラの認識を確認するには次の手順で操作します。

  1. Appleメニュー(リンゴアイコン)を開き、「このMacについて」を選択します。
  2. 「概要」タブ内にある「システムレポート」をクリックします。
  3. システムレポートが表示されたら画面左にある「ハードウェア」ツリーを展開し、中にある「カメラ」の項目を確認します。
  4. 画面中央に接続しているカメラの情報が表示されることを確認します。

カメラが認識できている場合

認識されているにも関わらずカメラが利用できない場合は、カメラのファームウェアをアップデートすることで問題が解決することがあります。

カメラのメーカーサイトへアクセスして製品に関するサポート情報を確認し、アップデートが利用可能であればアップデートを適用してください。

ファームウェアが最新の状態でも映らない場合は、Macとアプリの設定に問題があることが考えられます。次の対処方法を試して下さい。

カメラが認識されない場合

システムレポートで認識されていない場合は、認識できない問題の特定と対処を行う必要があります。次の方法を試してください。

  • 別のUSBポートに接続してみる。
  • Bluetooth等、無線タイプの場合は接続を解除してから再接続する。
  • すべてのUSBカメラがMacに対応しているわけではないため、カメラがMacに対応していることをカメラの製品ページで確認する

対処7: セキュリティ設定を変更する

アプリ起動時に「カメラへのアクセス権がありません」というメッセージが表示される場合は、アプリがカメラを使用する権限がないことが考えられます。

次の手順で、Macの設定からアプリがカメラを使用する権限を変更してください。

  1. 「Appleメニュー(リンゴアイコン)」を開き、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします。
  3. 画面左下にあるカギアイコンを確認し、ロックが閉じていればクリックしてロックを解除します。
    • パスワードを求められた場合はMacのログインパスワードを入力してください。
  4. 「プライバシー」タブをクリックします。
  5. 画面左のリストから「カメラ」の項目を探してクリックします。
  6. 画面右のリストを確認し、カメラを使用するアプリにチェックを入れます。
  7. 以上で設定変更は完了です。
    • ロックを解除した場合は左下のカギアイコンをクリックしてロックをかけ直します。

アプリのカメラのアクセス権が変更できたら、システム環境設定画面を閉じ、問題が解決したか確認します。

対処8: アプリ側のカメラ設定を確認する

Skype等のサードパーティ製のアプリでカメラが使えないという場合は、アプリ側に問題があることが考えられます。

特定のアプリでのみカメラに問題がある場合は、次の対処を行って下さい。

  • アプリの設定でカメラのデバイス名が正しく指定されていることを確認する。
  • アプリをアップデートする。
  • アプリの設定を初期化する。
  • アプリを再インストールする。

解決しない場合は

すべての対処方法を試しても解決しない場合は、内蔵カメラ、もしくは外付けのカメラが故障していることが疑われます。

内蔵カメラの場合は、Appleの『Macのサポートページ』からサポートを依頼して下さい。状況によっては、修理が必要になる場合があります。

外付けのカメラの場合は、別のカメラの使用・買い替えを検討して下さい。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)