iPhoneの外カメラのライト(懐中電灯)が使えない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneの外カメラの横にはフラッシュライトが搭載されており、懐中電灯やカメラのフラッシュとして使用することができます。

しかし、何らかの原因によってコントロールセンターのライト(懐中電灯)アイコンがグレーで使えなくなったり、カメラの撮影時にフラッシュライトが点灯しないケースがあります。

本記事では、iPhoneの外カメラのライト(懐中電灯)が使えない/点灯しない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: カメラアプリを終了する

iPhoneのカメラアプリを起動していると、コントロールセンターの「ライトアイコン」がグレーになってライト(懐中電灯)機能を使用することができません。

また、その他のカメラ機能を使用するアプリを起動している場合も、同様にライト機能を使用できないことがあります。

そのため、ホーム画面に戻るか別のアプリの画面に切り替えた状態で、iPhoneのライト機能が使用できないか確認してください。

ホーム画面や別アプリの画面に切り替えても使用できない場合は、以下の手順でカメラアプリを一度終了してください。

  1. 画面下部から上方向にスワイプして、中央付近で指を止めて離します。
    • ホームボタンを搭載しているiPhoneの場合は、ホームボタンを2回連続でタップします。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリ一覧が表示されたら、横方向にスワイプして「カメラアプリ」を選択します。
  3. 「カメラアプリ」を上方向にスワイプして終了します。

以上の手順で、カメラアプリを終了することができます。カメラアプリを終了できたら、再度コントロールセンターを開いてライト機能が使用できないか確認してください。

対処2: フラッシュライトをオンにする

カメラアプリで撮影時にフラッシュライトが点灯しない場合は、ライト機能がオフになっていることが考えられます。

また、フラッシュライトが自動の設定になっていると、周囲の明るさによってはライトが点灯しない場合があります。

そのため、カメラアプリでフラッシュライトの設定を確認してください。フラッシュライトをオン、または常にオンにするに、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面から「カメラアプリ」を起動します。
  2. 左上の「フラッシュライトのアイコン」をタップして「オン」に切り替えます。
    • 斜線が表示されているとオフの状態です。既に「オン」だった場合は、「オフ」にしてから「オン」に切り替えてください。
    • 撮影時に常にフラッシュライトを使用する場合は、続けて以下の設定を行ってください。
      1. 画面上部の「矢印アイコン」をタップします。
      2. 下部の「フラッシュライトのアイコン」をタップして、「自動」から「オン」に変更します。

以上の手順で、カメラアプリのフラッシュをオン、または常にオンにすることができます。設定を変更できたら、撮影を行ってフラッシュライトが点灯することを確認してください。

対処3: ライトの明るさを調整する

iPhoneではライト(懐中電灯)の明るさを調整することができます。iPhoneのライトが暗い場合は、ライトの明るさの設定が下がっていることが考えられます。

そのため、ライトの明るさの設定を確認して、明るさが下がっている場合は上げてください。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 画面右上端から下方向にスワイプして、コントロールセンターを表示します。
    • ホームボタンを搭載したiPhoneの場合は、画面下端から上方向にスワイプしてください。
  2. 「ライトアイコン」を長押しします。
  3. 明るさのスライダーを上方向にスワイプして上げます。

以上の手順で、ライト(懐中電灯)の明るさを調整できます。明るさを上げれたら、ライトが十分な明るさで点灯するようになったか確認してください。

対処4: コントロールセンターにライトを再登録する

コントロールセンターのライトの登録情報に問題が起きていることが原因で、アイコンがグレーで表示されてライトを使用できないケースが考えらます。

上記の問題は、コントロールセンターのライトを一度削除してから再登録することで解決します。コントロールセンターのライトを再登録するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「コントロールセンター」をタップします。
  3. 「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
  4. 「フラッシュライト」の「-アイコン」をタップして登録を削除します。
  5. コントロールを追加の一覧から、「フラッシュライト」の「+アイコン」をタップして再登録します。

以上の手順で、コントロールセンターにライトを再登録することができます。ライトを再登録できたら、コントロールセンターを開いて、正常にライト機能が使用できるようになったか確認してください。

対処5: 全アプリを終了してiPhoneを再起動する

カメラアプリを使用していないにも関わらずライト(懐中電灯)機能が使用できない場合は、iPhoneのシステムに一時的なトラブルが発生しているケースが考えられます。

そのため、iPhoneを一度再起動してライト機能の問題が解決しないか確認してみてください。iPhoneを再起動する際は、全てのアプリを終了してから再起動することをおすすめします。

全てのアプリを終了してiPhoneを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面下部から上方向にスワイプして、中央付近で指を止めて離します。
    • ホームボタンを搭載しているiPhoneの場合は、ホームボタンを2回連続でタップします。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリ一覧が表示されたら、全ての「アプリ」を上方向にスワイプして終了します。
  3. iPhoneの「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
    • iPhone8以前の場合は、「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
  4. 電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。

上記の手順でiPhoneを再起動できたら、ライト機能が正常に使用できるようになったか確認してください。

対処6: iPhoneをハードリセット(強制再起動)する

iPhoneを再起動してもライト機能が使用できない場合は、ハードリセット(強制再起動)を試してみてください。

ハードリセットを行うことで再起動で解決できない問題を解決できる場合があります。iPhoneをハードリセットするには、以下の手順で操作してください。

  • iPhone(Face ID搭載)/8/SE 2nd:
    1. 「音量+ボタン」を押してすぐに離します。
    2. 「音量-ボタン」を押してすぐに離します。
    3. 「サイドボタン」を長押しして、Appleロゴが表示されたら離します。
  • iPhone 7:
    1. 「スリープボタン」と「音量-ボタン」を同時に長押しします。
    2. Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。
  • iPhone 6s以前:
    1. 「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しします。
    2. Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。

iPhoneをハードリセットして再起動できたら、コントロールセンター内のライトアイコンをタップして、正常にライトが点灯するか確認してください。

対処7: iPhoneを充電する

iPhoneのバッテリー残量が少ないと、「充電されるまでフラッシュは使用できません」というメッセージが表示されてライトが使用できない場合があります。

そのため、iPhoneのバッテリー残量が少ない場合は、充電器に接続して十分充電してからライト機能を使用してください。

バッテリー残量が十分にあるにも関わらずライト機能が使用できない場合は、別の対処方法を試してください。

対処8: LEDフラッシュ通知をオフにする

iPhoneの設定でLEDフラッシュ通知がオンになっていることが原因で、ライトが正常に機能しないケースが考えられます。

この機能は、着信や通知があった際にフラッシュライトが点滅する機能ですが、ライト機能の使用に影響が出る場合があります。

そのため、LEDフラッシュ通知の設定をオフにして、ライトの問題が解決しないか確認してください。LEDフラッシュ通知をオフにするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「オーディオ/ビジュアル」をタップします。
  4. 「LEDフラッシュ通知」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

LEDフラッシュ通知の設定をオフにできたら、ライト機能が正常に使用できるようになったか確認してください。

対処9: ソフトウェアアップデートを実行する

iOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、iPhoneのライトが正常に使用できないケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行して、iOSを最新の状態にすることで問題が解決する可能性があります。ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. 新しいアップデート情報が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. パスコードの入力画面が表示された場合は、iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

対処10: iPhoneの設定をリセットする

ここまでの対処方法を試してもiPhoneのライトが使用できない場合は、iPhoneの設定をリセットしてみることを検討してください。

iPhoneの設定をリセットしてもストレージ内のデータが消えることはありませんが、全ての設定変更が初期状態に戻る点に注意してください。

iPhoneの設定をリセットするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「すべての設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「すべての設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

iPhoneの設定をリセットできたら、再起動後にライトが正常に点灯するようになったか確認してください。

解決しない場合

全ての対処法を試してもライトが点灯しない場合は、ライト自体が物理的に故障しているケースが考えられます。特にコントロールセンターからのライト機能とカメラのフラッシュライトの両方が点灯しない場合は故障が疑われます。

ライトの故障が疑われる場合は、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダなどに診断と修理を依頼することを検討してください。

近くにAppleのショップがない場合は、『Appleサポート』からオンラインで診断と修理について問い合わせることもできます。

コメントを残す

*