Skypeでカメラが映らない/真っ暗で表示されない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Skypeのビデオチャット機能利用時に、「Webカメラが真っ暗で映らない」「Skypeでカメラが認識されない」といったトラブルが起きるケースがあります。

特にカメラに関するトラブルというと具体的な原因が特定しにくいことが多く、調査に時間がかかってしまうケースも珍しくありません。

今回は、Windows10のPCでSkypeでカメラが映らない・表示されない時の対処方法について紹介します。簡単な設定変更で解決できるケースも多いので参考にしてください。

対処1: ウェブカメラに問題がないか確認する

ウェブカメラがWindowsで認識できておらず、Skypeで利用できないケースが考えられます。

そのため、まずWindows標準のカメラアプリを使い、パソコンがウェブカメラを正しく認識できていることと、カメラを使う準備ができていることを確認します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧から「カメラ」を探して起動します。
  2. カメラアプリが起動します。アプリウィンドウにカメラの映像が正常に映ることを確認します。

もしカメラアプリでも正しく表示されない場合はSkype側ではなく、カメラ本体に問題がある可能性が高いです。

カメラ本体に関するトラブルについては以下の記事で対処法を紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

対処2: Skypeのビデオ設定を確認する

カメラ本体に問題がないことを確認したら、次にSkypeのビデオ設定を確認します。

Skypeのビデオ設定を確認するには、次の手順で操作を行ってください。

  1. Skypeを起動します。
  2. アプリ画面上部にある「その他」ボタンをクリックし、「設定」を選択します。
  3. 左のリストにある「音声/ビデオ」をクリックします。
  4. 画面右側にカメラとマイクの詳細設定画面が表示されます。

ビデオ設定の画面が表示できたら、各種設定を確認します。設定画面の状況やエラーメッセージの内容を参考に対処を行います。

  • パソコンがカメラを認識しているのに「デバイスが検出されませんでした」と表示される場合
  • 真っ暗な画面が表示されてしまう場合
    • 設定画面右上に表示されているカメラのデバイス名を確認してください。パソコンに複数のカメラが接続されている時は、このデバイス名部分をクリックすることでカメラを切り替えることができます。
  • 設定画面では正常にカメラが映るのに通話で表示されない場合

対処3: Skypeをアップデートする

Skypeのバージョンが古いとビデオ通話が正常に動作しないケースがあります。

そのため、次の手順でSkypeが最新バージョンになっているかアップデートの確認を行ってください。

Skype for Windows10(ストアアプリ版)の場合

  1. 『Microsoft Store』にアクセスしてスカイプのダウンロードページを開きます。

  2. 「この製品はインストール済みです」の表示の右に「更新」ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックして更新(アップデート)を実行します。
    • 「起動」ボタンが表示される場合は既にアプリが最新版になっているため、アップデートは必要ありません。

Skype for Windows (デスクトップアプリ版)の場合

  1. Skypeを起動します。
  2. アプリ画面上部にある「その他」ボタンをクリックし、「ヘルプとフィードバック」をクリックします。
  3. 「最新バージョンがインストール可能です」と表示された場合は「インストール」をクリックしてアップデートを実行します。
    • 「Skypeは最新の状態です」と表示された場合は既に最新版になっているため、アップデートは不要です。

アップデート中にエラーが出る等、何らかの原因でアップデートが出来ない場合は、『対処7: Skypeの再インストール』を試してください。

対処4: ウェブカメラを使う他のアプリを閉じる

カメラ機能を使うアプリが複数起動していると、Skypeのビデオ通話機能と干渉を起こして正常に動作しなくなることがあります。

Skype以外に起動しているアプリがある場合は、一旦すべて停止してから通話をやり直してください。

対処5: セキュリティソフトの設定を変更する

サードパーティ製のセキュリティソフトのカメラ保護機能等が原因で、ビデオ通話が映らないケースがあります。

まずは問題の切り分けのため、セキュリティソフトを停止させた状態でビデオ通話を開始し、カメラが使えるようになるか試してみてください。

セキュリティソフトを停止させることで問題が解消される場合は、セキュリティソフトの機能がトラブルの原因であると考えることができます。

セキュリティソフトを停止すると映る場合

セキュリティソフトのカメラ保護機能の設定を確認し、Skypeを許可アプリに指定するか、カメラ保護機能全体を無効にしてください。

設定手順についてはお使いのセキュリティソフトのサポートページや、次のリンク先を参考にしてください。

対処6: Windowsのプライバシー設定を確認する

Windowsのプライバシー保護機能により、カメラ機能が制限されていると、Skypeでカメラが映らないケースがあります。

そのため、次の手順でカメラのプライバシー設定の確認を行ってください。

  1. タスクバーの「スタート」ボタンをクリックし、「設定」を開きます。
  2. 「プライバシー」をクリックします。
  3. 画面左のリストから、「アプリのアクセス許可」→「カメラ」をクリックします。
  4. カメラのアクセス許可設定画面が表示されます。もし「このデバイスのカメラへのアセスはオフになっています」と表示されている場合は「変更」ボタンをクリックし、アクセスを「オン」にします。
  5. 「アプリがカメラにアクセスできるようにする」の下にあるスイッチを「オン」にします。
  6. 「カメラにアクセスできるMicrosoftアプリを選ぶ」及び「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」の両方のリストから「Skype」の項目を探し、設定を「オン」にします。
    • どちらのリストにあるかはインストールしているSkypeのバージョンにより異なります

対処7: Skypeの再インストールを行う

インストールしているSkypeのプログラムや設定データに何らかの問題が起きており、カメラが機能しないケースがあります。

ここまでの対処方法で解決しない場合は、Skypeを一旦アンインストールして再度インストールを行ってください。

Skypeを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインの一覧から「Skype」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. アンインストールの案内に従ってSkypeをアンインストールします。
  5. アンインストールが完了したら、最新のSkypeのインストーラーをダウンロードしてインストールします。

対処8: 別のバージョンのSkypeアプリを利用する

SkypeにはWindowsで使えるものだけでも複数のバージョンがあります。

現在インストールされているアプリがうまく動作しない場合は、他のバージョンのSkypeを利用することで問題を回避したり、原因の特定に役立てたりすることができるかもしれません。

  • Skype for Windows
    • こちらはデスクトップアプリ版のSkypeです。上記リンクより「Skype for Windowsをダウンロード」ボタンをクリックするとインストーラをダウンロードすることができます。やや紛らわしいですが、ダウンロードオプションで「Skype for Windows10」を指定するとストアアプリ版のダウンロードページに移動してしまうので注意してください。
  • Skype for Windows10
    • ストアアプリ版のSkypeです。こちらはMicrosoft Storeよりダウンロード・インストールすることができます。
  • Skype online
    • ウェブブラウザから利用できるSkypeです。上記リンクよりページにアクセスし、サインインすることで利用できるようになります。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)