iPhoneで電話の通話音量が小さい/勝手に下がる時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneでアプリなどのオーディオの音量は正常に出ているのに、電話をすると通話相手の音声の音量が小さく聞こえづらいケースがあると思います。

また、通話の最初は音量が出ているのに、電話中に勝手に音量が下がって聞き取りづらくなるケースもあります。電話中の音量が小さいと会話に支障が出て不便です。

本記事では、iPhoneで電話中の通話音量が小さい、または勝手に下がる時の対処法について詳しく紹介します。通話相手の声が聞こえにくい場合は参考にしてください。

対処1: 通話音量を上げる

単純にiPhoneの通話音量の設定が低くなっていることが原因で、通話の音量が小さく聴こえるケースが考えられます。

通話音量の設定は他のアプリや着信/通知音とは別で管理されているため、通話音量だけが低くなっている場合があります。そのため、通話中に通話音量を上げて十分な音量にならないか確認してください。

iPhoneの通話音量の設定を上げるには、以下の手順で操作してください。

  1. 「家族や知り合い」、または「線路試験受付の番号(111)」などの電話番号に電話を発信します。
  2. 通話中になったら、iPhoneの「音量調節ボタン(上)」を何度か押して音量を上げます。
    • 「音量調節ボタン」を押した際に表示される「音量メモリ」をドラッグすることでも音量を調整できます。

iPhoneをカーナビ/カーオーディオなどのBluetoothデバイスに接続していて音量が小さい場合は、デバイス側の音量設定(ソースレベル)も調整してみてください。

iPhoneの通話音量を最大まで上げても音量が小さい場合や、変更していないのに勝手に音量が勝手に下がってしまう場合は次の対処方法に進んでください。

対処2: ノイズキャンセリングを無効にする

iOSに実装されている周囲のノイズや騒音を取り除くノイズキャンセリング機能が原因で、通話音量が小さくなったり勝手に下がったりすることがあります。

そのため、ノイズキャンセリングが有効になっている場合は、無効にすることで問題が解決する可能性があります。ノイズキャンセリングを無効にするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 聴覚サポート内の「オーディオ/ビジュアル」をタップします。
  4. 「電話ノイズキャンセリング」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

以上の手順で、ノイズキャンセリングを無効にすることができます。無効にできたら、電話中に通話音量が下がらなくなったか確認してください。

対処3: 通話用スピーカーを掃除する

iPhoneの通話用スピーカーにホコリやゴミが詰まっていると、電話の通話音量が小さくなって聞こえづらくなる原因になります。

通話用スピーカーは、iPhoneの表面上部の横長の凹みに配置されています。

通話用スピーカーに目に見えるホコリやゴミが詰まっている場合は、スピーカー部分を掃除して通話音量が大きくならないか確認してください。

対処4: iPhoneのケースを取り外す

iPhone上部の通話用スピーカーをケースやスクリーンプロテクターが塞いでいることが原因で、電話の通話音量が小さいケースが考えられます。

そのため、iPhoneのケースを一度取り外した状態で、通話音量が十分に出ないか確認してみてください。

取り外した状態で問題がない場合は使用しているケースの設計に問題があることが考えられるため、別のケースを使用することを検討してください。

対処5: サイレントモードのスイッチを切り替える

iPhoneの側面に搭載されているサイレントモードのスイッチを切り替えることで、通話音量が小さい問題が解決することを一部のユーザーが報告しています。

そのため、iPhoneのサイレントモードにスイッチを切り替えて問題が解決しないか確認してみてください。

サイレントモードのスイッチは、オレンジ色が見えているとオンの状態です。既にサイレントモードがオフの場合は、一度オンにしてからオフに切り替えてみてください。

対処6: 機内モードのオン/オフを切り替える

iPhoneのキャリアネットワークの接続に問題が起きていることが原因で、電話の通話音量が小さく感じるケースが考えられます。

キャリアが提供するネットワークエリアから圏外に近い場所にいる場合は、電波状況が良い場所に移動する必要があります。

電波状況に問題がない場合でも、機内モードを切り替えてネットワークに再接続することで問題が解決する可能性があります。機内モードのオン/オフを切り替えるには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上端から下方向にスワイプして、コントロールセンターを開きます。
    • ホームボタン搭載のiPhoneの場合は、ディスプレイ下端から上方向にスワイプしてください。
  2. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  3. 数秒待ってから再度「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オフ」に戻します。

機内モードを切り替えてネットワークに再接続できたら、再度電話を掛けて通話音量が正常になったか確認してください。

対処7: Bluetoothデバイスを再接続する

ヘッドホンやカーナビ/カーオーディオなどのBluetoothデバイスからの通話音量が小さい場合は、Bluetoothの接続に問題が起きているケースが考えられます。

そのため、Bluetoothデバイスを再接続して、通話音量の問題が解決しないか確認してください。Bluetoothデバイスを再接続するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. 「Bluetooth」のスイッチを「オフ」にします。
  4. 数秒待ってから「Bluetooth」のスイッチを「オン」に戻します。

Bluetoothデバイスを再接続できたら、通話音量の問題が解決したか確認してください。

Bluetoothデバイスを再接続しても問題が解決しない場合は、ペアリングをやり直すことで問題が解決することがあります。Bluetoothデバイスのペアリングをやり直すには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. 「自分のデバイス」の一覧で「接続しているデバイス」の右側の「i」マークをタップし、「このデバイスの登録を解除」を選択します。
  4. 確認ポップアップが表示されたらもう1度「デバイスの登録を解除」をタップします。
  5. Bluetoothデバイスを通常の手順でペアリングします。

Bluetoothデバイスを再度ペアリングできたら、通話音量が小さい問題が解決したか確認してください。

対処8: 通話音声の出力先を確認する

通話中の音量が突然下がって聞こえなくなってしまう場合は、通話音声の出力先がiPhoneになっていないことが考えられます。この問題は、iPhoneをBluetoothデバイスに接続している際に発生することがあります。

そのため、通話音声の出力先を確認してiPhoneに変更してください。通話中に音声の出力先を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 電話を掛けるか着信を受けて、通話中の状態にします。
  2. 「オーディオ」をタップします。
    • 項目が表示されない場合は、右下の「非表示」をタップしてください。
  3. 出力先のデバイス一覧で「iPhone」をタップします。
    • チェックマークが付いているデバイスが、現在の音声の出力先です。

通話音声の出力先をiPhoneに変更できたら、正常に通話用スピーカーから音声が聞こえるようになったか確認してください。

対処9: iPhoneを再起動する

iOSに一時的なシステムトラブルが発生していることが原因で、電話の通話音量が小さいまま大きくならないケースが考えられます。

システムの一時的なトラブルや不具合は、iPhoneを再起動することで解決することが多いです。

そのため、iPhoneを一度再起動して問題が解決しないか確認してください。iPhoneを再起動するには、以下の手順で操作します。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。

iPhoneを再起動できたら、通話音量が正常になったか確認してください。再起動しても直らない場合や問題が再発する場合は次の対処に進んでください。

対処10: スピーカーモードをオンにする

通話相手の通信状況や通話環境が悪いことが原因で、音声が小さく聞き取りにくいケースがあります。

通話用スピーカーを最大にしても音声を聞き取りにくい場合は、iPhoneのスピーカーから音声を出力してください。

通話中の音声をiPhoneのスピーカーから出力するには、以下の手順で操作してください。

  1. 電話を掛けるか着信を受けて、通話中の状態にします。
  2. 「オーディオ」をタップします。
    • 項目が表示されない場合は、右下の「非表示」をタップしてください。
  3. 出力先のデバイス一覧で「スピーカー」をタップします。

以上の手順で、iPhoneのスピーカーから通話音声が出力されます。必要に応じて音量調整ボタンを押して、スピーカーの音量を調整してください。

また、通話音声を常にiPhoneのスピーカーから出力するように設定することもできます。常にスピーカーモードを使用したい場合は、以下の設定を変更してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「タッチ」をタップします。
  4. 「通話オーディオルーティング」をタップします。
  5. 「スピーカー」を選択します。

上記の設定を行うと、通話に出た際に常にスピーカーから音声が出力されるようになります。設定を戻したくなった場合は、通話オーディオルーティングを「自動」に戻してください。

対処11: 補聴器の互換性をオン/オフにする

iPhoneに補聴器をBluetoothで接続して通話に利用している場合は、補聴器の互換性機能が原因で音量が小さくなるケースがあります。

逆に電波妨害などで通話の音が聞き取りにくくなっている場合は、補聴器の互換性機能をオンにすることで問題が解決する場合があります。

そのため、補聴器で問題が発生している場合は、補聴器の互換性機能のオン/オフを切り替えてみてください。補聴器の互換性機能のオン/オフを切り替えるには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「ヒアリングデバイス」をタップします。
  4. 「補聴器の互換性」のスイッチの「オン/オフ」を切り替えます。

補聴器の互換性機能を切り替えれたら、通話音量が改善した確認してください。問題が解決しない場合はオフに戻して別の対処を試してください。

対処12: ソフトウェアアップデートを実行する

iOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、通話音量が小さかったり勝手に下がるケースが少なからず考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行してiOSを最新の状態にすることで、問題が解決する可能性があります。ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかった場合は、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhoneのパスコードを入力して、「今すぐインストール」をタップします。
  6. アップデートが完了するまで待機します。

ソフトウェアアップデートを実行できたら、再度通話を掛けて音量の問題が解決したか確認してください。

コメントを残す

*