Windows10 – クリップボード履歴がない時に有効にする設定と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10では、コピーしたテキストや画像などの情報はクリップボードに一時的に保存されます。

しかし、初期設定のままの場合は一番最後にクリップボードに保存した内容しか貼り付けることができず、以前コピーした内容は残らないようになっています。

今回は、Windows10のクリップボード履歴を有効化する方法と使い方を解説していきます。

クリップボード履歴を有効にする方法

Windows8まではクリップボードに履歴機能をつけるには外部のソフトウェアをインストールする必要がありました。

しかし、Windows10になってからはクリップボードの機能が強化され、外部のソフトウェアをインストールするともクリップボードの履歴を参照できるようになっています。

ただし、この機能は初めから有効化されているわけではないため、クリップボード履歴を有効化する設定を済ませていないと、最新のクリップボード内容しか貼り付けることができません。

ですので、この後解説する方法を参考にクリップボードの履歴機能を有効化してください。

有効化手順

ショートカットから有効化する

クリップボードの履歴機能を有効化するのは非常に簡単です。

  1. [Windows+V]キーを同時に押す
  2. クリップボードのウィンドウが立ち上がるので、[有効にする]をクリックします。

たったこれだけでクリップボードの履歴機能を有効化することができます。

設定から有効化する

ショートカットキーでクリップボード履歴が使えない場合は、Windows設定からクリップボード履歴を有効にしてみましょう。

  1. スタート→「設定」を開きます。
  2. 「システム」を選択します。
  3. 左メニューから「クリップボード」をクリックします。
  4. 「クリップボードの履歴」のチェックをオンにします。

クリップボードの設定がない場合

Windows設定でクリップボード履歴の設定がない場合は、WindowsOSが古いことが考えられます。クリップボード履歴は、Windows 10 Version 1809以降のWindowsでしか使えません。

WindowsUpdateで最新のバージョンへアップデートするか、『Windows 10のダウンロード – Microsoft』ページを開いて「今すぐアップデート」をクリックして、手動でWindows10をアップデートして下さい。

ほかのデバイスとクリップボード履歴を同期させたい場合

同じMicrosoftアカウントでログインしておくことで、複数のWindows10デバイスとクリップボードの履歴を同期することができます。

これは別途設定が必要なのと、Windows10のバージョンが「October 2018 Update」以上のものになっている必要があります。

クリップボード履歴を同期させる設定を行うには以下の手順で行います。

  1. デスクトップ左下の[スタート]->[設定]をクリックし、Windowsの設定画面を表示させてください。
  2. [システム]をクリックします。
  3. 左メニュー下の方にある[クリップボード]をクリックします。
  4. 「デバイス間で同期します」の項目に「サインイン」が表示される場合は、「Microsoftアカウント」でサインインします。
  5. [他デバイスとの同期]をオフからオンに切り替えます。これでクリップボード履歴機能が有効化されます。

クリップボードの履歴の使い方

クリップボードの履歴機能を使う基本的な流れは以下の通りです。

  1. 履歴機能を有効化した際と同じように[Windows+V]キーを同時に押します。
  2. すると、これまでコピーしてクリップボードに保存された内容が一覧表示されているので、貼り付けたい内容をクリックします。
  3. するとクリップボードの中身が更新され、いつもどおり[Ctrl+V]キーを押すことで、クリップボードの履歴から読み出した内容を貼り付けられます。

クリップボードの履歴をクリックした際、検索ボックスなどのテキスト入力エリアがアクティブになっていた場合、履歴から貼り付けたい内容クリックした時点で自動的にアクティブになっているテキスト入力エリアに貼り付けられます。

クリップボードの履歴を削除したい場合

クリップボードの履歴を削除する方法は、全てまとめて削除する方法と個別に削除する方法の二通りがあります。すべてのクリップボード履歴を削除したい場合は以下の手順で行います。

  1. [Windows+V]キーを同時に押してクリップボードの履歴を表示させます
  2. するとクリップボード履歴のウィンドウが表示されますが、履歴がひとつ以上あった場合はウィンドウの右上に[すべてクリア]というテキストが表示されます。
その[すべてクリア]をクリックすることでクリップボードの履歴を全て削除することができます。

一部の履歴のみ削除する方法

すべての履歴を削除するのではなく、一部の履歴のみ削除したい場合は以下の手順で行います。

  1. [Windows+V]キーを同時に押してクリップボードの履歴を表示させます。
  2. クリップボード履歴から削除したいものにカーソルを合わせると履歴の右上に出てくるバツボタンが表示されるので、それをクリックします。

クリップボードの履歴を削除する際は確認メッセージが表示されないため、間違って削除したくないものを削除しないようにしましょう。

Windows10を再起動しても履歴をクリップボードに残したい場合

クリップボードの履歴はWindows 10を再起動およびシャットダウンすると自動的に全ての履歴が削除されます。しかし、削除されて欲しくない履歴をピン留めすることによって、再起動やシャットダウンを行っても削除されずに残すことができます。

また、クリップボードの履歴の全消去を行っても消えずに残るようになります。

クリップボードの履歴をピン留めする方法は以下の手順で行います。

  1. [Windows+V]キーを同時に押してクリップボードの履歴を表示させます
  2. ピン留めしたい履歴にカーソル合わせると、履歴右上のバツボタンの下に横向きのピンアイコンが表示されるので、それをクリックします。
  3. 横向きのピンアイコンをクリックするとアイコンが斜めになり、斜めになったピンアイコンはピン留めされているということになり、Windows10の電源を落としても削除されないようになります。

一度ピン留めしたものを解除したい場合は、斜めになったピンアイコンをクリックすることでピン留めを解除できます。

ただし、ピン留めしている履歴であっても履歴右上のバツボタンをクリックしてしまうと削除されてしまうので注意しましょう。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)