iPhone – 緊急SOSを間違えて押してしまった時の誤発信した時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneにはいざという時に備えられるように、緊急SOSを発信できる機能が用意されています。

食中毒などで急に体が動かなくなってきたときや何かしらの事件に巻き込まれて危機が迫る状況であれば非常に役立つ機能ですが、興味本位で緊急SOSをしてしまったり、操作ミスで緊急SOSが発信されてしまうこともあるでしょう。

今回は、iPhoneで緊急SOSを押した時の影響と、間違えて緊急SOSをしてしまった場合の対処方法と紹介します。

iPhoneの緊急SOSを押すとどうなる

緊急SOSを間違えて行なってしまった際の対処方法の前に、緊急SOSを押すと一体どうなるのか知っておきましょう。

1.非常に大きな警告音が鳴る

まずはじめに非常に大きな警告音がなるようになります。

この警告音は緊急地震速報並のボリュームで、近くにいた人はもちろんのこと、木造建築の壁程度であれば軽く貫通するほどの音量です。

この警告音はオフにすることができますが、いざという時の事を考えるとオフにすることはあまりおすすめしません。

誤作動した際にうるさいと思う場合も我慢して軽奥音を有効化したままにしておきましょう。

2.警察・救急・消防に連絡が行く

緊急SOSをすると、緊急通報先の選択に関わらず警察や消防などにiPhoneのGPS情報やiPhone所有者などの情報が送信されます。

緊急SOSを行う際に通報先を選択する画面が表示されるものの、その画面に到達した時点で通報は完了しているので、緊急通報先の選択さえしなければ大丈夫と思わないようにしましょう。

また、緊急SOSの自動発信を設定していた場合は通報先を選択することなく、設定した緊急通報先に自動的にかけられます。

3.警察などから電話がかかってくる

先程も言ったように、緊急SOSを行うと警察や救急・消防といった各機関にGPS情報や情報などが送信されます。

その情報をもとに警察などから電話がかかってきて、緊急SOSを行なった側の通話が可能であれば状況を説明して、警察や救急などの対応を行います。

通話を無視する、通話に出たものの一言も発しない場合は、最悪のケースを想定して警察や救急などが動くことになります。

間違えて緊急SOSを押してしまった際の対処法

間違えてiPhoneの緊急SOSを押してしまった際の対処法を解説します。

適切に対処しないと大事になってしまう可能性があるので必ず確認しておいてください。

対処1:連絡を無視しない

緊急SOSを発信すると、SOSを発信したiPhoneから特定できる全ての個人情報が警察機関に特定され、最寄りの警察署などから電話が来るなど、即座に警察や救急などが動いてくれます。

そのため、緊急SOSの発信後に電話がかかってきた場合は無視せずに必ず対応するようにしましょう。

急に警察や救急からの電話が来ることによってパニックになってしまうかもしれませんが、電話に出なかった場合は急を要する事案だと思われてしまい、想像以上の大事になってしまう可能性があります。

運が良ければ怒られるだけで済みますが、最悪の場合は公務執行妨害などの罪に問われてしまう可能性があるので、絶対に丁寧に対応するようにしてください。

対処2:警察や救急などから電話が来たときは正直に話す

緊急SOSによる電話は警察や救急・消防からかかってきます。

そのため、間違えて緊急SOSを発信してしまった場合はそのことをしっかり伝えるようにしましょう。

緊急SOSを発信した理由が「本当に緊急SOSが発信されるのか興味があった」というはた迷惑な場合でもです。

各種機関からの電話を無視してしまうと何か事件に巻き込まれて電話にでることができないなどの最悪な状況を想定されて警察や救急・消防隊員が動員されてしまいます。

必ず正直に緊急SOSを発信した経緯を話すようにしましょう。

対処3:こちらから110・119に電話をしない

緊急SOSをすると警察から電話がかかってきますが、間違えて緊急SOSをしてしまった場合はこちらから警察などに電話しないようにしましょう。

電話中になっていると直ぐに警察などの緊急通報先が状況を確認できなくなるほか、情報の行き違いなどが起きてしまいますので、必ず警察や消防などから電話がかかってくるのを待つようにしましょう。

間違えて緊急SOS直後に電話をしてしまい、その間に各機関からの着信があった場合はすぐに折り返しを入れてください。

折り返しの電話を入れた後は、対処2で解説したように緊急SOSをした経緯について正直に話すことが大切です。

対処4:念の為家族にも伝えておく

iPhoneから緊急SOSが発信された場合、設定している緊急連絡先の相手にも緊急SOSをしたことが伝達されます。

何も知らずに緊急SOSを受け取った相手を確実に不安にさせてしまいますので、下手に迷惑をかける前に連絡を取るようにしましょう。

もし緊急連絡先に設定している家族からすぐに電話がかかってきたという場合であれば難しいですが、できれば警察からの電話の対応をしてから緊急連絡先への対応をすることがおすすめです。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)