AppStoreでアプリをアップデートできない/進まない時の対処 – iPhone/iPad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Appstore アプリをアップデートできない Ios

iPhoneやiPadでApp Storeからアプリの更新を行おうとすると、アップデートに失敗してしまったり、アップデートの処理が途中で進まなくなってしまうケースがあります。

しばらく待つことでアップデートできる場合もありますが、いつまで待っても待機中のままアップデートが終わらなかったり、何度もアップデートが失敗してしまう場合もあります。

本記事では、iPhone/iPadでApp Storeからアプリのアップデートができない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: インターネットの接続状態を確認する

iPhone/iPadのインターネット接続に問題があったり不安定なことが原因で、アップデートに時間が掛かったり、アップデートが待機中のまま止まってしまうケースがあります。

そのため、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信の電波状況に問題がなく、インターネットに正常に接続できていることを確認してください。

また、モバイルデータ通信を使用している場合は、可能であればWi-Fiに接続してアップデートをやり直してみてください。

関連: Wi-Fiのインターネット接続に問題がある場合は、以下のページの対処方法を参考にしてください。

対処2: アップデートを停止してから再開する

アプリのダウンロードを一時停止 Ios

App Storeのアプリのアップデートが途中で止まってしまった場合は、ダウンロードを一時停止してから再開すると正常にアップデートできることがあります。

アプリのアップデートを一時停止して再開するには、以下の手順で操作してください。

  • ホーム画面から操作する場合:
    1. ホーム画面(またはAppライブラリ)で「アップデートが止まっているアプリのアイコン」を長押しします。
    2. メニューが表示されたら「ダウンロードを一時停止」をタップします。
    3. アプリアイコンをもう1度長押しし、「ダウンロードを再開」をタップしてアップデートを再開します。
  • App Storeから操作する場合:
    1. 「App Store」を起動します。
    2. 右上の「アカウントアイコン」をタップします。
    3. アップデートの一覧で、「アップデートが止まっているアプリ」の「停止」をタップします。
    4. 「更新」が表示されたらタップして再開します。

以上の手順で、アプリのアップデートを停止してから再開することができます。アップデートを再開できたら、正常にアップデートが進行するようになったか確認してください。

対処3: ダウンロードを優先オプションを設定する

アプリのダウンロードを優先

別のアプリのインストールやアップデートなどを同時に行なっている場合、アップデートが完了するまでに非常に時間が掛かってしまうケースがあります。

上記の問題が考えられる場合は、「ダウンロードを優先」オプションを設定することで、目的のアプリを最優先でアップデートできるようになります。

「ダウンロードを優先」オプションを設定するには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面で、「アップデートが止まっているアプリ」を長押しします。
  2. メニューが表示されたら、「ダウンロードを優先」オプションをタップします。

以上の手順で、指定したアプリが優先的にアップデートされるようになります。オプションを設定できたら、アップデートが正常に進行するようになったか確認してください。

対処4: ストレージの空き容量を確保する

iPhone/iPadのストレージに十分な空き容量がないと、アップデートが途中で止まって失敗するケースがあります。

そのため、デバイスのストレージの空き容量を確認してみてください。デバイスのストレージの空き容量を確認するには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「iPhoneストレージ(またはiPadストレージ)」をタップします。
  4. 画面の上部にストレージの使用量が表示されます。
    • 使用量のゲージが右端近くまで到達している場合は、空き容量が不足しています。

空き容量が不足している場合は、不要なアプリやファイルを削除して空き容量を増やしてください。空き容量を確保できたら、アプリのアップデートを再度試してください。

関連: 空き容量を増やす方法については、以下のページを併せて参考にしてください。

対処5: iPhone/iPadを再起動する

iphone再起動

システムの一時的な不具合が原因で、アプリのアップデートが途中で止まっているケースが考えられます。

一時的なシステムトラブルであれば、再起動で解決できることが多いです。そのため、iPhone/iPadの再起動を試してみてください。

iPhone/iPadを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン非搭載): 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン搭載): 「トップボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「トップボタン」を長押しして起動します。

デバイスを再起動できたら、App Storeでアプリのアップデートを再度実行してみてください。

対処6: アプリを削除してから再インストールする

Appを削除 Ios

アプリを一度削除してから再インストールすることでアップデートの問題を回避できる場合があります。

ただし、アプリをそのまま削除するとアプリデータが全て消えてしまう点に注意してください。データを残したい場合は、アプリを取り除くを実行してください。

アップデートが止まるアプリを削除、または取り除くには、それぞれ以下の手順で操作します。

  • アプリを削除する場合(データも含めて削除):
    1. ホーム画面で、「アップデートが止まるアプリ」を長押しします。
    2. メニューが表示されたら「Appを削除」をタップします。
  • アプリを取り除く場合(アプリのみ削除):
    1. ホーム画面で、「設定」を開きます。
    2. 「一般」をタップします。
    3. 「iPhone/iPadストレージ」をタップします。
    4. 下にスクロールして、アプリ一覧で「アップデートが止まるアプリ」をタップします。
    5. 「Appを取り除く」をタップし、確認ポップアップが表示されたら「Appを取り除く」をタップします。

以上の手順で、アプリを削除することができます。アプリを削除できたら、App Storeを開いてアプリを通常の手順でインストールを行うと、最新バージョンのアプリがインストールされます。

対処7: App Storeへのサインインをやり直す

Appstoreからサインアウト

App Storeのサインイン状態に問題が起きていることが原因で、アプリのアップデートが途中で進まなくなってしまうケースがあります。

上記の問題は、App Storeへのサインインをやり直すことで解決する可能性があります。App Storeのサインインをやり直すには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面で「App Store」を開きます。
  2. 画面右上の「アカウントアイコン」をタップします。
  3. 一番下までスクロールして「サインアウト」をタップします。App Storeからサインアウトされます。
  4. 画面の上部まで戻って、「AppleID」と「パスワード」を入力して「サインイン」をタップします。

以上の手順で、App Storeに再度サインインすることができます。サインインをやり直せたら、アプリのアップデートができるようになったか試してください。

対処8: ソフトウェアアップデートを実行する

ソフトウェアアップデートを実行

iPhone/iPadのシステムのバージョンが古いことが原因で、アプリのアップデート時にエラーが起きて止まってしまうケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行してシステムのバージョンを確認し、アップデートが利用可能であればアップデートを実行してください。

ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかったら「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

システムを最新バージョンにアップデートできたら、アプリのアップデートを再度試してみてください。

対処9: システムステータスを確認する

App Storeのサーバーに障害が起きていることが原因で、アプリを正常にアップデートできないケースが考えられます。

そのため、App Storeのシステムステータスを確認して、問題が起きていないか確認してください。システムステータスは、以下のAppleの公式ページから確認できます。

「AppStore」の項目に障害が発生している場合は、復旧するまでしばらく待ってからアプリのアップデートを試してください。

対処10: iPhone/iPadの設定をリセットする

すべての設定をリセットする

ここまでの対処を行なってもアプリをアップデートできない場合は、iPhone/iPadの設定に何らかの問題があることが考えられます。

そのため、デバイスの設定を一度リセットしてから、アプリのアップデートができないか試してください。

デバイスの設定をリセットすると、全ての設定が初期状態に戻ります。デバイスの設定をリセットするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「すべての設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「すべての設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

以上の手順で、デバイスの設定をリセットすることができます。リセットが完了したら、再度App Storeでアプリをアップデートできないか試してください。

コメントを残す

*