ノートパソコンの内蔵カメラが映らない時の対処法 – Windows10/11

Windowsのノートパソコンの多くの機種には内蔵カメラが搭載されており、Web会議やライブ配信などに使用することができます。

しかし、アプリで内蔵カメラを使用しようとしても真っ暗で映らなかったり、内蔵カメラ自体が認識しない場合があります。

本記事では、Windows10/11のノートパソコンの内蔵カメラが映らない/認識しない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: PCを再起動する

ノートパソコンの内蔵カメラが普段は使えていたのに突然映らなくなった場合は、ドライバーやシステムの一時的な不具合が考えられます。

ドライバーやシステムの一時的な不具合はPCの再起動で解決することが多いです。そのため、ノートパソコンを一度再起動して内蔵カメラが映らないか確認してください。

ノートパソコンを再起動しても問題が解決しない場合は、他の原因が考えられるため次の対処方法に進んでください。

対処2: カメラのトラブルシューティングツールを実行する

Windowsにはカメラの問題を自動的に検出して修復するためのトラブルシューティングツールが実装されています。

そのため、PCを再起動しても内蔵カメラが映らない場合は、カメラのトラブルシューティングツールの実行を試してみてください。トラブルシューティングツールを実行するには、以下の手順で操作してください。

  • Windows10の場合:
    1. エクスプローラーを起動します。
    2. 「C:\Windows\diagnostics\system\Device」にアクセスします。
    3. 「DiagPackage.diagpkg」をダブルクリックして実行します。
    4. ウィザードに従ってトラブルシューティングを実行して問題を修正します。
  • Windows11の場合:
    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
    2. 「システム」→「トラブルシューティング」の順に選択します。
    3. 「その他のトラブルシューティング」をクリックしてください。
    4. 一覧から「カメラ」の横に表示されている「実行」ボタンをクリックします。
    5. ウィザードに従ってトラブルシューティングを実行して問題を修正します。

    トラブルシューティングを実行して内臓カメラの問題を修正できたら、アプリを起動してカメラが正常に映るようになったか確認してください。

    対処3: カメラのプライバシー設定を許可する

    内臓カメラのプライバシー設定が許可されていないことが原因で、アプリで真っ暗なまま映らないケースがあります。

    そのため、カメラのプライバシー設定でアクセスが許可されているか確認してください。カメラのプライバシー設定を許可するには、以下の手順で操作します。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
    2. 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
      • Windows10の場合は、「プライバシー」をクリックします。
    3. アプリのアクセス許可の「カメラ」をクリックします。
    4. 「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」が「オフ」になっている場合は、「変更」をクリックしてスイッチを「オン」に切り替えます。
    5. 「アプリがカメラにアクセスできるようにする」のスイッチを「オン」に切り替えます。
    6. カメラにアクセスできるアプリの一覧で、アプリのスイッチを全て「オン」に切り替えます。

    以上の手順で、カメラのプライバシー設定を許可することができます。カメラの使用を許可できたら、アプリを開いて内臓カメラが映るようになったか確認してください。

    対処4: 内蔵カメラのドライバーをアップデートする

    内蔵カメラのデバイスドライバーのバージョンが古く不具合があることが原因で、カメラが正常に映らないケースが考えられます。

    そのため、内蔵カメラのドライバーを最新バージョンにアップデートすることで、問題が解決する可能性があります。内蔵カメラのドライバーをアップデートするには、以下の手順で操作してください。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
    2. 「イメージングデバイス」のツリーを展開します。
    3. 「内蔵カメラのドライバー名」を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。
      • 内蔵カメラのドライバーが見つからない場合は、「カメラ」のツリーを展開してください。
    4. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
    5. 内蔵カメラのドライバーが自動的にインストールされます。
      • 既に最新のドライバーがインストールされている場合は、「Windows Updateで更新されたドライバーを検索する」をクリックしてWindowsUpdateを実行してください。

    内蔵カメラのドライバーをアップデートできたら、カメラを使用するプログラムを起動して正常に映るようになったか確認してください。

    補足: 内臓カメラを新しいバージョンにアップデートできない場合は、メーカーの製品ページから最新のドライバーを手動で入手してインストールすることで問題が解決することもあります。

    対処5: 内蔵カメラのドライバーを再インストールする

    内蔵カメラのドライバーが破損していることが原因で、アプリでカメラが映らないケースが考えられます。

    そのため、内蔵カメラのドライバーを再インストールして修復することで、問題が解決する可能性があります。内蔵カメラのドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
    2. 「イメージングデバイス」のツリーを展開します。
    3. 「内蔵カメラのドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
      • 内蔵カメラのドライバーが見つからない場合は、「カメラ」のツリーを展開してください。
    4. 確認ダイアログが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
    5. アンインストールが完了したら、PCを再起動します。
    6. PCが再起動すると、Windowsが自動的に内蔵カメラを検出してドライバーが再インストールされます。

    内蔵カメラのドライバーを再インストールできたら、アプリを開いてカメラが正常に映るようになったか確認してください。

    対処6: カメラのプライバシーモードを解除する

    ThinkpadなどのLenovoのノートパソコンの場合は、カメラのプライバシーモードが有効になっていることが原因で、内蔵カメラが機能しないケースが考えられます。

    そのため、Lenovoの設定アプリケーションを開いて、カメラのプライバシーモードを解除してください。カメラのプライバシーモードを解除するには、以下の手順で操作します。

    1. 「Windowsマーク」をクリックして、「Lenovo Vantage」を起動します。
    2. 「デバイス」→「デバイス設定」を開きます。
    3. 「カメラ - プライバシーモード」のスイッチを「オフ」に切り替えます。
      • スイッチを変更できない場合は、WindowsストアからLenovo Vantageを再インストールしてください。

    カメラのプライバシーモードを解除できたら、アプリを起動して内蔵カメラが正常に映るようになったか確認してください。

    対処7: 内蔵カメラのショートカットキーを入力する

    ノートパソコンの一部の機種は、内蔵カメラの有効/無効を切り替えるショートカットを搭載しています。

    そのため、内蔵カメラのショートカットキーを入力して機能が有効になっているか確認してください。

    内蔵カメラの有効/無効を切り替えるショートカットキーは、「Fn + F6」や「Fn + Space」、「Fn + F8」などノートパソコンによって異なります。

    ショートカット搭載の有無やショートカットキーが不明な場合は、メーカーのマニュアルやヘルプページを参考にしてください。

    対処8: アプリのカメラ設定を変更する

    特定のアプリのみ内蔵カメラが映らない場合は、アプリのカメラ設定に問題があることが考えられます。

    そのため、アプリのカメラ設定を開いて、使用するカメラで内蔵カメラデバイスを指定しているか確認してください。

    アプリのカメラ設定はアプリによって異なるため、アプリのヘルプページなどを参考にしてください。

    関連: 特定のアプリケーションでのみカメラが映らない場合は、次のページの対処方法も併せて参考にして下さい。

    対処9: セキュリティソフトを無効化する

    サードパーティのセキュリティソフトを使用している場合、セキュリティソフトの機能によって内蔵カメラがブロックされて映らないケースが考えられます。

    そのため、サードパーティのセキュリティソフトを停止した状態で、内蔵カメラが使用できないか確認してください。

    サードパーティのセキュリティソフトの停止方法はメーカーによって異なりますが、タスクバー右側のセキュリティソフトのアプリアイコンを右クリックして停止できることが多いです。

    セキュリティソフトを停止した状態で解決した場合は、セキュリティソフトの設定を変更するか、別のセキュリティソフトを使用することを検討してください。

    解決しない場合

    ここまでの対処法を試しても直らない場合は、ノートパソコンの内蔵カメラが故障しているケースが考えられます。

    そのため、外付けのWebカメラを使用することを検討してください。外付けのWebカメラは、ノートパソコンにUSB接続して使用できます。

    ノートパソコンの内蔵カメラがどうしても使用したい場合は、メーカーや修理業者に診断と修理を依頼することを検討してください。

    コメントを残す

    *