スマホの漢字変換・予測変換ができない原因と対処法[iPhone,Android]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スマホで文字入力を行っていると文字変換ができなくなる、または変換はできるけど候補がおかしいという症状が発生することがあります。

しばらくしたら直ることもありますが、そうでない場合や頻繁に発生する場合は何らかの対処が必要です。

iPhoneとAndroidそれぞれのスマホで、漢字変換や予測変換ができない時の対処法を紹介します。お困りであれば参考にしてみて下さい。

スマホの変換ができない・おかしいときの原因

変換機能がおかしくなる原因として、主に以下の3点が考えられます。

  • キーボードアプリ・端末本体の一時的な不具合
    • アプリに一時的なエラーが発生している場合は端末の再起動で解決できます。またシステムのバージョンが古いと不具合の原因になることがあるためソフトウェアアップデートも行っておくと良いでしょう。
  • キーボードアプリに問題がある
    • キーボードの設定に問題があるか、不具合が発生している可能性があります。キーボードの設定を確認し、改善しなければキーボードの初期化などを試します。
  • アプリに問題がある
    • LINEなど、特定のアプリでのみ変換ができない場合はアプリ側に問題があるかもしれません。

ここからはそれぞれの問題の具体的な対処の手順を解説します。

対処1:端末の再起動を行う

iPhone・Android共通の対処法として、まず端末の再起動を試してください。スマホの電源を完全に切り、その後電源を入れ直して問題が改善したか確認します。

また、端末のシステムが最新版になっていなければこちらの更新も行います。

iPhoneの手順

  1. ホーム画面にある「設定」をタップします。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示された場合は更新不要です。利用可能なアップデートが表示された場合は「ダウンロードとインストール」をタップし、その後画面の指示に従って更新を行います。

Androidの手順

  1. ホーム画面またはアプリ一覧から「設定」アプリを起動します。
  2. 画面を下へスクロールし、「バージョン情報」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. 「最新の状態です」と表示された場合は更新の必要はありません。利用可能なアップデートが表示された場合は画面の指示に従って更新を行います。

対処②キーボードアプリの状態を確認する

スマホのキーボードアプリに不具合が起きていることが考えられます。スマホのキーボードを設定し直して症状が改善しないか確認しましょう。

もしキーボードアプリをリセットしても改善しない場合は、苦肉の策ですが標準以外のキーボードアプリを使う方法もあります。順の手順を紹介します。

キーボードアプリのリセット手順

iPhoneの手順

まずキーボードの設定を確認します。

  1. ホーム画面にある「設定」をタップします。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「キーボード」をタップします。
  4. 次のページでもう1度「キーボード」をタップします。
  5. 「日本語-かな」が追加されていることを確認します。「日本語-かな」がない場合は「新しいキーボードを追加」をタップします。そして「日本語」→「かな」にチェックを入れてから「完了」をタップします。
  6. 確認したら前のページへ戻ります。
  7. 変換候補がおかしいという症状が出ている場合は「自動修正」の項目をオフに切り替えます。

解決しない場合は変換学習のリセットを行います。

  1. 先程と同じくホーム画面にある「設定」をタップして設定アプリを起動し、「一般」をタップします。
  2. 「一般」画面が表示されたら「リセット」をタップします。
  3. 「キーボードの変換学習をリセット」をタップします。
  4. パスコードを求められたら指示に従い入力します。
  5. 確認メッセージが表示されたら「変換学習をリセット」をタップします。

Androidの手順

キーボードの設定を確認します。ただし機種やインストールされているキーボードの種類により操作が異なることがありますので、端末のマニュアル等を参照しながら設定を行ってください。

  1. ホーム画面またはアプリ一覧から「設定」アプリを起動します。
  2. 下へスクロールし「言語とキーボード」をタップします。
  3. キーボード一覧の中から使用しているキーボード(Google日本語入力・iWnn IMEなど)を選んでタップします。
  4. 各種設定項目を確認し、「自動修正」「学習機能」などの項目があればオフにして問題が解消するか試します。また学習履歴の消去が有効なケースもありますので可能であれば履歴消去を行います。

標準以外のキーボードアプリを使う

それでも解決しない場合は非標準キーボードアプリを使用することで対処できるかもしれません。iOS・Androidで利用できる日本語キーボードアプリは以下の3つが有名です。

上記のいずれかのアプリをインストールして、キーボードアプリを変更後、漢字や予測変換ができないか確認してみましょう。

ただし、海外製機種などは標準でインストールされているキーボードが日本語入力に十分に対応していない場合があるため注意しましょう。

特定のアプリでのみ症状が発生する場合

LINEなど、特定のアプリでのみ変換ができない場合はまずアプリの再起動を試してみてください。

それでも解決しない場合はアプリの再インストールを試します。ただしLINEの場合、必要な手続きを済ませないままアンインストールしてしまうとアカウントに再ログインできなくなってしまったり、一部のデータが消失してしまったりする恐れがあります。

アンインストールをする前に必ずアカウント登録の手続きを行い、またトーク履歴のバックアップも取った上で再インストールの操作を行うようにしてください。

LINE以外のアプリの場合も、アプリの利用ガイドやヘルプを参考に必要なデータをバックアップしてから再インストールを行ってください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)