最新のSSU(サービススタック更新プログラム)のインストール方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WindowsUpdateで最新のServicing Stack Update(サービススタック更新プログラム)が自動でインストールされず、エラーが出てWindows10をアップデートできないケースがあります。

上記の問題が発生した場合は、最新のSSUを手動でインストールすることでWindowsUpdateの問題を解決できる可能性があります。

今回は、Windows10の最新のSSU(サービススタック更新プログラム)を手動でインストールする方法について紹介します。

SSU(Servicing Stack Update)とは

SSU(サービススタック更新プログラム)は、WindowsUpdateのサービススタックを修正するための更新プログラムです。SSUは、Servicing Stack Updateの略です。

SSUの最新のバージョンは、基本的にWindowsUpdateによって自動でインストールされます。

WindowsUpdateの一部の更新プログラムは、SSUのバージョンが古いとインストールできない場合があります。そのため、SSUは最新のバージョンがインストールされていることが望ましいです。

最新のSSUを手動でインストールする方法

通常であれば最新のSSUはWindowsUpdateによって自動でインストールされるため、手動でインストールする必要はありません。

最新のSSUがインストールされていない場合は、次の手順で手動でインストールする必要ことができます。

手順1: Windows10のバージョン/ビット数を調べる

SSUをインストールする前に、まず現在使用しているWindows10のバージョンとビット数を調べておくことをおすすめします。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. バージョン情報の画面が表示されます。
  3. 右ペインで「デバイスの仕様」の「システムの種類」で「Windowsのビット数」を確認します。
    • 「XX オペレーティングシステム」の部分がWindowsのビット数です。
  4. スクロールして「Windowsの仕様」の「バージョン」を確認します。

以上で、Windows10のバージョンを調べることができます。

手順2: SSUをダウンロードしてインストールする

現在のWindows10のバージョンが調べれたら、次の手順で最新のSSUをダウンロードしてインストールします。

  1. 『最新のサービス スタック更新プログラム – Microsoft』のページにアクセスします。
  2. ソフトウェアの更新の一覧で、現在使用しているWindows10の「バージョン」と「ビット数」と一致する製品名を探します。
  3. 一致する製品名の行の「Servicing Stack Update」をクリックします。
  4. MicrosoftUpdateカタログのページに移動します。
  5. Windowsの「ビット数(x64は64bit、x86は32bit)」に対応するタイトルの更新プログラムを探して「ダウンロード」をクリックします。
  6. 更新プログラムのダウンロードページが表示されたら、「ダウンロードURL」をクリックするとダウンロードが開始します。
  7. ダウンロードしたプログラムを実行します。セキュリティの警告が出た場合は「開く」を選択してください。
  8. SSUのインストールが開始します。
    • 「この更新プログラムはお使いのコンピュータに適用できません」のエラーが出る場合は、インストールしようとしているSSUのバージョンかビット数が間違っていることが考えられます。
  9. インストールが完了したらPCを再起動してください。

以上の手順で最新のSSUを手動でインストールすることができます。WindowsUpdateにエラーがあった場合は、再度アップデートの実行を試してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)