Macの「Sidecar」が使えない/接続できない/表示されない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Sidecarが使えない・接続できない

Sidecarは、macOS Catalina以降のMacでiPadをサブディスプレイとして使える機能です。

しかし、Sidecar機能を使ってiPadに接続しようとしても、「デバイスなし」「接続できません」等のエラーが表示されてiPadに接続できないことがあります。また、Sidecarの設定がMacに表示されないケースもあります。

本記事では、Macの「Sidecar」が使えない、接続できない時の対処方法について詳しく紹介します。Sidecarの接続先にiPadが表示されない場合も参考にしてみてください。

対処1: Sidecarの接続方法を確認する

Ipadにsidecarで接続

Sidecar機能を使用するには、Mac側で操作してiPadに接続する必要があります。

MacからiPadにSidecar機能で接続するには、以下の手順で操作します。

  • macOS BigSur以降:
    画面上部のメニューバーで「コントロールセンター(スイッチが2つのアイコン)」をクリックし、「ディスプレイ」をクリックします。接続先で「iPad」を選択します。
  • macOS Catalina:
    画面上部のメニューバーで「AirPlayアイコン」をクリックし、接続先で「iPad」を選択します。

メニューバーにAirPlayアイコンが表示されない場合は、Mac側で以下の手順でミラーリングオプションの表示を有効に設定してください。

  1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「ディスプレイ」をクリックします。
  3. 「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」にチェックを入れます。
    ミラーリングオプションを表示 Mac

メニューバーでSidecarの接続操作ができない場合は、以下の手順でシステム環境設定から接続してみてください。

  1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「Sidecar」をクリックします。
  3. 「接続先」のデバイスで「iPad」を選択します。
    システム環境設定 Sidecar接続

対処2: デバイスがSidecarに対応しているか確認する

Mac Sidecarの対応を確認

Mac、またはiPadのモデルが古い場合、デバイスがSidecar機能に対応していないケースがあります。

Sidecarを使うには、デバイスが以下の条件を満たしている必要があります。具体的な対応モデルは下記のApple公式ページで確認できます。

  • Macの搭載システムがmacOS Catalina以降
  • iPadの搭載システムがiPadOS 13以降

デバイスが対応しているにも関わらずSidecar機能が使えない場合は、MacとiPadの両方のデバイスでシステムアップデートを実行し、最新のシステムに更新してください。

MacとiPadをシステムアップデートするには、それぞれ以下の手順で操作します。

  • Mac側の操作:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「このMacについて」を選択します。
    2. 「ソフトウェア・アップデート」をクリックします。新しいアップデートのチェックが開始するので、そのまま待ちます。
    3. 新しいアップデートが提供されている場合は、「今すぐアップデート」または「今すぐアップグレード」をクリックします。
    4. Macが再起動して、アップデートが適用されます。
  • iPad側の操作:
    1. 「設定」アプリを開いて、「一般」をタップします。
    2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
    3. 新しいアップデートのチェックが開始します。
    4. 新しいアップデートが提供されている場合は、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
      • パスコードの入力ポップアップが表示された場合は、iPadのパスコードを入力してください。
    5. 新しいアップデートのダウンロードが開始します。
    6. ダウンロードが完了するとポップアップが表示されます。「今すぐインストール」をクリックしてアップデートを適用します。

MacとiPadの両方のシステムを最新の状態にアップデートできたら、再度Sidecarが使用できないか確認してください。

MacがSidecarに対応していない場合

MacがSidecar機能に対応していない場合は、非公式の『SidecarPatcher - GitHub』を実行することで、Sidecarを強制的に有効化することができます。

ただし、上記のパッチは、適用する手順が少々複雑で、Sidecar機能を使用できてもカラーの表示に一部問題があるため非推奨の方法です。

MacがSidecarに対応していないの場合は、『Duet Display』などのサードパーティのアプリを使用することをおすすめします。

対処3: Bluetoothをオン/再度オンにする

Mac Bluetoothをオンにする

Sidecarを使うにはBluetooth機能をオンにする必要があります。そのため、Mac、iPad両方のデバイスでBluetooth機能がオンになっていることを確認してください。

また、Bluetoothが既にオンになっている場合も、一度オフにしてからオンに切り替えることでSidecarの問題が解決する場合があります。

Bluetoothの設定を確認してオンに切り替えるには、MacとiPadでそれぞれ以下の手順で行います。

  • Mac側の操作:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
    2. 「Bluetooth」をクリックします。
    3. 画面左側にある「Bluetoothを入にする」をクリックして、Bluetoothをオンにします。
      • 既にオンになっている場合は、「Bluetoothを切にする」をクリックしてから、「Bluetoothを入にする」をクリックしてオンに戻します。
  • iPad側の操作:
    1. 「設定」アプリを開きます。
    2. 「Bluetooth」をタップします。
    3. 「Bluetooth」スイッチをタップしてオンにします。
      • 既にオンになっている場合は、オフにしてから再度オンにしてください。

Bluetoothをオン、または再度オンにできたら、Sidecarが正常に機能するようになったか確認してください。

対処4: Wi-Fiをオン/再度オンにする

Wi Fiをオンにする Mac

MacとiPadのWi-Fi機能がオフになっている場合は、Sidecar機能をワイヤレス環境で使用できません。

そのため、無線で使用する場合はWi-Fi機能をオンにし、MacとiPadを同じWi-Fiネットワークに接続してください。既にWi-Fiが有効になっている場合でも、Wi-Fiを一度オフにしてからオンに戻すことで改善することがあります。

Wi-Fi機能をオンに切り替えるには、MacとiPadでそれぞれ以下の手順で操作します。

  • Mac側の操作:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
    2. 「ネットワーク」をクリックします。
    3. 「Wi-Fi」を選択している状態で、右ペインで「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。
      • 既にオンの場合は、「Wi-Fiをオフにする」をクリックしてから「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。
  • iPad側の操作:
    1. 「設定」アプリを開きます。
    2. 「一般」をタップします。
    3. 「Wi-Fi」をタップします。
    4. 「Wi-Fi」のスイッチを「オン」に変更します。
      • 既にオンになっている場合は、オフにしてから再度オンにしてください。

Wi-Fi機能をオン、または再度オンにできたら、Sidecarが正常に機能するようになったか確認してください。

なお、MacとiPadが同一ネットワークに接続されていないと、Sidecar機能は使えません。接続先のWi-Fiが一致していること、VPNを使用していないことも確認してください。

対処5: Handoffを有効にする

Macのhandoffを許可する

MacとiPadのHandoff機能が無効になっている場合も、Sidecar機能が使えません。そのため、MacとiPadの両方でHandoffを有効に設定してください。

MacとiPadのHandoffを有効にするには、それぞれ以下の手順で操作します。

  • Mac側の操作:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
    2. 「一般」をクリックします。
    3. 下部にある「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを入れます。
  • iPad側の操作:
    1. 「設定」を開きます。
    2. 「一般」をタップします。
    3. 「AirPlayとHandoff」をタップします。
    4. 「Handoff」のスイッチを「オン」に設定します。

Handoffが無効になっていた場合は、設定変更後にSidecarが正常に機能するようになったか確認してください。

対処6: AppleIDの2ファクタ認証を有効にする

2ファクタ認証をオンにする Mac

AppleIDの2ファクタ認証が無効になっている場合も、Sidecar機能を使用することができません。

そのため、AppleIDの2ファクタ認証が有効になっているか確認し、無効になっている場合は有効化してください。

AppleIDの2ファクタ認証を有効にするには、MacもしくはiPadで以下の手順で操作します。

  • Macの場合:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
    2. 「AppleID」をクリックします。
    3. 左ペインで、「パスワードとセキュリティ」をクリックします。
    4. 右ペインで、2ファクタ認証の「有効にする」をクリックします。
  • iPadの場合:
    1. 「設定」アプリを開きます。
    2. 上部の「サインインしているアカウント名」をタップします。
    3. 「パスワードとセキュリティ」をタップします。
    4. 「2ファクタ認証を有効にする」をタップします。
    5. 案内に従って確認コードを入力すると、2ファクタ認証が有効になります。

AppleIDの2ファクタ認証を有効にできたら、Sidecarが正常に機能するようになったか確認してください。既に2ファクタ認証が有効だった場合は、次の対処に進んでください。

対処7: MacとiPadを再起動する

macOSまたは、iOSの一時的なシステムトラブルによって、Sidecarが正常に動作しないケースが考えられます。

一時的なシステムトラブルはデバイスの再起動によって解決することが多いため、MacとiPadを一度再起動してみてください。

MacとiPadを再起動できたら、再度Sidecarの接続を試します。再起動を行なっても解決しない場合は、次の対処に進んでください。

対処8: 同じApple IDにサインインする

Appleidメールアドレス確認 Mac

Sidecarの機能は、MacとiPadの両方で同じApple IDにサインインしないと使用できません。

そのため、デバイスが同じAppleIDにサインインしているか確認してください。サインインしているAppleIDは以下の手順で確認できます。

  • Macの場合:
    1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
    2. 「AppleID」をクリックします。
    3. 「AppleID」のメールアドレスを確認します。
  • iPadの場合:
    1. 「設定」アプリを開きます。
    2. 上部の「サインインしているアカウント名」をタップします。
    3. アカウントアイコンの下に表示されている「メールアドレス」を確認します。

AppleIDが異なっている場合は、同じアカウントでサインインしてください。また、同じAppleIDの場合でも、Apple IDにサインインし直すことで問題が解決するケースがあります。

Apple IDからサインアウト・サインインする方法については、以下のApple公式ページを参照してください。

対処9: iPadでコンピューターの信頼設定をする

Sidecar機能を有線接続で使用する場合は、iPadでMacを信頼するデバイスとして設定する必要があります。

信頼するデバイスの設定を行うには、Macにケーブルを使ってiPadを接続し、iPadのロック解除後に表示される「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージで「信頼」をタップしてください。

MacにiPadを接続してもメッセージが表示されない場合は、信頼するデバイスの設定を一度リセットしてみてください。

信頼するデバイスの設定をリセットするには、iPadで以下の手順で操作します。

  1. MacとiPadの接続を切断して、「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「位置情報とプライバシーをリセット」をタップします。
  5. 「リセット」をタップしてリセットを実行します。

以上の手順で、信頼するデバイスの設定をリセットすることができます。

リセットが完了したら、MacとiPad接続し直して、メッセージが表示されるか試してください。メッセージが表示されたら「信頼」を選択し、信頼するデバイスとして登録します。

対処10: ディスプレイ設定を切り替える

ディスプレイをミラーリング Mac

Sidecar機能で正常にiPadに接続できても、iPadの画面が真っ暗のまま映らない場合があります。

上記の問題は、ディスプレイの設定をミラーリングモードなどに切り替えることで正常に画面が映る可能性があります。

そのため、以下の手順でMac側のディスプレイ設定を切り替えて問題が解決しないか確認してください。

  1. 画面上部の「Appleマーク」をクリックし、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「ディスプレイ」をクリックします。
  3. 画面上部に並ぶメニューより、「配置」を開きます。
  4. 「ディスプレイをミラーリング」を有効にするにチェックを入れて、画面が映ったら設定を元に戻します。

ミラーリング以外にも、ディスプレイ設定でディスプレイの配置を移動することで問題が解決する場合もあります。

ディスプレイ設定を変更してiPadの画面が正常に表示されたら、そのまま使用して問題ありません。

コメントを残す

*