ゲーム中のWindowsキーを無効/有効に切り替える方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キーボードの「Windowsキー」はスタートメニューが起動できたり、特定の操作のショートカットキーとして使用することができます。

本来便利なキーですが、ゲームのプレイ中に誤って押してしまうと、ゲームが中断されて邪魔になってしまい無効にしたい場合があると思います。

上記の問題を防ぐには、ゲーム中はWindowsキーを押しても反応しないように設定することで解決できます。

今回は、Windows10で「Windowsキー」を無効化する方法について詳しく紹介します。有効に戻す方法も合わせて紹介します。

方法1: キーボードのアンチゴースト機能を使う

ゲーミングキーボードの多くは、ゲームのプレイ中に特定のキーを無効化できるアンチゴースト機能(もしくはゲーミングモード)が付属しています。

そのため、ゲーミングキーボードを使用している場合は、上記の機能を使ってWindowsキーを無効化する方法が最も手軽です。

アンチゴースト機能を使うには、特定のショートカットキーや専用スイッチでオン/オフを切り替える方法や、専用のアプリを使用して切り替える方法があります。

キーボードによって機能の使用方法が異なるため、対応しているキーボードの場合は取扱説明書やメーカーのサポートページを確認してみてください。

方法2: レジストリ編集でWindowsキーを無効化する

Windowsキーを全く使わないのであれば、レジストリを変更してWindowsキーを無効化することができます。レジストリでの無効化は、全てのキーボードで設定できます。

また、アプリを利用する方法では無効したい際に毎回アプリを起動する必要がありますが、レジストリで無効化することで永続的にWindowsキーを無効化することができます。

レジストリを編集してWindowsキーを無効化するには次の手順で設定してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前欄に「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディターが開いたら、ウィンドウ左側のツリーを辿って以下のパスまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
  4. 「Keyboard Layout」フォルダまで辿ったら、「Keyboard Layout」キーを右クリック→「エクスポート」を選択して現在の設定のバックアップを保存します。
    • バックアップの保存先を指定するよう求められるので、保存しやすいフォルダ(ドキュメントフォルダ等)を指定してください。
    • 「ファイル名」は自由に指定できますが、「KeyboardLayout-Backup」などの分かりやすい名前を付けてください。最後に「保存」をクリックしてバックアップを保存します。
  5. レジストリーエディターの画面左側の操作に戻ります。「Keyboard Layout」フォルダを右クリックし、「新規」→「バイナリ値」を選択します。
  6. 画面右側に「新しい値」が作成されます。「新しい値」の名前を「Scancode Map」に変更します。
    • 変更前に名前を確定してしまった場合は、「新しい値」を右クリックし、「名前の変更」を選択すれば再度名前を変更できるようになります。
  7. 「Scancode Map」をダブルクリックします。
  8. 「バイナリ値の編集」ウィンドウが開きます。「値のデータ」欄に、以下のように入力します。
    00 00 00 00 00 00 00 00
    03 00 00 00 00 00 5B E0
    00 00 5C E0 00 00 00 00
  9. 「OK」をクリックして設定を保存し、レジストリエディターを終了します。
  10. パソコンを再起動してレジストリを反映します。

有効に戻したい時は、先程作成した「Scancode Map」を右クリック→「削除」を選択してください。またはレジストリエディターの「ファイル」→「インポート」メニューより、作成したバックアップをインポートすることでも設定を元に戻すことができます。

方法3: フリーソフト「NoWinKey」を使う

フリーソフトの「NoWinKey」を使えば、レジストリを編集することなく簡単にWindowsキーを無効化することができます。

ダウンロードして起動するだけで使えるようになるため、面倒な設定も不要です。NoWinKeyを使うには、以下の手順で操作してください。

  1. 『NoWinKey – 愛とゆりの部屋』の配布ページにアクセスします。
  2. 「NoWinKey」の項目の右にある「ダウンロード」をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。
  3. ダウンロードが完了したらファイルを展開します。
    • LZH形式になっているため、展開できない場合は『7-Zip』などの展開ソフトを使用してください。
  4. ファイルが展開できたら、フォルダの中にある「NoWinKey.exe」を起動します。
  5. アプリを起動するとWindowsキーが無効になります。
    • 有効に戻したい場合は、タスクトレイにあるNoWinKeyアイコンをクリックしてください。

方法4: フリーソフト「AutoHotkey」を使う

フリーソフトの「AutoHotkey」を使用することで、Windowsキーを含めた様々なキーを無効にすることができます。

NoWinKeyと比べるとスクリプトを作成する手間がかかりますが、キーの機能の割り当てを自由にカスタマイズすることもできます。ただし、英語であることに注意してください。

AutoHotkeyを使ってWindowsキーを無効にするには、次の手順で操作してください。

  1. 『AutoHotkey公式配布ページ』にアクセスします。
  2. 「Download」ボタンをクリックし、「Download Current Version」を選択してインストーラを入手します。
  3. ダウンロードしたインストーラを実行します。インストール方法の選択を求められるので、「Express Installation(高速インストール)」か「Custom Installation(カスタムインストール)」のどちらかを選択します。
    • 特にこだわりがなければ「Express Installation」の方が簡単でおすすめです。
  4. AutoHotkeyのインストールが完了したら、「Exit」をクリックしてインストールを終了します。
  5. Windowsキーを無効化するスクリプトを作成します。まず、デスクトップの何もない部分を右クリックし、「新規作成」→「テキストドキュメント」を選択します。
  6. 「新しいテキストドキュメント.txt」をダブルクリックして開きます。
  7. 空白のテキストファイルが開いたら、以下のコマンドをテキストファイルにコピー・貼り付けしてください。
    LWin::return
    RWin::return
    • 無効にするのではなくWindowsキーに他のキーを割り当てたい時は、スクリプトの「return」の部分を割り当てたいキーの名前に置き換えてください。
      • 例えば「LWin::return」の部分を「LWin::a」に書き換えると、左のWindowsキーを押した時にキーボードのaが入力されたことになります。
  8. 「ファイル」→「上書き保存」を選択してから、テキストファイルを閉じます。
  9. 「新しいテキストドキュメント.txt」のファイル名を右クリック→「名前の変更」を選択して「DisableWinKey.ahk」に変更します。
    • ファイル名は自由につけられますが、拡張子は必ず「.txt」から「.ahk」に変更するようにしてください。
    • 拡張子が表示されていない場合は、エクスプローラーの「表示」タブで「ファイル名拡張子」にチェックを入れてください。
  10. 「DisableWinKey.ahk」をダブルクリックしてスクリプトを実行します。成功するとタスクトレイにAutoHotkeyアイコンが表示されます。

AutoHotkeyが起動できたら、Windowsキーを押してキーが反応しなくなったことを確認してください。

Windowsキーを有効に戻したい時は、タスクトレイのAutoHotkeyアイコンを右クリックして「Suspend Hotkeys(一時停止)」または「Exit(終了)」を選択してください。

補足: AutoHotkeyを活用することで複雑なマクロを組んだり、ファイルやアプリを操作したりすることもできます。より高度な利用方法については、公式の『AutoHotkey Quick Reference(英語)』『AutoHotkeyJp(日本語リファレンス)』のマニュアルを参照してください。

方法5: Windowsのホットキーを無効化する

グループポリシーやレジストリを変更してWindowsホットキーを無効化することができます。

ただし、Windowsホットキーを無効にすると、WindowsキーだけでなくWindowsキーを使ったショートカットキーも無効化される点に注意してください。

Windowsホットキーを無効化するには、次の手順で設定を行います。

方法5-1: グループポリシーエディターから無効化する

Windows10 Pro以上のバージョンの場合は、グループポリシーエディターからWindowsホットキーを無効化できます。

グループポリシーエディターでWindowsキーを無効化するには、以下の手順で設定します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディターが開きます。画面左側のツリーを、「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「エクスプローラー」の順に展開します。
  4. 「エクスプローラー」をクリックし、画面右側のリストを確認します。「Windowsキーホットキーをオフにする」の項目を探します。
  5. 「Windowsキーホットキーをオフにする」をダブルクリックします。設定画面が表示されるので、「有効」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
  6. グループポリシーエディターを終了し、パソコンを再起動します。

Windowsホットキーを有効に戻したい場合は、グループポリシーエディターで「Windowsキーホットキーをオフにする」の設定を「無効」に戻してください。

方法5-2: レジストリから無効化する

Windows10 Homeではグループポリシーエディターは使用できないため、次の手順でレジストリを編集してWindowsホットキーを無効化します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 左ペインのツリーを次の順に展開して「Explorer」キーを選択します。
    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
    • 「Explorer」キーがない場合は、「Policies」キーを右クリックして「新規」→「キー」を選択して「Explorer」キーを作成してください。
  4. 「Explorer」キーを右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択して、「NoWinKeys」の値を作成します。
  5. 右ペインで作成した「NoWinKeys」をダブルクリックして、値のデータを「1」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してレジストリを反映します。

設定を戻したい場合は、「NoWinKeys」の値を「0」に変更するか値を削除してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)