Excelのファイルを開いても中のシートがグレーで表示されない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Excelは複雑な計算やグラフ作成を手軽に行える、非常に頼もしいツールの1つです。ビジネスシーンはもちろん、顧客名簿のデータベースや家計簿なども簡単に作成できます。

そんな頼もしいツールであるExcelですが、ファイルを開いた際、シートがグレーになっていて表示されないといった現象に遭遇した方も多いはず。きちんとデータは保存したはずなのに表示されていないと、慌ててしまい、そのファイルを削除してしまったなんてことも起こります。

そこで今回は、Excelのファイルを開いても、シートがグレーで表示されない時の対処法を紹介します。慌てて削除する前に、これから紹介する対処法をぜひ試してみてください。

対処1: ウィンドウを整列させる

Excelのファイルを開いても、中のシートがグレーで表示されない時は、まず以下の方法を試してみましょう。

  1. Excelの画面で「表示」タブを選択します。
  2. 表示されたリボンの中から「整列」をクリックします。
  3. 「ウィンドウの整列」メニューが表示されたら、そのまま「OK」をクリックします。

この方法でシートが表示された場合、原因は「シートを表示外まで移動させてしまった」ことにあります。特に、1つのシートを複数人で扱うことがある場合に多く発生します。

ある人が2台のモニターでExcelのシートを使用し、そのまま保存して閉じます。すると、次に1台のモニターでExcelのシートを開いた人は、シートの表示幅が足りない状態になるので画面がグレーになってしまうのです。

この状態を防ぐには、複数のモニターを使用している人がメインモニターでExcelシートを最大化表示してから保存し、Excelを閉じる必要があります。少し手間はかかりますが、複数のモニターでExcelを操作する方は注意しておきましょう。

対処2: 改ページプレビューを解除する

シートがグレーになっているものの、シートの一部分だけが表示されている場合があります。

これは多くの場合、表示形式が「改ページプレビュー」の状態になっていることが原因です。以下の手順で表示形式を元に戻しましょう。

  1. Excelの画面で「表示」タブを選択します。
  2. 「標準」ボタンをクリックします。

改ページプレビューは、印刷範囲を指定する際に使われる機能の1つです。そのため印刷が終了したら、Excelの画面をそのまま保存して閉じてしまうことも。印刷が終了したら、表示形式を「改ページプレビュー」状態から「標準」に戻すよう心掛けましょう。

対処3: 「再表示」を選択する

Excelのファイルを開いたら、中のシートがグレーで表示されないのはもちろん、リボンメニューのほとんどがクリックできない状態になっていたということもあります。

この場合、Excelの「表示」タブにある「表示しない」ボタンをクリックしたことが原因です。以下の手順で解除しましょう。

  1. Excelの画面で「表示」タブを選択します。
  2. 「再表示」のボタンをクリックします。
  3. 表示させたいブックを選んで「OK」をクリックします。

目的のブックが表示されれば問題ありません。複数のブックを表示させたい時は、その都度選択しましょう。

対処4: シートを最大化する

グレーになっているExcelウィンドウの左下に、Excelシートの細いタブが表示されている場合、そのタブの「最大化」ボタンをクリックするとシートが元の状態に戻ります。

ただしこの方法は、バージョンが「Excel 2010」以前のものに限ります。それ以降のバージョンの場合は1つのExcelウィンドウにつき1ブックという表示形式なので、他の対処方法を試してみましょう。

対処5: Excelの設定を変更する

Excel 2000やExcel 2002、Excel 2003という古いバージョンの場合、Excelの設定で「ほかのアプリケーションを無視する」という設定がオンになっていることが、グレーで表示されない原因の場合があります。

次の方法で設定を確認し、必要があれば変更しましょう。

  1. 空のシートを開いた状態で、メニューバーの「ツール」を選択します。
  2. 表示されたメニューから「オプション」をクリックします。
  3. オプション画面が開いたら「全般」タブを選択します。
  4. 表示された画面にある「ほかのアプリケーションを無視する」のチェックボックスを確認します。
  5. チェックボックスにチェックが入っている場合は、チェックを外して「OK」ボタンをクリックします。

オプションの画面を閉じたら、一旦Excel自体を閉じます。その後、もう一度Excelファイルを開いてみましょう。シートが正常に表示されていれば問題ありません。

対処6: Officeアプリケーションを修復する

WordやExcelなどのOfficeアプリケーションがうまく動作しない場合、ソフト自体を再起動することで正常になることもあります。

それでも動作がおかしい場合は、Officeアプリケーションを修復してみましょう。方法については以下のページを参照してください。

修復後には、初回設定時に使用したMicrosoftアカウントやパスワードが必要になることもあります。事前に確認しておきましょう。

それでも表示されない時は

上記6つの対処法を試してみても、Excelファイルのシートがグレーで表示されない場合、Excelファイル自体が壊れていることが考えられます。

バックアップとして別の記憶媒体にExcelファイルを保存している場合は、それを使用しましょう。

もしバックアップファイルが無い場合、重要なデータであればパソコンの修理業者に依頼することも考えましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)