ChromeでFlash Playerが動かない・許可に追加できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Flash Playerとは、webブラウザ上で動画やゲーム画面などを表示させる際に使用する、Adobe社から無料提供されているソフトです。

Flash Playerでのみ動く動画やゲームなども作られ、汎用性が高いソフトでもあります。しかし、対応しているブラウザでもバージョンによってFlash Playerが動かない・動作の許可に追加できないといった事態が起こることも。

本記事では、Google Chrome(以下Chrome)で、Flash Playerが動かない・許可に追加できない時の対処法を紹介します。*Windows10、macOSのPC向けの記事です。

2020年でFlashのサポートは終了する

ChromeのFlashのサポートは2020年の12月で終了することを告知しています。

また、開発元であるAdobeも2020年でFlashのサポートを終了することを告知しています。

また、Chromeのバージョン76では、デフォルトの設定でFlashがブロックされるようになります。

2021年以降は、ChromeでFlashを再生することはできなくなるのでご注意下さい。

対処1: Chromeの設定でFlashを許可する

不特定多数のサイトでFlash Playerを再生したい場合は、Chromeのメニューから変更を行いましょう。手順は以下の通りです。

  1. Chromeを起動させ、右上にあるメニュー(縦の点線マーク)をクリックします。
  2. 表示されたメニューから「設定」をクリックします。
  3. ページが切り替わったら、ページの左側にある「詳細設定」をクリックします。
  4. 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
  5. 画面をスクロールし「サイトの設定」をクリックします。
  6. 「Flash」をクリックします。
  7. 「サイトでのFlashの実行をブロックする(推奨)」をオンにして「最初に確認する」に変更します。
    • 上記の設定に変更した状態で、Flashがあるページを表示するとユーザーの確認を得てからFlash Playerが再生されます。

なお、「chrome://settings/content/flash」を直接アドレスバーに入力すると、「手順7」の画面に直接移動できます。

設定ができたら、次の手順でFlashを再生できます。

  1. Flashが表示されるページにアクセスします。
    • すでに開いていた場合は、再読み込みしましょう。
  2. 確認画面は、Flash Playerがあるサイトにアクセスした際「Flashの実行」というポップアップ画面として表示されます。
  3. 信頼のあるサイトの場合は「許可」をクリックして、再生を許可しましょう。
  4. Flashが再生できるようになります。

Flashの設定画面の許可/ブロックの追加ボタンが消えた

Chromeのバージョン「68」以前では、「chrome://settings/content/flash」の画面で、Flash Playerの実行を許可・ブロックするサイトを管理することができました。

しかしバージョン「69」以降では、上記の設定ページで許可・ブロックサイトを追加するボタンがなくなっています。

対処2: ページ上からFlashを許可する

Flashが表示されるページ上から、Flashの実行を許可するページの追加を行うことができます。

次の手順で操作して、Flashが再生できるようにならないか確認して下さい。

  1. 再生したいFlash Playerのあるページで、アドレスバーの左端にあるアイコン(南京錠や「i」のマーク)をクリックします。
  2. 表示されたメニューにある「Flash」の横のプルダウンメニューから「許可」または「ブロック」を選択します。
  3. ページの空白部分をクリックして、表示されたメニューを閉じます。
  4. 「再読み込み」のボタンがページ上部に表示されたらクリックします。

ページを「許可」することで、ドメインが同じであればその他のページにあるFlash Playerも再生できます。

「Flash」の項目が表示されない場合

南京錠や「i」のアイコンをクリックしても「Flash」の項目が表示されない場合は、以下の方法を試してみてください。

  1. 再生したいFlash Playerのあるページで、アドレスバーの左端にあるアイコン(南京錠や「i」のマーク)をクリックします。
  2. 表示されたメニューにある「サイトの設定」をクリックします。
  3. 表示されたページの「Flash」の項目横にあるプルダウンメニューから「許可」または「ブロック」を選択します。
  4. 再生したいFlash Playerのページに戻り、「再読み込み」のボタンがページ上部に表示されたらクリックします。

この操作を行ってから「chrome://settings/content/flash」のページを確認すると、「許可」や「ブロック」の欄に追加したページを確認することができます。

ただ再生されるコンテンツによっては、自動再生ではなくクリックすることで再生されるものもあります。自動再生されない時は、Flash Playerのコンテンツをクリックしてみましょう。

なお、Chromeを再起動させたり終了させたりすると、上記の設定は削除されてしまうので注意してください。

対処3: Flash Playerを最新版に更新する

Flash Player再生の設定が許可されているにも関わらず、実際には再生できないというケースもあります。

その場合、使っているFlash Playerが最新版でないことが原因の可能性も。Flash Playerを最新版に更新する手順は以下の通りです。

  1. Chromeを起動させ、アドレスバーに「chrome://components」と入力し検索します。
  2. 表示された画面から「Adobe Flash Player」を探します。
  3. 「アップデートを確認」をクリックして更新します。

更新が終了しFlash Playerが最新版になると、「コンポーネント未更新」または「コンポーネント更新完了」が表示されます。最新版になったことを確認したら、Flash Playerが正常に再生されるか確認しておきましょう。

対処4: Flash Playerを再インストールする

更新が正常に行えなかった場合はFlash Playerを再インストールしてみましょう。手順は以下の通りです。

  1. Chromeを起動させ、アドレスバーに「https://adobe.com/go/chrome」と入力し検索します。
  2. 表示されたページで使用する機器のOSを正確に選択し、名前に「PPAPI」が含まれているものを選択します。

選択が終わったらFlash Playerをダウンロードし、インストールを行いましょう。

対処5: Chromeを最新版に更新する

Flash Playerを最新版に更新、また最新版をインストールしてもページで動かない場合は、Chromeを最新版に更新してみましょう。

Chromeを更新するには、次の手順で操作して下さい。

  1. Chromeを起動させ、右上にあるメニュー(縦の点線マーク)をクリックします。
  2. 表示されたメニューから「ヘルプ」を選択します。
  3. 「Google Chromeについて」をクリックします。
  4. 「再起動」のボタンが表示されるので、クリックしてChromeを再起動します。

最新版に更新されていない時は「Google Chromeについて」をクリックすると自動的に更新が始まります。

また「Google Chromeは最新版です」と表示されれば、最新版に更新されている、また最新版への更新が終了しています。改めてFlash Playerが正常に再生されるか確認してみましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)