CMOS checksum error Defaults loadedの原因と対策方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCを起動しようとした時に、「CMOS checksum error – Defaults loaded」のエラーが発生してPCが起動しないケースがあります。

このエラーが発生すると手動でOSを起動させなければならないことがあり、PCを利用する上で不便です。場合によってはOSが起動しないこともあります。

今回は、CMOS checksum error Defaults loadedが発生してPCが起動しない時の原因と対処法を紹介します。

CMOS checksum error Defaults loadedの原因

「CMOS checksum error – Defaults loaded」のエラーは、BIOSの設定が何らかの理由で保持できず、デフォルトの設定をロードした場合に発生します。

CMOS checksumのエラーが発生する原因としては、主に次の原因が考えられます。

  • PCを正しくシャットダウンしなかった
  • CMOSバッテリーの残量がない
  • BIOSの設定に問題が起きている
  • BIOSのバージョンが古く不具合がある
  • マザーボードの故障

マザーボードの故障も考えられますが、ほとんどの場合はマザーボード上のCMOSバッテリーの残量不足が原因で発生します。

そのため、簡単な対処でPCを正常に起動できる可能性が高いです。エラーが発生する場合は、紹介する対処法を順番に試してみてください。

対処1: BIOSを再開する

電源ボタンで強制終了した場合などのPCを正しくシャットダウンできなかった際にCMOS checksumのエラーが発生するケースがあります。

CMOS checksumのエラーが発生してPOST画面で止まった場合、まずは「F1」キーを入力してBIOSを再開してください。

一時的なエラーであれば「F1」キーを入力しただけでWindowsが正常に起動します。

ただし、「F1」キーを押してBIOSが再開しても同様のエラーが発生するケースもあります。CMOS checksumのエラーが再び出る場合は、次の対処に進んでください。

対処2: CMOSバッテリーを交換する

CMOS checksum error Defaults loadedが発生する原因として最も多いのが、マザーボード上に搭載されている「CMOSバッテリー」の残量がないケースです。

CMOSバッテリーが消耗すると電源プラグを抜いた時にBIOSの設定を保持できなくなってしまい、CMOS checksumのエラーが発生します。

CMOSバッテリーの電池切れは、BIOS設定の日時が大幅にずれているか確認することで判断できます。

上記の問題が発生した際は、BIOSの設定で日付と時刻を正しく設定し直すことで一時的にPCが起動できます。しかし、CMOSバッテリーを交換しない限り、CMOS checksumのエラーが繰り返し発生してしまいます。

そのため、CMOSバッテリーの残量がないことが疑われる場合は、CMOSバッテリーを交換することをおすすめします。交換は以下の手順で行います。

  1. PCの電源を切って、電源ユニットのスイッチを切るか、電源ケーブルを抜いてください。
  2. PCケースを開けてマザーボードを確認します。
  3. マザーボード上のCMOSバッテリー(ボタン電池)を取り外して同型の新品バッテリーに交換します。
    • CMOSバッテリーの型は、マザーボードによって異なりますが、通常はCR2032が使われることが多いです。
  4. 交換が完了したらPCケースを閉じ、電源スイッチ・ケーブルを元の状態に戻して電源を投入します。
  5. CMOS checksumのエラーが表示されたら、BIOSの設定画面を起動する「DEL」キーを押して「日時」を正しく設定して再起動します。
    • BIOSの設定画面を起動するキーは異なる場合があります。画面に表示される「SETUP」に対応するキーを入力してください。

CMOSの電池を交換した後にエラーが解消された場合は、CMOSもバッテリーが原因だったと判断できます。

対処4: BIOSの設定をリセットする

BIOSの設定情報が保持されているのにエラーが出たり、CMOSの電池を交換してもCMOS checksumのエラーが表示される場合は、BIOSの設定に問題が起きていることが考えられます。

そのため、BIOSの設定画面を表示して設定をリセットすることでエラーが解決する可能性があります。BIOSの設定をリセットするには、次の手順で操作します。

  1. PCを起動して「CMOS checksum error Defaults loaded」のエラーが出る画面を表示します。
  2. 「DEL」キーを押してBIOSの設定画面を開きます。
    • BIOSの設定画面を起動するキーは異なる場合があります。画面に表示される「SETUP」に対応するキーを入力してください。
  3. BIOSの設定をデフォルトに戻すキーを入力します。
  4. 確認メッセージが表示されるので「Yes」を選択して設定をリセットします。
  5. 設定を保存して設定を終了するキーを入力します。

以上の手順でBIOSの設定をリセットすることができます。BIOSが再開したらCMOS checksumのエラーが解決したか確認してください。

対処4: BIOSをアップデートする

BIOSの設定をリセットしてもCMOS checksumエラーが直らない場合は、BIOSそのものに何らかの不具合が発生していることが考えられます。

BIOSの不具合は、BIOSを最新バージョンにアップデートすると直ることが多いです。

そのため、BIOSを最新バージョンにアップデートすることを検討してください。

アップデートの方法は、PCやマザーボードのマニュアルやメーカーのマニュアルページに記載されているため、マニュアルを確認してアップデートを実行してください。BIOSのアップデート用ファイルも、メーカーの公式サイトで配布されていることが多いです。

また、BIOSをアップデートする際は、電源終了などを行うとBIOSが破損してPCが起動できなくなるケースがあるため十分注意してください。

対処3: CMOSクリアを実施する

CMOSバッテリーを交換してもエラーが解消されない場合やBIOSのリセット・最新で解決しない場合は、CMOSクリアを実施すると解決する可能性があります。

CMOSクリアを実施するとCMOSが保持している設定情報が全てリセットすることができます。

注意: CMOSクリアの手順はマザーボードによって異なります。あらかじめメーカーのマニュアルでCMOSクリアの方法を確認してください。CMOSクリアの方法が分からない場合は、CMOSバッテリーを取り外す方法で実施してください。

CMOSクリアを行う基本的な手順の流れは次の通りです。

  1. PCの電源を切って、電源ユニットのスイッチを切るか、電源ケーブルを抜いてください。
  2. PCケースを開けてマザーボードを確認します。
  3. CMOSリセットを実施します。
    • 方法1: CMOSバッテリーを取り外して1時間放置します。
    • 方法2: マザーボード上のCMOSリセットのスイッチを10秒以上長押しします。
    • 方法3: ピンのジャンパブロックを取り外すか、他のピンに入れ替えてショートさせます。
  4. CMOSのリセットができたら、PCを元の状態に戻して電源を入れます。

CMOSクリアを実行すると、PCを起動した際にBIOSセットアップ画面が表示されます。日付設定や起動ドライブなどもリセットされているので、必要に応じて設定し直してください。

対処5: マザーボードを交換する

ここまでの対処法をすべて試しても改善しない場合、マザーボード本体が故障していることが考えられます。そのため、マザーボードの交換を検討してください。

ただし、マザーボードの交換は、搭載しているCPUやチップセット、ソケットが対応していないと交換できない場合があるため、PCに豊富な知識がないと難しいです。

そのため、自力で交換することが難しい場合は、PCのメーカーや修理業者に修理を依頼することを検討してください。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    古いPCでマザーボードの故障が疑われる場合は、修理だとかえって高くつく場合もあるため、新しいPCに買い替えることをおすすめします。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)