「Audioサービスが実行されていません」が出た時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCで音が出ない際に、タスクバーのオーディオ(スピーカー)アイコンにバツマークが表示されて「Audioサービスが実行されていません」のエラーが表示されることがあります。

また、オーディオのトラブルシューティングを実行した際も、オーディオに問題があると同様のエラーが表示される場合があります。

このエラーが発生するとPCのサウンドが再生されなくなるため対処が必要です。

今回は、Windows10のPCで「Audioサービスが実行されていません」のエラーが表示された時の対処法について詳しく紹介します。

「Audioサービスが実行されていません」エラーが発生する原因

「Audioサービスが実行されていません」のエラーは、Windows Audioなどのサウンドを配信するサービスが開始できない場合に発生します。

エラーが発生する原因としては、主に次のようなことが考えられます。

  • Windowsのシステムに一時的なエラーが発生している
  • Windows Audioサービスが停止している
  • サウンドドライバーに問題がある
  • BIOSに問題がある

基本的にWindows Audioサービスが正常に起動できる状態になれば、エラーは解決します。

対処方法を紹介していくので、順にエラーが解決できないか試していってください。

対処1: 音量スライダーを調整する

Windowsのシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが発生しているケースがあります。

一時的な問題である場合、Windowsの音量スライダーを調整するだけでエラーを解決することができます。そのため、まず音量スライダーを調整してエラーが解決しないか確認してみてください。

  1. タスクバー右側に「オーディオアイコン」をクリックします。
  2. 音量スライダーが表示されたら、現在のボリュームから少し調整してから元に戻します。
    • 音量は大小の調整はどちらでも問題ありません。
    • ドラッグでスライダーを動かしたら一旦マウスのクリックを離してください。

音量スライダーを調整したらエラーが解決したか確認してください。

対処2: Windows Audioと関連サービスを手動で開始する

Windows Audioサービスとその関連サービスが開始していないことが原因で、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが発生するケースがあります。

通常であればWindows Audioサービスは自動で起動する設定になっていますが、設定変更によって無効になっている場合があります。

そのため、Windows Audioサービスと関連サービスの設定を確認して、問題があれば設定を変更してください。具体的な手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」が起動します。サービスの一覧から次のサービスを探してダブルクリックします。
    • Windows Audio
    • Windows Audio Endpoint Builder
    • Multimedia Class Scheduler(ある場合)
  4. スタートアップの種類が「無効」になっている場合は「自動」に変更します。
  5. 「サービスの状態」が「停止」の場合は、「開始」をクリックします。
    • 既に「実行中」になっている場合は、「停止」→「開始」の順にクリックしてサービスを再起動してください。
  6. 状態が「実行中」に切り替わったことを確認します。

Windows Audioサービスの設定を変更した場合は、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが解決したか確認してください。

対処3: PCを再起動する

音量スライダーの調整とサービス設定を確認してもエラーが解決しない場合は、一度PCを再起動してみてください。

一時的なエラーによってAudioサービスが正常に動作しない場合は、再起動で解決する可能性があります。

PCを再起動してもエラーが解決しない場合は、次の対処を試してください。

対処4: サービスのログオン設定を変更する

Windows Audioサービスのログオン設定に問題があり、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、Windows Audioサービスのログオン設定を変更して、エラーが解決しないか確認してみてください。サービスのログオン設定は、次の手順で変更します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「service.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスの一覧で「Windows Audio」をダブルクリックして「ログオン」タブを開きます。
  4. 「ローカルシステムアカウント」オプションを選択して「OK」をクリックします。
  5. 確認のダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。
  6. 「Windows Audio」を右クリックして「再起動」を選択します。
  7. Windows Audioサービスが再起動したら、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが解決したか確認してください。
  8. エラーが解決しない場合は、再度「Windows Audio」をダブルクリックして「ログオン」タブを開きます。
  9. 「アカウント」オプションを選択して「参照」をクリックします。
  10. 選択するオブジェクト名に「local service」と入力して、「名前の確認」をクリックします。
  11. 入力した「local service」が「LOCAL SERVICE」に置き換わったら「OK」をクリックします。
  12. 「パスワード」と「パスワード確認入力」の項目を削除して空白の状態で「OK」をクリックします。
  13. 「Windows Audio」を右クリックして「再起動」を選択します。

Windows Audioサービスのログオン設定に問題があった場合は、上記の手順で設定を変更するとエラーが解決します。

対処5: サウンドドライバーを再インストールする

PCにインストールされているサウンドドライバーに問題があり、Windows Audioサービスが正常に動作しないケースが考えられます。

上記の問題は、サウンドドライバーを再インストールすることでエラーが解決する可能性があります。

そのため、次の手順でサウンドドライバーの再インストールを試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択して起動します。
  2. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」を右クリックして「ハードウェア変更のスキャン」を選択します。
  3. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」のツリーを展開します。
  4. 「サウンドドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  5. 警告ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  6. アンインストールが完了したらPCを再起動します。

PCの再起動が完了すると、自動的にサウンドドライバーが再インストールされます。再起動後にエラーが解決したか確認してください。

補足: PCやサウンドカードのメーカーから最新のドライバーが提供されている場合は、手動でインストールすることでエラーが解決するケースもあります。インストール方法についてはメーカーのマニュアルを参考にしてください。

対処6: オーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行する

Windows10には、オーディオ再生の問題を自動で検出して修復するトラブルシューティングツールが実装されています。

そのため、トラブルシューティングツールを実行して、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが解決できないか試してみてください。

オーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開いたら「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「トラブルシューティング」を選択します。
  4. 右ペインで「オーディオの再生」を選択して「トラブルシューティングの実行」をクリックします。
    • 項目がない場合は、「追加のトラブルシューティングツール」をクリックしてください。
  5. 問題の検出プロセスが開始します。問題が検出されたら、案内に従って問題の修正を試してください。

トラブルシューティングツールでオーディオ再生の問題が修正できたら、再度「Audioサービスが実行されていません」のエラーが解決したか確認してください。

対処7: ローカルアカウントの設定をコマンドで変更する

ローカルアカウントの設定に問題があることが原因で、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、ローカルアカウントの設定を変更することでエラーが解決できる場合があります。次の手順で、コマンドを実行してローカルアカウントの設定を変更してみてください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を右クリック→「管理者として実行」の順に選択します。
  2. 次のコマンドを一行ずつ入力してEnterキーで全て実行します。
    net localgroup Administrators /add networkservice
    net localgroup Administrators /add localservice
    SC config Audiosrv start= auto
    REG ADD "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Audiosrv" /V start /T REG_DWORD /D 2 /F
    secedit /configure /cfg %windir%\inf\defltbase.inf /db defltbase.sdb /verbose
  3. 全てのコマンドが実行できたらPowerShellを閉じます。

コマンドの実行が完了したら、Audioサービスのエラーが解決したか確認してください。

対処8: セーフモードで起動する

バックグラウンドで動作しているアプリケーションがAudioサービスの動作に影響していることが原因で、エラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、PCを一度セーフモードの状態で起動して、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが解決しないか確認してください。

セーフモードの状態でエラーが解決する場合は、バックグラウンドで動作しているアプリケーションが原因だと判断できます。

アプリケーションに問題がある場合は、問題のアプリケーションをアンインストールするか、タスクマネージャーを起動して「スタートアップ」タブからバックグラウンドの起動を無効化してください。

対処9: BIOSをアップデートする

BIOSの不具合によってサウンドデバイスが正常に動作しておらず、「Audioサービスが実行されていません」のエラーが出るケースが考えられます。

そのため、BIOSを最新バージョンにアップデートするとエラーが解決する可能性があります。ここまでの対処方法でエラーが解決しない場合は、BIOSのアップデートを試してみてください。

最新バージョンのBIOSは、PCもしくはマザーボードのメーカーサイトで配布されている場合が多いです。

そのため、メーカーサイトを確認してマニュアルを参考にしながらBIOSのアップデートを行なってみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)