iPhoneの故障・機種変更・紛失で2ファクタ認証ができない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneには2ファクタ認証という万が一Apple IDとパスワードの両方を盗まれてしまった時でも他人が自分のApple IDへ不正アクセスすることを防ぐことができるセキュリティ機能があります。

強力なセキュリティである反面、故障・機種変更・紛失によって、本人でもApple IDにサインインできない状況に陥ってしまうケースがあります。特にスマホの機種変更をする際に起きやすいトラブルです。

本記事では、iPhoneで2ファクタ認証ができなくなってしまった時の対処法を紹介します。

以前使っていたiPhoneが手元にある場合

機種変更をして手元に古いiPhoneがある場合は、設定アプリから簡単に認証することができます。iPhoneにSIMカードがセットされていない、インターネットに接続できないという状態でも、手元に以前使用していたiPhoneさえあれば大丈夫です。

以下の手順で確認コードを取得して認証を行って下さい。

  1. 新しいiPhoneを操作し、確認コード入力画面を表示します。
  2. 次に古いiPhoneの操作に移り、「設定」アプリを起動します。
  3. 「Apple ID名」→「パスワードとセキュリティ」をタップします。
  4. 「確認コードを入手」をタップします。
  5. 確認コードが表示されます。コードを確認したら、新しいiPhoneを操作して表示されたコードを入力します。

*iPhoneが故障していたり、紛失した場合は上記の方法は使えません。

電話番号が同じなら1台で認証できる

Apple IDの「信頼できる電話番号」に登録されている電話番号を使えれば認証することができます。

つまり、iPhoneが故障・紛失してしまった場合でも、電話番号を変更していなければ認証できます。機種変更でiPhoneを買い取ってもらってしまったケースも同様です。

Apple IDに設定アプリからログインする


古いiPhoneのがないと初期設定時の画面では、受信した認証用の確認コードを見ることができません。

そのため、初期設定の画面でApple IDへのログインをスキップし、iPhoneが利用できる状態になったら、設定アプリからApple IDにログインします。手順は以下のとおりです。

  1. iPhoneを起動し、初期設定画面(こんにちは)を表示します。
  2. 画面の指示に従って各種設定を行います。
  3. 「Appとデータ」画面が表示されたら「新しいiPhoneとして設定」を選択します。
  4. Apple ID入力画面が表示されたら「パスワードをお忘れかApple IDをお持ちでない場合」をタップします。
  5. 「設定であとで設定」をタップします。「AppleIDを使用しなくてもよろしいですか?」という確認ポップアップが表示されたら「使用しない」をタップします。
  6. 利用規約の確認と各種アプリの使用設定を行います。
  7. 初期設定が完了したら「設定」アプリを起動します。
  8. 「iPhoneにサインイン」をタップします。するとApple IDとパスワードを求められるのでご自身のApple ID情報を入力します。
  9. 確認コードがSMSで届きます。コードを確認し、コード入力画面に入力します。

注意点として、iCloudやiTunesのバックアップからiPhoneを復元する場合は、初期設定の時点でApple IDへのサインインと2ファクタ認証を行わなくてはなりません。

対処法としては、上記の手順でApple IDにログインし、2ファクタ認証の「信頼できる電話番号」に自宅の電話番号や家族・友人の番号を登録します。その後で『iPhoneのリセット』を行って再度初期設定をし、復元手続きの画面が表示されたら先程登録した電話番号を利用して2ファクタ認証とApple IDへのログインを行います。

上記の手段をとるのが難しい場合は、次の『アカウントの復旧』の手順を参考にして下さい。

アカウントを復旧する

故障・機種変更・紛失によって以前使用していたiPhoneが既に手元になく、SMSや電話番号による認証もできない場合はAppleIDのアカウント復旧を行います。

アカウントの復旧にはある程度の時間がかかり、遅いケースでは数ヶ月もの期間が必要になることもあるようです。ここまでの方法を試して、どうやっても2ファクタ認証ができない場合に限り行って下さい。

アカウントの復旧をリクエストする


アカウントの復旧リクエストは、Appleの公式ページから行うので、パソコン・スマホどちらでも同じ方法でできます。

  1. 『AppleIDを管理 – Apple』のページにアクセスします。
  2. 「Apple ID」と「パスワード」を入力して右矢印マークをタップします。
  3. 2ファクタ認証が表示されるので「確認コードを受信されませんでしたか?」をタップします。
  4. 「電話番号を使用」をタップします。
  5. 「この番号は使用できません」をタップします。
  6. 「アカウントの復旧を開始」をタップします。
  7. 信頼できる電話番号に登録されている電話番号を入力します。これは本人確認のためのものなので、この番号が現在使用できなくても問題ありません。末尾2ケタの数字をヒントに電話番号を入力します。
  8. 「復旧をリクエストする」をタップします。
  9. 次の画面でApple IDに登録しているクレジットカードの情報を入力します。わからない場合やどうしても入力したくない場合は「このカードにアクセスできませんか?」をタップし、「続ける」を選ぶことで手順をスキップできますが、スキップすると復旧手続きにかかる時間が延びたり、復旧ができなくなってしまったりする場合があります。
  10. 復旧用電話番号を入力します。ここではApple IDに登録した番号ではなく、現在使用できる電話番号を入力します。手元に現在使用しているiPhone 1台しかない場合は、自宅の電話番号を登録して「音声通話」を選ぶか、家族や友人に協力を仰いでください。
  11. 入力した電話番号宛てに確認コードが届きます。音声通話を選んだ場合は機械音声により日本語で数字が読み上げられます。コードを確認したら画面に入力します。
  12. アカウント復旧リクエストが完了です。
  13. AppleIDに設定したメールアドレス宛に「ご利用のAppleIDのためにアカウント復旧がリクエストされました」という件名のメールが送られてきます。本文中の「アカウント復旧を確認する」をタップしておきましょう。

以上がAppleIDのアカウント復旧のリクエスト手続きです。

この時点ではまだアカウントは復旧されていないので、実際の復旧手続きの準備ができるまでしばらく待ちます。かかる時間は1週間前後が目安です。

復旧手続きの進行状況はAppleの公式ページで確認できます。「アカウント復旧進行中です。」と表示されている間はおとなしく待ちましょう。

アカウントの復旧手続きをする

アカウント復旧手続きの準備ができると、復旧リクエスト時に登録した電話番号にSMSでAppleから手続きの案内が送られてくるので、指示に従って手続きを行います。

  1. Appleからのメッセージ中に案内される「apple.com/recover」のリンクをタップします。
  2. 画像認証や復旧用電話番号の再入力、確認コードの再入力(リクエスト送信時のものではなく、今回の復旧手続中に新しいものが送信されます)を求められるので、画面の内容に従って手続きを行います。
  3. Apple IDの新しいパスワードを設定します。以前と同じパスワードを設定することはできませんのでご注意ください。
  4. 信頼できる電話番号を登録します。同じようなトラブルが再発しないよう、可能であれば複数の番号を登録しておくと安心です。
  5. 最後まで設定を行えば復旧が完了します。

アカウント復旧に関してわからない点がある場合は、Apple公式のサポート情報も合わせてご確認ください。

サポートに相談する

どのような手段でも2段階認証ができず、またアカウントの復旧もできない場合は公式サポートへお問い合わせください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)